kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

高松市 鬼ヶ島 鬼の館 (香川県女木町)

近づいてきました。カニみたいな建物が鬼の館です

こんにちは,弾丸うどんライダーのkazumiです。

男木島には円(まどか)という大将手打ちのうどんを出すお店があります。
なぜか全店制覇攻略本には載らないんですけどね。
男木島にはほかにもうどんを出す店があるにはあるんですが冷凍だったり,
製麺所から仕入れていたりで自家製手打ち麺は円一軒だけです。

そして女木島にはうどんを出すお店が少なくとも2軒あるようですが,
残念ながらいずれも冷凍麺です。
でも時間が経ってコシが抜けてしまったうどんより,
冷凍麺の方がはるかに美味しいこともありますしね。
そういえば,冷凍麺のお店も全店攻略制覇本に載る時代になりましたからね。
来年度版からは冷凍麺のお店も多数掲載されるかもしれませんね。
今からが楽しみです。

あら,ピンボケ

さてさて,女木島のうどんといえば女木港正面にある大きな施設。
高松市鬼ヶ島鬼の館ですね。
この施設は洞窟までのバスのチケット,土産物,
ちょっとした飲食物を売ってだけではありません。
女木島の歴史や風土を映像や模型を使って展示する郷土資料館のような
役割も担っています。

客は私1人でした

もちろん瀬戸芸のインフォメーションセンターでもある女木島の中心施設の1つです。
そこの食堂でうどんが食べられるので行ってきました。

いつの間に食券制になったんや

鬼の館の名物といえばにし貝のおでんです。
ところがなぜかこの日はありませんでした。
お店の方も,にし貝のおでんのことを知らなかったようです。
季節ものだったんでしょうか。

カレーもあります

瀬戸芸対応の新メニューですね

さて,うどんです。
以前にはなかった鬼うどんが出現。
どうやらエビ天の乗ったうどんのようですね。
kz『じゃ,これ』

1本角の鬼です

どうやら,小はエビ天が1本,中は2本,大は3本のようです。
鬼の角をイメージしたこのエビ天なんですがめちゃめちゃ大きいうえに,
衣の中のエビもずいぶん大きいんです。

ワカメが乗って緑の鬼に変身です

食べているとおばちゃんが,
『これ,サービスな。女木島の海で採れたワカメや』
どっさりのワカメをいただきました。

高松市 鬼ヶ島 鬼の館
香川県高松市女木町15-22
087-873-0728
11:00~15:00
食堂は定休火曜日
瀬戸芸期間中は無休
1月2月は食堂部休業です。


サヨナラ女木島 また月末にでも

何でもあるように見える鬼の館ですが,フェリーの切符は館の外ですって。
当たり前のように見えて,なんか変。


 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/08/19(月) 03:55:00|
  2. 香川県女木島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼の台所 (香川県女木町)

高松-女木島で360円です

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

雲一つない日でした。
この日高松に来た目的は,ただ一つ。
島です。島。
来る3月20日。
瀬戸内国際芸術祭が開会します。
海も島も喧噪の中に包まれる前に島に渡っておきたかったんです。

まずは高松港の雌雄島海運のチケットを買って,
10:00出港のめおん2に乗り込みます。

会期中,特に夏はとんでもない長蛇の列が出来そうです

めおんは高松と女木島,男木島をむすぶ小さなフェリー。
瀬戸芸のころ。夏休みにはあふれんばかりの人を乗せるんでしょうね。
でも,今日は会期外の平日。
私を含めた何人かの旅行者,こえび隊の皆さんや瀬戸芸関係の方々。
それ以外は普段からめおんを使って往復しているみなさんです。

142 Liminal Air -core-/大巻伸嗣
入り口でしょうか? 出口でしょうか? ジャン=レノに聞いてみましょう


出港すると遠ざかる陸地,近づく島。
普段は高松から海を見ていますが,船に乗ると海から高松を見ることに。
サンポート周辺の美しいビル群の背景に阿讃の山々が見えてきます。
めおん2がつくる白い航跡はさっきまで私たちがいたところを示しながら,
薄れる記憶のように元の碧瑠璃の海に戻ります。
 
ここまで来ると阿讃の山々がよく見えます

女木島の港を守る防波堤の先端にある鬼の灯台が見えてきました。
女木島は通称鬼ヶ島。
昔話の桃太郎の鬼ヶ島です。

鬼の館も見えてきました

高松に背中を向けてるんですね

女木の港に設けられた大きな施設は高松市立鬼の館。

市の施設だったんですね

落石事故で閉鎖されていますが,鬼ヶ島大洞窟行きのバスのチケット売り場があり,
故障中で閉鎖されていますが,全国の鬼の資料や女木島の桃太郎伝説を紹介する鬼の間があり,
冬期期間中で閉鎖されていますが,中でうどんや名物のにし貝のおでんが食べられる食堂があるんです。

えっ,やってないの?  だから,やってないの?

すべては,瀬戸芸の会期に合わせてオープンするんでしょうね。


鬼の館を後に,港の周辺を歩いてみましょう。

031 カモメの駐車場/木村祟人
032 カモメ用駐車場/木村祟人

右向けー右!!

今季の新作の1つです

くるくる回るカモメのオブジェクト。
風が吹くとみんな同じ方向を向きます。
今年の新作はこの防波堤。

手前の紡錘形に見えるのはお地蔵さん 大きな海難事故があったようです

大きなモアイ像がなぜこんなところにあるのかは,
現地の案内板を見てくださいね。
感動秘話だったりします。

そういえば男木島にはこんなのなかったような・・・ 女木島だけなんかな 強風?

黒い大きな石垣はオオテ。
冬の時期の強風から民家を守っています。

035 MEGI HOUSE/愛知県立芸術大学瀬戸内アートプロジェクトチーム
愛芸大の前線基地です このロゴすきです

オオテの中で息をひそめているのはMEGI HOUSE。
会期中はさまざまなコンサートが催される予定です。

女根/めこん/大竹伸朗
とんでもないものが出来そうな予感 夜は赤く光りそうです

海水浴場の砂浜に面しているのは女木小学校。
いまは休校中ですが,この小学校に突如現れたのがこのモニュメント。
校庭の大きなヤシの木に,海に浮かぶブイを取り付けているところでした。

せとげーせとげーっていってますが,何にもないときは単なる離島の1つであると知らされます

オオテの隙間から,島の内部へ入ってみましょう。
廃屋となってしまった家々が目立ちますね。
大きな開発もなされてないので,瀬戸内の離島には一昔前・二昔前の空気が漂っています。
どこかで時計が止まってしまって,時の流れに取り残されたような,そんな街並みがまだまだたくさん残っています。

福井コーポレーション? いいえここが鬼の台所です

2本の角のマークがかわいいですね


少し遠回りしてしまいましたが,ここが今回の目的地。
鬼の台所に行ってきました。
鬼の台所といっても,ここはもともと建築会社の福井コーポレーション女木島営業所。

昨年8月オープンです  この雑誌がなかなかの優れものです 小さな出版社ですがココロこもってます

ROOTS BOOKSから出版されてる『せとうち暮らし』の09号には,
『おふくろ料理 福』として紹介されていますが,今では鬼の台所として営業しています。

前回は大量の昼食難民が出ましたが  この店は救世主となるんでしょうか

さて,中に入ってみましょう。
正面にはカウンター。
左にはお好み焼き用の鉄板のテーブル。
おでんはすじ肉以外はなんと50円。

壁のメニュー大

壁のメニュー小

定食はワンコイン500円 安すぎへんか?

壁には充実の定食に,いくつものうどんメニュー。
そうなんです。
私は女木島にうどんを食べに来たんです。

開店は10:30分ですが,平日でお客さんが来るはずのない時間。
いきなりの来客にお店のおばちゃん(三井さん)はもうバタバタです。

1個50円ですって  おでん50円って良心的すぎます

離島価格でもいいのに この分じゃ会期中はお客さん殺到の予感

待っている間に稲荷ずしにおでんを頂きました。
県内では非常に珍しい四角形。
西日本では圧倒的に三角形ですよね。

さてさて,やってきましたよ。
女木島オリジナル・赤鬼カレーうどんです。

カレーは手作りなんでしょうか?

他にも瀬戸内に浮かぶ女木島を油揚げで表した女木島うどん。
などなど,これって立派なうどん屋さんですよね。
でも,食べているうちに湧いてきたちょっとした疑問。
kz『おばちゃん,この麺って・・・』
三井『せや,冷凍や。冷凍のほうが美味しいやろ。』

よかったですね。
うどん屋さんではなかったようです。



鬼の台所
香川県高松市女木町62-1
10:30~14:45
定休日は水曜
でも,瀬戸芸会期中は無休のフル回転。
おばちゃん,からだに気を付けてよ。


033 20世紀の回想/禿鷹墳上
帰りのふねが来ましたね

浜辺には4本のマストをもつグランドピアノ。
そうこうしているうちに,帰りの船が男木島からやってきたようです。
 

テーマ:こんなのがあったなんて!! - ジャンル:グルメ

  1. 2013/03/12(火) 19:19:19|
  2. 香川県女木島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼が島 鬼の館(女木島) 10/09/19

遠景
3軒目は女木島に渡って,鬼が島鬼の館に行ってきました。

ここも,券売所兼案内所兼売店兼食堂兼喫茶店兼島の資料館的な,兼兼兼の兼兼な建物です。
石垣の高さが,この島の厳しい自然環境を物語っています。

入り口はこんな感じ。
入り口
この中の食堂でも,うどんをたべることができます。
鬼の館
これまた,お客さんでいっぱいでした。

うどんとにしがいかやくうどん と にしがいのおでん

うどんよりも,名物はにしがいのおでんです。
地元産のアカニシという巻貝のおでん。
他のうどん店でも,あまり見ませんね。珍しいと思います。
にしがいアップ

からし酢味噌でいただきます。

営業は11:00~15:00
定休日があります。火曜日です。
しかも,1月2月はお休みだそうです。

  1. 2010/09/20(月) 05:11:07|
  2. 香川県女木島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (260)
ライブ (203)
香川県高松市 (297)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (9)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (6)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (12)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (3)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (41)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (1)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (10)
愛媛県 (6)
高知県 (7)
福岡県 (8)
寿司 (134)
鰻 (34)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (51)
未分類 (86)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック