kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

阿讃亭 松茸うどん (香川県高松市)

P1210729_201711020845328f2.jpg 

秋の松茸うどんの紹介はこれで最後。

9軒目は松茸うどん界の真打ち,
阿讃亭です。

高松から塩江を越えてもう少し。
こんなに遠かったけ。
と思い始めたら,あともうすぐです。

私は見たことがないのですが,
阿讃亭の松茸うどんは,現地のTVニュースにも取り上げられているそうで,
毎年オンエアーの直後にはお客さんが殺到するそうです。

最近では,地元香川の松茸を待ちきれないお客さんの要求に耐えかねて,
他府県産の国産松茸を取り寄せて,松茸うどんをスタートさせているんです。
私も,待ちきれない客の1人のようで,
昨年は松茸うどんの一報を聞いて馳せ参じた結果,信州産の松茸をいただきました。
という訳でして,今年は地元香県産の松茸を食べるために,
解禁から(禁じられていたのではないけど)1週遅れでやってきました。

P1210728_20171102084531e28.jpg 

大阪から200kmと十数km。
雨の中をバイクで3時間かけてでも,
阿讃亭に来てしまうのは,1つは松茸うどんやうな重のクオリティ。
見てください,これが阿讃亭の松茸うどん(大)。

P1210719.jpg

びっしりの松茸スライス。
薬味は三つ葉のみ。

P1210720_20171102085749c1e.jpg

ちょっと松茸だけを並べ直すとこんな感じ。
質も量も申し分なし。
湯気とともに立ちのぼる香りの濃さは,香川県内の中でもトップレベル。

P1210721_20171102085748a5d.jpg

難をいえば,
もう少しスダチを入れてほしかった。
この松茸の密度に,スダチ1枚ではかなわないです。

P1210714_201711020901386a5.jpg

さて,2017年の松茸うどん(大)の価格は昨年より400円アップの3400円。
それでは,2010年以降の松茸うどん(大)の価格の推移を見てみましょう。
2010年 2000円
2011年 2800円 800円(40%)値上げ
2012年 2800円
2013年 3000円 200円(7.1%)値上げ
2014年 3000円
2015年 3000円
2016年 3000円
2017年 3400円 400円(13.3%)値上げ

P1210722_20171102085747395.jpg

こうしてみると2011年の値上げ幅が飛びぬけています。
2013年に3000円になって3年間は変動なしだったのですから,
4年間で割ると1年平均100円の値上げ。
2012年から見ても,年平均200円の値上げです。
ま,仕方がないですね。
ものがものだけに,
代わりのものがないだけに,
許容範囲としておきましょう。

P1210727_201711020857451f8.jpg 

P1210715.jpg

P1210718.jpg

そうそう,代わりがないといえば,
阿讃亭の魅力は松茸だけじゃないんです。
天然のウナギやスッポン,山ぶどう。
山の幸や川の幸。

P1210716.jpg

そして,テーブル一杯に並んだ田舎料理。
ばら寿司,いなりずし,太巻きに,姿寿司。
国道が通っていても,本来ここは山の中。
街道沿いにある山小屋や茶屋の趣。
松茸うどんを出すうどん屋さんは他にありますが,
この雰囲気をもっているお店は,県内に何軒あることか。

P1210717.jpg

そしてもう1つのお楽しみが,
こちらの天然うなぎのうな重。

P1210723_20171102085744bdd.jpg 

P1210726_20171102090137bbb.jpg

こちらも,他に代わるものがありません。
大将が自分で釣ってくるのですから,国産天然の名の信用度は高いです。
ただ,ここはうなぎ屋さんではありませんので,
鰻を焼く技術に関しては,目をつぶるしかないでしょう。

 P1210725_20171102090136541.jpg

このタレが甘いんですよ。
今まで食べたウナギの中でも,まちがいなくトップです。


古式そば 阿讃亭
香川県高松市塩江町安原上東1275-1
087-893-0555
11:00~14:00
定休:火曜日


ということで,
香川県内のうどん屋さんで,
うどん1杯,ご飯もの1つを注文した合計の最高記録を更新です。
松茸うどん3400円 + 鰻重3500円=6900円

お腹と財布が反比例です~
 
 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/11/02(木) 09:09:09|
  2. 香川県塩江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷岡食堂 (香川県高松市塩江町)

P1140754.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

毎日毎日暑い日が続きます。
こんなに暑い日は高松の奥座敷,
塩江にある谷岡食堂ですよ。
谷岡食堂に行って,うどんといなりずしでも食べようと,
塩江街道を一直線。

P1140752.jpg

と思ったら,
うどんはもう全部売り切れて,
いなりずしどころか,ご飯類も完売ですって。
かろうじて中華そばが残っていたので,仕方なく注文。

P1140753.jpg

うどん食べたかったのに。
とはまたぜいたくな一言。
谷岡食堂の名物は,うどんよりもむしろ中華そば。
中華そばが残ってただけまし,と思うわなければ。

P1140751.jpg

すると,2組くらい次のお客さんのときには中華そばも売り切れ。
残っているのは,おでんとおかずが少しだけ。

ということで,
この日は19時過ぎに閉店になってしまいました。


谷岡食堂
香川県高松市塩江町安原下中徳1555-1
087-897-0030
11:00~20:30
定休日:月曜

夕方を過ぎると,一気に温度が下がって。
そういえば,ちょっと前まで泣いていたセミの声。
数がずいぶん減りましたよね。
この時間はヒグラシやツクツクボーシの声に代わりました。
コオロギの声も混じりだして,
山からは早くも赤トンボが降り始めています。
少しづつですが,秋の気配が感じられてきました。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/08/26(土) 08:08:08|
  2. 香川県塩江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阿讃亭 (香川県高松市塩江町)

P1020703.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

ついにこの日がやってきましたよ。
阿讃亭で松茸うどんが始まるというので,行ってきました。
始まるといっても,1週間前のお話し。
今年は何と,10月1日に松茸うどんのスタートだそうです。

P1020689.jpg

といっても,香川県内の山で松茸が最盛期を迎えるのは,もう少し後。
常連のお客さんから,松茸はまだか松茸はまだかと問い合わせが絶えないため,
最近では県内産が出る前は,信州産の松茸を仕入れてくるんだそうです。

P1020687.jpg

松茸以外にも,
ばら寿司とか,あじの南蛮漬け,エボダイの姿寿司とか,
美味しそうなお料理がたくさん並んでいます。

P1020691.jpg

うどんが出来上がる前に,こんなものが。
このお豆腐がめちゃめちゃ硬くって,箸が通らないんです。
聞けばこのお豆腐は岩豆腐。
これかっ,岩豆腐は!
谷米の近所の豆腐屋にいつも売り切れって書いてある岩豆腐は,これだったのか。
すごい歯ごたえ。
この豆腐の角だったら,頭打って死んじゃう人も出てくるかもしれません。

P1020692.jpg

次はあじの南蛮漬け。
南蛮漬けですから,骨まで美味しいです。

P1020695.jpg

来ました。
松茸うどんです。
私はいつも松茸うどんの大。
でもお腹いっぱいになると困るので,麺の量は小という特別製。

P1020696.jpg

P1020697.jpg

大きな松茸ですねえ。
15cmはあろうかという大きさ。
そして,厚めにスライスされているので,
口の中でキュッキュッと音が鳴ります。
この独特のシャキシャキ感こそが松茸ですよ。

P1020699.jpg

P1020694.jpg

そしてなんといっても香りです。
松茸うどんのドンブリを中心に,
半径1mが松茸の香りゾーン化しています。


阿讃亭
香川県高松市塩江町安原上東1275-1
087-893-0555
11:00~14:00
定休:火曜日

P1020693.jpg

さて,もう1つのお楽しみはうな重です。
国産の天然うなぎを食べることができる貴重なお店。
店頭の水槽にはたくさんのうなぎが飼われています。

P1020685.jpg

これらはすべてお店の方自らが捕まえてきたもの。
自分で獲れるんでしたら,養殖物なんか仕入れる必要はないですよね。

P1020698.jpg

白黒白の順ですから,関西風の腹開き。
あれ,今年はタレが甘いぞ。
それもいいか。

P1020690.jpg

松茸うどん(大)とうな重で,6500円。
毎年少しずつ値上がりしていましたが,今年は据え置きですね。
あと,営業時間が短くなったのはつらいところ。
大阪からだと平日はもう無理なんですね。

P1020686.jpg

バケツには何匹ものすっぽん。
うなぎの仕掛けにかかるんだそうです。
って,このこと?

P1020704.jpg
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2016/10/08(土) 17:18:19|
  2. 香川県塩江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷岡食堂 (香川県高松市塩江町)

P1270523.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

いよいよやってきましたよ。
土用の丑の日。
この日はうなぎ屋さんが最も混雑する日なので,
私はここ何年もこの日はうなぎを食べないようにしています。

だって,一年で一番忙しい日ですよ
下ごしらえがおろそかになったり,焼き手が手を抜いたり,慣れない人が蒲焼き焼いたり。
注文してから待たされるのがうなぎ屋の常識ですが,店内に入るまでに待たされたりと。
まあ,いいことなんて1つもありません。
ですから,この日を避けた前後にうなぎを食べるのが吉。

P1270517.jpg

この日は,塩江の谷岡食堂に行ってきました。
梅雨が明けてからも,もう1つ気温が上がらないのは楽といえば楽なのですが,
やっぱり夏は暑くなきゃ。
ようやく今週あたりから夏も本番。
涼を求めて塩江に行ってきました。
向かった先は,谷岡食堂。

P1270518.jpg

中華そばといなり食べたら大阪へ帰ろうとしたのですが,
なんと店内に,一色産ウナギありますの札。
一色産ウナギといえば,愛知県の一大ブランド養殖ウナギです。
へぇ,こんなところで国産うなぎを食べることができるとは。

P1270520.jpg

といことで,こちら特製中華そば。
何が特製かというと,卵・鶏肉・シイタケ入りです。

P1270521.jpg

P1270522.jpg

そして,うな重。
最初っから山椒がかかっているのがちょっとイヤ。


谷岡食堂
香川県高松市塩江町安原下中徳1555-1
087-897-0030
11:00~20:30
定休日:月曜

私は山椒を入れない派なのに。
これは残念。 
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2016/07/29(金) 17:55:00|
  2. 香川県塩江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤松食堂 (香川県高松市塩江町)

P1130339_2016012317530817e.jpg 

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

塩江の赤松食堂に行ってきました。
高松市内から塩江の道の駅をもう少しだけ通り過ぎると,右側に見えてきます。
角度によっては赤松食堂に見えたり,赤松旅館に見えたりします。

P1130340_20160123175307e5c.jpg 

P1130341_20160123175307d91.jpg

民宿も経営しているんですね。
1泊3500円ですが,じゃらんやるるぶで検索しても出てきません。
ひょっとしたら,ほとんどのホテルが満室になるMONSTER baSHの日には,
穴場になるかもしれませんね。

P1130331_20160123175305600.jpg 

P1130330_20160123175306902.jpg

ここは,うどんではなくって中華そばが美味しいんですってね。
前に来たときは鍋焼きうどんを食べたのですが,その時に女将さんが,
『うどんも美味しいんですけど,みんな中華そばが美味しいって言ってくれるんですよ』
て言ってくれて,
ああ,ここはうどんがアウェイなんだ。
と思ってたんです。
ということで,注文したのは中華そばと巻きずし。

P1130332_2016012317530470f.jpg

素朴な中華そばが出てくると思ったのですが,
いやいやチャーシュー,メンマ,カマボコ,もやし,海苔に玉子焼きまで入っています。

P1130333_201601231804041eb.jpg

豪華です。
ぜいたくです。
ゴージャスです。
地球ゴージャスです。

でも味はいかにも中華そば。
ラーメンでは決してない中華そば。
醤油味でダシのうまみがよく効いた中華そば。
白ご飯がお供にピッタリな中華そばでした。

P1130334_201601231804044e7.jpg

なのに,横には白ご飯じゃなくって巻きずし。
この巻きずしが実は大当たり。
カマボコ,キュウリ,干瓢にアナゴと玉子焼き。
干瓢が薄味なのがいいですね。

P1130337_20160123180403258.jpg

アナゴが入っているのが贅沢。
そして,玉子焼きが大きいのがいいですね。
食べるとそこだけひんやり冷たくって,甘みがジンワリ口の中に広がりますよ。

赤松食堂
高松市塩江町安原上東447-1
087-893-0312 
10:00~21:00
定休日:火曜日

P1130342_201601231804029a5.jpg

赤松食堂の対岸には,行基が発見したという塩江温泉の源泉があります。
赤松食堂のそばの橋を渡ると,こんな小さな小屋が見えます。
小屋からはちょろちょろと水が流れています。

P1130343_201601231804011af.jpg 

P1130344_20160123180400629.jpg

流れている溝には,クリーム色の沈殿。
これ硫黄なんですね。
阿讃山地は火山と縁がないと思っていたんですが,
塩江温泉は硫化水素などの火山ガスを含む硫黄泉だったんですね。


対岸にはもう一つこんな黄色い建物。
こちらは,川島猛さんのアトリエ。

P1130348.jpg

P1130347_2016012318083984b.jpg 

P1120372.jpg

P1130346.jpg 

瀬戸内国際芸術祭でも作品を展示されているアーティスト。
今は使われているんでしょうか。
廃墟に見えるんですが。 
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/23(土) 17:18:19|
  2. 香川県塩江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (268)
ライブ (204)
香川県高松市 (309)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (15)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (37)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (25)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (18)
香川県善通寺市 (27)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (16)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (20)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (16)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (16)
大阪府豊中市 (35)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (5)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (19)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (142)
鰻 (39)
神社仏閣 (46)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (53)
未分類 (89)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック