kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

寿司大 (東京都中央区築地)

P1100242_20170721203127baf.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

築地の朝は早いです。
朝が早いというよりも,休市日以外は24時間誰かがはたらいていますから,
とこまでが夜で,どこまでが朝かはその境界が曖昧になっています。
私も深夜23時に東京に到着して,チェックインを済ませるとすぐに近場の寿司屋に。
店を出るのが24時ちょうど。

ネギ入り玉子焼き
P1100243_20170721203126330.jpg


P1100246_20170721203123f1f.jpg

実はその日は早朝02:30起きなんですよ。
築地で02:30起きといえばここ。
私はここでにぎりずしを食べるために築地に泊まっているといっても過言ではありません。
築地場内の寿司大に行ってきました。

中トロ
P1100244_20170721203125ec1.jpg

スズキ
P1100245_201707212031248a2.jpg

金目鯛昆布締め
P1100247_20170721203122cae.jpg

場内にあるのは寿司大。
場外にあるのがすし大。
3時に並んでも先頭から1・2・3・・・10番目です。
開店までの約2時間は音楽を聞いたり,または音楽を聞いたり,
でなければ音楽を聞いたりして過ごすことになります。

ウニ
P1100248_201707212038053aa.jpg

アジ
P1100249_201707212038049f5.jpg

北寄貝
P1100250_201707212038030ac.jpg

さて,暖簾が上がって店内へ。
年に何回もやって来る大阪人のことを,大将は覚えていてくれていました。
大将:残念だったね~
kz:しかたないですね。
大将:〇〇は調子悪いね。
kz:写真週刊誌なんかに撮られてるからですよ。

太刀魚
P1100252.jpg 

巻き物
P1100253_2017072120421975e.jpg 

アナゴ
P1100254.jpg

店内の客の半数は外国人。
大将は必ずWhere are you from?
って聞くんですね。
アメリカなら英語で,中国なら中国語で,韓国だったら韓国語で話すんです。
しかも寿司ダネの説明や,醤油が塗ってありますからそのまま食べてください,とか。
ここを寿司の味の分からない外国人に人気なんだなんていう人がいるようですが,
とんでもない。
外国人に人気なのは,どこの国から来ても,平等に公平にしかも気さくに話ができる努力を
しているからなんですね。

イワシ
P1100256_20170721204217eb6.jpg

キス
P1100257_201707212042162d7.jpg

カツオ
P1100258.jpg

コハダ
P1100260_201707212044518f2.jpg

クロマグロなんですが,夏がよくないんです。
旬じゃないんです。
ですから,よくできた寿司屋さんはこの時期クロマグロを出さないそうです。
じゃあ,どうするのかというとキハダマグロに変えたり,ヅケにしたり。

メジマグロ 赤身
P1100251_20170721203802c37.jpg 

メジマグロ 中トロっぽいところ
P1100259_20170721204452b2a.jpg

この日の寿司大ではメジマグロが出されていました。
メジマグロとはクロマグロの幼魚のこと。
いかにも若々しい筋肉という感じです。
酸味があって大変おいしく頂けました。

最後に一貫は何をたのんでもいいという,通称プレゼント。
私はアオリイカにしました。
P1100255_2017072120421873b.jpg


寿司大
東京都中央区築地5-2-1 築地市場6号館
03-3547-6797
月~土・水曜以外 5:00~14:00
14時までに並ぶと何時間待っても食べることができます。
水曜日5:00~14:00 できっかり閉店
定休日:休市日

P1100261_201707212044508aa.jpg 

P1100262_20170721204736e1c.jpg 

P1100263.jpg

これだけ食べても,
この日は6000円程度。
コスパも高いですし,
何といっても,まだ早朝6時。
ホテル戻って,もいっかい寝よ。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/07/22(土) 08:08:08|
  2. 寿司
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャコメッティ展 @国立新美術館

P1120173.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

細い手足の人体彫刻といえばこちらです。
六本木の国立新美術館では,
ジャコメッティ展が催されています。

P1120174.jpg

ジャコメッティを初めて見たのは高校生のとき。
正しくは,パルコ展だったかビックリハウス大賞だったか。
そのパロディ展でジャコメッティのパロディを見たのがジャコメッティとの接点。

387xNxtopics513dc6ab686d496cde729a751f9359ca_jpg_pagespeed_ic_GO5Z5r2YN1.jpg

接点といっても,偽ジャコメッティだったのですが,
そのときの印象は,x軸y軸のように手足をつかって,
空間を座標軸のように分割しているような,
そんな印象でした。

でも,あらためて見ると,
棚田康司が肉体の装飾をそぎ落としたように,手足を一様な太さに造形したのに対して,
ジャコメッティの作品には,鎖骨や骨盤,乳房と言った身体のディテールを見ることができます。

img_4.jpg

img_5_20170721174801031.jpg 

イヌはあくまでもイヌらしく,
ネコはあくまでもネコらしく。

P1120175.jpg

P1120176.jpg

この一室は撮影OKエリア。
もともと,パブリックアートの目的で発注された3点です。

これは歩く人。
歩く人といえば,この方。

o0480064013973486903.jpg

o0480064013973486953.jpg

偶然ですがこの日に来館されていました。
同じポーズをとるのは大変難しいようでした。

六本木の国立新美術館で9月4日まで。 
  
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/07/21(金) 18:19:20|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

O JUN × 棚田康司 『鬩ぐ』 @伊丹市立美術館

P1130009_2017071819565119f.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

伊丹市立美術館では,開館30周年を記念して,
画家のO JUNと彫刻家の棚田康司の二人展を開催しています。

P1130008_20170718195650d75.jpg

棚田康司の彫刻の印象です。
筋肉や骨格と言った人体の特徴を極力そぎ落とすと,
性別や年齢といった要素が排除されていくのでしょうか。

P1100993_201707181956498c3.jpg

少年のようなまたは少女のような,
薄いトルソに細長い一様な太さの四肢。
奇妙なフォルムの人体が棚田作品の特徴でした。

無題

今回はO JUNとの一騎打ちに臨みます。
開催前には東京で合宿製作を行い,
そして会期中は両者の公開製作も行われています。

P1100999_20170718195646b37.jpg 

P1130001_20170718195645c43.jpg

本来は静かなはずの美術館に,
ときおり大きく響く槌音。
この強烈な違和感も今展の魅力の1つ。

[広告] VPS
 
多忙なO JUNが来られる日は限られていますが,
棚田康司は会期中1日を除いてほぼ毎日いらっしゃるようです。
公開製作というより滞在製作ですね。

P1130005.jpg

地下の展示室の一部は,2人のアトリエとなっています。
自画像と自刻像。
棚田康司は『責任を取る』とおっしゃっていました。
毎日でも通ってみてみたいものです。

 P1100998_20170718200534e0a.jpg

そんな方のために,会期中はいつでも入れるパスも購入できます。
2人の鬩ぎあいは8月27日まで。
私は何度か行きます。
 
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/07/19(水) 08:00:08|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

炭焼きうなぎの 魚伊 (大阪府大阪市旭区)

P1100813.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

うなぎの季節がやってきました。
今年の土用の丑の日は2日あるんだそうですって?
なぜ今年は土用の丑が2日もあるんでしょうか。

P1100811_201707181226226a9.jpg

wikipediaによると,
土用とは立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日間のことをいうんだそうです。
ですから,もともと土用の丑の日は1年に4回はあることになります。
うなぎが話題になるのは夏の土用の日と限定
また,18日間ですから最初の6日間に当たった干支の日は土用の間に2回回ってくることになります。
例えば土用の1日目が子で始まると,
子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥子丑寅卯辰巳となって
子丑寅卯辰巳の6つは18日間で2度回ってくるんです。
ということは,土用に丑の日が2日あるのは決して珍しいことではないようですね。

P1100814.jpg

さて,土用の丑の日の混雑を避けて,
一足早くウナギを食べに,関目高殿の魚伊に行ってきました。
関目高殿は大阪にあります。
地下鉄谷町線の関目高殿駅から歩いて少し。
いきなり見えてくる創業は慶応3年の重厚な建物。
そして20人程度の行列。
車を捌くガードマン。
とても京阪沿線の大阪の下町,住宅街のど真ん中とは思えない光景が,
そこにだけあるんです。

P1100991_20170718140938030.jpg

さて,店内に入って名前を書いたら行列の最後尾へ。
店外には椅子が30脚くらい置いてますから座って待つことができます。
混雑時はカウンターが早いですね。
テーブル席は相席を覚悟しておいてください。
私は1人でしたが,テーブル席の相席に案内されました。

P1100807.jpg

まずはノンアルコービールにうなぎの3種盛りです。
八幡巻きにうなぎの燻製。小さい短冊はうなぎのやわらか煮。

P1100808.jpg

さて,メインの鰻丼特上です。
うな重は鰻が2/5尾。
うな重(上)は2/3尾。
うな丼特上は鰻が1尾入っています。

うん,確かに1尾丸々入っています。
でも,ちょっと物足りなく見えるのですが気のせいでしょうか。
身に箸を立ててみて,物足りなく見えた理由がわかりました。
厚みです。

P1100809.jpg

簡単に言うと,このうなぎは身が薄かったんです。
本当なら炎に当たって脂が溶けて,
水からの脂でジリジリと揚げられながら炎に炙られてパリッと焼きあがるのが,
関西風の地焼きです。
そのときに身が薄いとどうなるかというと,
表面のパリッパリはいいんですが,
中のふっくら層が極端な話なくなってしまうんですね。

今日のがそう。
うなぎチップスみたい。
表面はガジガジバリバリ
ふっくら層はほとんどなくって,
皮のグニグニ地帯にに到達。

P1100810_201707181233085d2.jpg

いつもそうなのか,個体差なのか。
タレももうちょっと物足りないのは,
関東風のうなぎに慣れてきたせいか。
次回はひつまむし食べよっと。


炭焼きうなぎの魚伊
大阪府大阪市旭区高殿4-8-10
06-6953-3707
11:00~14:00
16:00~21:00LO
定休日:第2火曜日


P1100812_20170718122617441.jpg

うなぎは,蒲焼きや弁当はもちろん,
う巻きや八幡巻きなどの料理もテイクアウト可能。
そのときは店内で食べる人の行列に並ばずに,裏にあるもう1つの入り口から入るといいです。

 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/07/18(火) 12:34:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

すし大 本館 (東京都中央区築地)

P1100197.jpg 

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

築地です。
深夜に着いても
本格的な江戸前のにぎりずしが食べられる築地です。

今回はいつもの奥の院ではなく,
翌朝3時ラストオーダーという,これまた深夜型の
すし大に行ってきました。
すし大といっても,寿司大ではありません。
寿司大はトリップアドヴァイザーに,日本に来たら行くべき寿司屋の筆頭に紹介され,
朝2時には客が並んでいるという築地一のスーパー人気店です。

こちらは読み方は同じなのですが,

表記が異なるすし大。
漢字欅とひらがなけやきのようなものでしょうか。
実は名前だけでなく,あちらこちらがよく似ているんです。
とりあえず,店長のおすすめ握りをいただきましょう。

玉子焼き
P1100181.jpg 
なによりも一番手にネギの入った玉子焼きが出てくるところは,
寿司大とおなじですね。

真鯛
P1100182.jpg

ボタンエビ
P1100183.jpg

カツオ
P1100185.jpg

ヒラマサ
P1100186.jpg

金目鯛昆布締め
P1100187.jpg 
これも寿司大を代表するタネです。

赤貝
P1100188.jpg

あじ
 P1100189.jpg

箸休め
 P1100190.jpg
ここで山芋とゴボウの醤油漬けが出てきました。
これ寿司大にはないんです。

巻き物
P1100191.jpg 
ネギトロとエビキュウリ。

うに
P1100192.jpg
ここではウニとイクラのどちらかを選ぶことができます。
季節から行ってもウニでしょうね。

炙りトロ
P1100193.jpg
今の季節はマグロがダメになるんですね。
ですから,ひとひねりして炙りトロ。

あなご
P1100194.jpg
いつ食べても美味しい穴子にも旬があるんです。
それが今。
梅雨のころです。
軽~く酢橘の皮をおろしてあります。

まごち
P1100195.jpg
最後の一貫は何をリクエストしてもいいところも寿司大流です。
私が頼んだのは夏に美味しいまごち。
上品な白身の底魚です。


すし大 本館
東京都中央区築地6-21-2
03-3541-3738
月~土 10:30~翌03:00LO
日・祝 11:00~ 21:45LO

P1100196.jpg

この時点で深夜零時ちょうどなんです。
今回はこれでごちそうさま。
明日は早いのでこれにて。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/07/08(土) 12:34:45|
  2. 寿司
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (266)
ライブ (203)
香川県高松市 (300)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (9)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (6)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (14)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (3)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (10)
愛媛県 (6)
高知県 (7)
福岡県 (8)
寿司 (136)
鰻 (35)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (52)
未分類 (88)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック