FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

elevenplay DANCE INSTALLATION  『Nu.』 @南青山スパイラル

nu.png

こんにちは,kazumiです。


mikiko先生率いるダンスカンパニーelevenpiayの公演『Nu.』(読み方はヌらしい)に行ってきました。
場所は南青山スパイラル。

壮絶なチケット争奪戦に敗れ,追加販売の立見席も取れず,当日券での参戦です。


P1440505.jpg


当日券は先着順ですからこれを逃したらホントにアウト。東京に来た意味がありません。今回の東京のホントの目的は『ヌ』ですからね。ですから気合の整理券2番をゲットです。


P1440502.jpg


P1440503.jpg
手書きなんだ

当日券ですから席は一番後ろでした。でも小さい会場でしたので最後列といってもそんなに距離感はありません。それでも舞台の一部は見切れましたし,演者さんの表情も細かいところまでは見ることません。


o78656.png


でも,そんな些細な不満も何の問題にならないくらいの内容でしたね。今回の公演はrhizomatiksのサポートがないんです。純粋にダンサーさんの肉体表現がメインなんですね。


87yjrd.png


こちらはHPのスクショです。ライゾマさん抜きの久しぶりの公演です。mikiko先生の気持ちがあふれていますね。20年間の研究結果ですからね。


vkbtl.png


『ただひとつのあたえられた身体を肯定したい』
『そのひとらしさに価値があることを肯定したい』
そしてこうも言ってます。
『べき ことを否定したい』


p98o7i6rj f


もう1つのキーワードはこちら。冒頭の2020年東京です。
mikiko先生,実は東京オリンピック・パラリンピックの開閉幕式の演出チーム8人に選出されています。今回の『ヌ』にそのヒントが隠されているのかもしれませんね。

 
 
スポンサーサイト



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/09/21(土) 08:00:08|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

more than Reason @LIXIL GINZA ギャラリー1/2/3

P1440445.jpg

こんにちは,kazumiです。

東京は京橋にあるLIXILギャラリーに行ってきました。

 
サカナクションの山口一郎,アンリアレイジの森永邦彦,建築家の隈研吾のコラボ展です。
ミュージシャンとファッションデザイナーと建築家の3人が展開する『意味』を超えたもの。


それがタイトルにもある『more than Reason』


P1440438.jpg 


『衣服』が拡張していって,『空間』となりさらにその場を包む『音』となることによって,スカートという,もともと備わっていた意味が消滅していくような状態をめざした,とあります。


P1440439.jpg 


衣服がそのまま空間となるさまは写真でも確認できるのですが問題は音ですね。もちろん現場でも音は鳴っているのですが,入り口にある名刺大の紙片が3枚。


例えば『惜春の スカートの襞 つんつんと』


P1440456.jpg 


『惜春の』を山口,
『スカートの襞』を森永,
『つんつんと』を隈が担当しています。
裏にはQRコードがあってここから特別な音楽をダウンロードできます。作曲はもちろん山口一郎。
残念ながらそのQRコードをここで明かすわけにはいきません。


P1440458.jpg 


GINZA SIXのROOF TOP ORCHESTRAにも通ずる,私たちの行動や思考,生活に寄り添う音楽。以前から環境音楽として知られていましたが,環境に対する音楽ではなくって変化する状況に対する対応する音楽と言った方がいいかもしれません。
あんなにTVは嫌いだといっていたのに,音楽番組やCM。はてはNHKで音楽教室まで始めたりと,露出多めの山口さんです。そんな中で,山口さんがよく口にするのは,


『よい違和感』


サカナクションファンなら,山口一郎ファンなら,ぜひ聴いてほしい3曲です。
残念ながら会期は9月24日(火)まで。


P1440463.jpg 


場所は,東京都中央区京橋3-6-18
東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2Fのギャラリー1/2/3
03-5250-6530
10:00~18:00で入場は無料です。


3人のコラボレーションはこれで終わりではありません。今回はプロローグとういうことでvol.0という位置づけ。今後の展開が注目されます。
 
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/09/20(金) 18:00:00|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

㐂寿司 (東京都中央区人形町)

P1440398.jpg

こんにちは,kazumiです。

東京に行けばここです。
人形町の㐂寿司に行ってきました。
山岡士郎の寿司の原点が浅草の弁天山美家古寿司なら,私の寿司の原点はここ㐂寿司です。
せっかく東京に来たのだから,東京でしか食べることのできないものを食べないと,東京にまで来た意味ないでしょ。香川に来て讃岐うどんを食べるのと同じように,東京に来れば江戸前握りずしの伝統を今に伝えるお店に行かないと,ねぇ。これが私の考え方です。どうせ食べるなら美味しい方がいいでしょ。どうせ食べるなら,ちゃんとしたお店がいいでしょ。ただそれだけのことなんです。


ただ問題はお値段です。讃岐うどんなら500円も出せば納得できるクォリティのものを食べることができるのですが,寿司となると何万円を用意しなければなりません。


というので,この日はお昼に出かけました。お昼のセットは5000円というお得なもの。では,㐂寿司のお昼の始まりです。

まずはヱビスビール。付き出しは何かの中落ちを炊いたものです。

P1440399.jpg 

P1440400.jpg 



マコガレイ
P1440401_20190920002043b36.jpg 

一番手は夏の白身の代表格。カレイが出てきました。これはマコガレイ。こんな高級店でカレイ? ふつうはヒラメでしょ。でもこの日は8月の最終週。ヒラメの旬とは程遠い夏の終わりの時期。いくら平目でも旬を外すとよくありません。旬のカレイに軍配が上がります。




赤身
P1440403_20190920002043c0f.jpg 

大間で揚がりました。と言ってましたね。こちらも旬を外しています。ですから,赤身独特の酸味が弱いですね。



コウイカ
P1440405.jpg

いつものスミイカではなくコウイカ。この季節はスミイカが育っていないんだそうです。



赤貝
P1440406_2019092000495665f.jpg



口直しにこんなのが途中で出てくるんです。
P1440408_2019092000495667f.jpg 




トロ
P1440409.jpg



イクラ
 P1440413_20190920004955931.jpg

㐂寿司でも生イクラが入っていました。初秋の限られた味覚ですね。




アナゴ
P1440415_20190920004954a41.jpg 

㐂寿司ではアナゴを皮を上にして握るんですね。



玉子
P1440416_20190920004954098.jpg

甘くておいしい㐂寿司の玉子。鞍掛にして握ります。三角形に見えている酢飯の頂点がうっすら赤っぽいのが分かりますか?甘いおぼろをかませて握っています。これも江戸前の仕事の1つ。えびやキスにもおぼろをかませることが多いようです。



巻き物
P1440418.jpg 

赤貝のヒモですね。これが美味しいんです。お昼のセットはここまで。ここからはお好みで握ってもらいます?



シャコ
P1440421.jpg

ここでシャコを食べるのは初めて。旬は夏といいますが,秋から卵をもち始めます。子をもつ時期のシャコも人気があるんですよ。

 


イカの新子
P1440425.jpg 

スミイカがなかったのはまだ子供だから。スミイカの寿命は1年。産卵期が住むと親イカは死んでしまいます。ということはその時期は子イカしかいないことになります。その子イカがコレ。一杯で2貫しか取れない小さいスミイカ。小さくってもすごく肉厚。柔らかくしかし歯を当てるとパキパキと噛みきれるのは親と変わりません。とにかく極々短い期間しか出回らない晩夏の味です。



新子
P1440426.jpg 

こちらはコハダの新子。一般に新子といえばコハダの子供のこと。初物を食べると寿命が延びるというのなら,イクラに子イカに新子と3貫も初物を食べれば,何年長生きができるんでしょうね。



スズキ
P1440429.jpg

夏の白身といえばスズキですね。




シマアジ
P1440434.jpg

巷に出回っているシマアジの九分九厘が養殖物。天然のシマアジを食べるのは困難です。でも,ちゃんとした店なら大丈夫。貴重な天然物のシマアジを食べることができますよ。



㐂寿司
東京都中央区日本橋人形町2-7-13
03-3666-1682
月~金 
11:45~14:30
17:00~21:30
土曜日
11:45~21:00


おぼろ
P1440436_20190920011019d46.jpg 

いつもは椿の花のように,和菓子のような細工寿司をつくってもらうのですが,今日は珍しく『握り』でいただきました。もちろんこのおぼろも自家製です。
おぼろだけではありません。江戸前に伝わる古い仕事,古い決まり事,古い仕事を省略することなく今に伝えるこのお店は,東京都から無形文化財の指定を受けてもいいと思うくらいです。
 
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/09/20(金) 08:00:08|
  2. 寿司
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寿司大 

P1440352.jpg

こんにちは,kazumiです。

東京に行けばここです。
豊洲の寿司大に行ってきました。
以前は朝2時に起きて2時半に並んでましたが,豊洲移転後は4時起きでOK。始発までに現地到着するためタクシーで定宿の築地から移動。もう移転して1年も経つのですが,いまだに寿司大の入っている棟の位置や名前を憶えている運転手に当たったことはありません。
豊洲や寿司大の位置づけってこんなもんなんですけねえ。
現地に着くと,もう行列ができています。外国人を中心に10人程度。でも最初の一回転目には間に合ったようです。

P1440392_20190919011704100.jpg

私にとって,一番うれしい朝ごはん。
大将のおススメ握りセットの始まりです。

トロ
P1440354.jpg


マダイ
P1440356.jpg


金目鯛昆布締め
P1440358.jpg


ウニ
P1440360.jpg


アジ
P1440363.jpg


北寄貝
P1440365.jpg

いつ食べても美味しいのかホッキガイ。貝好きの私もホッキガイは大好物。たまにおまかせセットにホッキガイがないときがあったりするのですが,そのときはお好みで必ず注文するんです。


生イクラ
P1440366.jpg

この日は実は8月の後半。生イクラが出回って3日という。走りも走り,いい時に来ました。8月の末なのに北海道ではサケの遡上が始まっているんだそうです。この時期に獲れたイクラは皮が薄くって大変おいしいんですね。この1カ月から2カ月だけ出回る旬の味なんです。


玉子
P1440369.jpg


ヅケ
P1440372.jpg


P1440373.jpg

お店の方が毛抜きを使って細かい作業をしてます。これ,小骨を抜いてるんですね。築地のナンバーワンをキープし続けた理由がこんなところにあるんですね。
手を抜かずに骨を抜いてます。


煮アナゴ
P1440375.jpg

それは煮アナゴの骨だったんですね。外国人のお客さんが多いこのお店では,こういった小骨を気にする方も多いんでしょうね。



巻き物
P1440377.jpg

巻物が出ておまかせ握りは最後の一貫。最後の一貫は何を選んでもOK。通称プレゼント。この日私が選んだのは。


スズキ
P1440380.jpg

夏の白身といえばこれ。スズキですね。旬もそろそろ終わりに近づいて,名残りのスズキになりそうです。


キス
P1440381.jpg

夏の白身といえばキスもそうですが,キスは光り物に入ることの方が多いですね。味は白身なんですけどね。


カツオ
P1440384.jpg

夏といえばカツオでしょ。初ガツオは初夏の味ですが,本当の旬は秋だとか。


シマアジ
P1440385.jpg

夏といえば,シマアジを食べない訳にはいかんでしょ。


コハダ
P1440389.jpg

新子
P1440388.jpg

コハダを注文したらお店の方から『新子もありますよ』とうれしい話。今年はいろいろあって東京に来るのが遅かったので,新子はないと思っていたんです。ネタケースにもなかったし。って言ったら『隠してたんです』
今日来てよかった。本当に来てよかった。心の底から思うkazumiでした。


寿司大
東京都江東区豊洲6-5-1 豊洲市場内6街区 水産仲卸売場棟 3F
03-6633-0042
05:00~
定休日:休市日・日曜・水曜


P1440391_201909190134426f5.jpg

山口瞳はかつて『新子を食べないと私の夏が終わらない』と言ったそうですが,これで私の夏も終わりそうです。
 
 
 
  1. 2019/09/19(木) 08:00:08|
  2. 寿司
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROOF TOP ORCHESTRA @GINZA SIX

NF.jpg

こんにちは,kazumiです。

ROOF TOP ORCHESTRA-音を奏でる庭園-に行ってきました。

場所はGINZA SIX屋上。

P1440788.jpg

水盤エリアと芝生エリアには『オーケストラの演奏台』をイメージした銀色の大きな6つの6面体のモニュメント。それを囲うのは光のオーケストラ。私たちが6面体のモニュメントを叩くと,音と光が連動する仕掛けです。

P1440797.jpg

叩く場所やタイミングで音色や光のパターンは異なり,音の種類は36種類。

P1440802.jpg

複数の体験者が叩くと,共鳴するように空間全体で音楽を奏でます。

P1440799.jpg 


こちらがその様子。




サウンドクリエーターは『NF』

NF(ナイトフィッシング)はサカナクションの山口一郎さんが発起人となり,音楽のみならずファッションやアート,テクノロジーなど様々な分野を取り上げ,音楽に関わる音楽以外の新しいカタチを提案するプロジェクト。

そのNFが10月12日にGINZA SIXでイベントがあります。山口一郎さんも来られるそうです。
 
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/09/15(日) 08:00:08|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (303)
ライブ (234)
香川県高松市 (371)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (12)
香川県塩江町 (18)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (40)
香川県宇多津町 (12)
香川県丸亀市 (27)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (24)
香川県善通寺市 (30)
香川県琴平町 (16)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (13)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (13)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (12)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (20)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (12)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (26)
香川県東かがわ市 (18)
香川県土庄町 (10)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (6)
香川県男木島 (11)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (9)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (20)
香川の風景 (49)
岡山県犬島 (4)
大阪府大阪市 (31)
大阪府豊中市 (63)
大阪府吹田市 (19)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
滋賀県 (4)
奈良県 (38)
和歌山県 (1)
宮城県 (2)
東京都 (59)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (5)
岡山県 (2)
広島県 (8)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (6)
高知県 (14)
福岡県 (10)
寿司 (165)
鰻 (61)
神社仏閣 (55)
スポーツ (7)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (38)
Perfume (57)
未分類 (113)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック