kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

迎賓館 赤坂離宮

P1010240_20170227212037712.jpg

こんにちは,うどんライダーkazumiです。

迎賓館に行ってきました。
迎賓館はその名の通り,各国の大統領や国王などの国家元首をもてなすところ。
日本には東京と京都にありますが,
京都の迎賓館は2005年に出来た新しいもの。
区別するために,赤坂迎賓館とも呼ばれています。

P1010257_20170227212037edb.jpg

四ツ谷駅の改札を出ると,すぐに見えるのは学習塾の四ツ谷学院の本部。
でも,人の流れは反対側に集中しています。
どうやら,私を含めて皆さんは迎賓館の見学に来た方々のようです。

道路を反対側には上智大学のキャンパス。
東京にはちょくちょく来るのですが,
このエリアに来たのは初めてです。

迎賓館の建物は,明治時代の建築家片山東熊によるもの。
片山東熊の代表作といえば,東京国立博物館表慶館,京都国立博物館,奈良国立博物館など
があります。
日本史の教科書にも出てきますから,
ご存知の方も多いかと。

P1010259_20170227212036e2e.jpg

迎賓館は,明治維新以降の建物としては初めて国宝に指定されています。
そのせいでしょうか,荷物はX線検査,体は金属探知機と航空機並みのボディーチェックを受けます。
ペットボトルの液体は,係員の前で一口飲まなければならないという徹底ぶりです。
40分ほど並んで,建物のなかへ通されました。

採鸞の間
P1010238.jpg

最初に通されたのは,採鸞の間。
『鸞』は親鸞の鸞。
おめでたい鳥の名前のようです。
そんなことはどうでもよくって,
真っ白い壁に金箔が施された石膏の浮き彫り。
大きなシャンデリアが何基もつりさげられています。
この豪華な室内装飾はナポレオン時代にフランスで流行したアンピール様式ですって,
解説を丸写ししているのですが,
見学していた時は,あまりにもの豪華絢爛さで何も考えられないくらいでした。

花鳥の間
P1010239_20170227212034a60.jpg

こちらは木の色を生かした壁に囲まれているので,さっきよりは落ち着いた感じです。
でもシャンデリアがスゴイ。
フランス製で1125kgあるそうです。
そして壁には花鳥を描いた七宝焼きが30点も飾られています。

羽衣の間
P1010237_2017022721203350e.jpg

天井絵が謡曲の『羽衣』を描いたのでこの名前が。
このシャンデリアは迎賓館で最も豪華なもので,7000個の部品からなるそうです。
この豪華なシャンデリア見上げるみなさんは,
当たり前ですが例外なくお口ポカ~ンになっていました。

2階大ホール
P1010241_201702272123480b2.jpg

ホールには小磯良平の『絵画』と『音楽』。
解説ボランティアの方が,いろいろとお話しされているんですが,
どこを見てもすごいとしか言いようのないのが本音です。
そうそう,館内は撮影禁止なんですね。
これらの写真はお土産の絵葉書なんです。

朝日の間
P1010236.jpg

今回こられた皆さんのお目当てはこれでしょう。
この朝日の間は,この日を最後に大規模修復のためにしばらく閉鎖されるそうです。
部屋の名前は,天井にある朝日を背にしてチャリオットにのる女神の絵から。
ここのシャンデリアもすごかったですね。
何mあるんでしょうか。
迎賓館のシャンデリアはすべてフランス製で,明治41年にアントワープから運ばれたもの,
と解説丸写しにしています。

P1010260_20170227212348a37.jpg

P1010264_201702272127086d4.jpg

外に出てみるとこんな感じ。
天気がいい日でしたよ。

P1010261_20170227212347b79.jpg

P1010272.jpg 

P1010284.jpg

本館の裏手を噴水越しにみるのがベストビューかも。
青い空に緑青の吹いた屋根。
この噴水も池も国宝に指定されているんですよ。

P1010262.jpg

P1010263.jpg

P1010270.jpg 

P1010271_20170227212706962.jpg

噴水はよく見るといろんな生き物がたくさんいます。


P1010273.jpg 

正面から見たらこんなのです。
日本じゃないみたいでしょ。
まんま,ベルサイユ宮殿ですよ。
行ったことないですけど。

P1010275.jpg 

P1010276.jpg 

P1010285_20170227213714a62.jpg

P1010277.jpg

よく見ると屋根に甲冑。
P1010279.jpg 

P1010280.jpg 

星だらけの天球。
P1010278.jpg 

ディテールが細かすぎて凄すぎて,言葉がありません。

P1010281_20170227213713a65.jpg 

こちらは衛舎。
名前の通り,衛士の詰め所ですね。
これも国宝なんですよ。


P1010283.jpg 

P1010282_20170227213711a2a.jpg 

最後は正門から退場したのですが,
何といっていいのか,あまりのすごさにあっけにとられてしまいます。
これがたったの1000円で見学できると聞いたらどうします。
しかも,予約なしの当日申し込みですよ。
いつも公開されているわけではなさそうですが,東京にお出かけのチャンスがあればぜひ。
もちろん平日の午前中が狙い目です。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/02/27(月) 21:22:23|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草観光センター

P1100338.jpg

こんにちは,うどんライダーkazumiです。

場所は変わって浅草です。
雷門の前にはたくさんの人が記念写真を撮っています。
雷門から道路をはさんで正面にあるのが,浅草観光センター。

P1100337.jpg

木造建築の長屋を縦に積み重ねたデザインだそうです。
外観にも木材がたくさん使われているのがわかります。
この建築,設計は隈研吾。
前回紹介した築地のKYビルと同じ建築家の方ですが,
やっぱり似てますよね。
木をたくさん使っているところなんかそっくりです。
こちらが,築地のKYビル。
隈研吾さんの最新作です。

P1110346_20161227121343cb2.jpg

和モダンと言ったらいいんでしょうか。
そういえば,東京オリンピックの新国立競技場のデザインも,
たくさん木を使っているそうです。

では,お昼に行ってきます。
  
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2016/12/27(火) 12:13:14|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国立西洋美術館 (東京都台東区)

P1240075_20160520163442dbd.jpg 

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

東京・上野にある国立西洋美術館など,
7カ国の17施設が『ル・コルビュジエの建築作品』として
世界文化遺産に登録される見通しとなったというニュースが飛び込んできました。
コルビュジエはフランスの建築家で,
近代建築三大巨匠の1人。
日本で唯一のコルビュジエ作品が国立西洋美術館なんです。

P1240076.jpg 

そして,なんという偶然でしょうか。
このニュースを,私は東京で聴きました。
そして,東京に来た目的の1つが,上野の国立西洋美術館だったんです。
現在,国立西洋美術館ではカラバッジョ展が催されていますが,
前日のニュースを聞いてでしょうか。
たくさんの方が見えています。
Zip!のロケの方も来てましたよ。

P1240056_20160520163440700.jpg 

それでは,常設展スペースを例にとって,
国立西洋美術館の隠れた見どころをご紹介しながら,
コルビュジエ建築の魅力の秘密を紐解いてみましょう。

1 トップライト
P1240059_201605201634407f6.jpg 
常設展1階は19世紀ホール。
天井部分には三角形の明かり窓があります。
この日のように,お天気がいいとトップライトからの自然光で,
ホール全体が明るく見えます。


2 床照明
P1240060_20160520163439a2c.jpg 

今は使われていないのですが,作品を床から照らすライトが取り付けられていました。

P1240062_20160520163439953.jpg 


3 スロープ
P1240061_20160520163821728.jpg 
コルビュジエ建築によく見られるそうです。
階段と異なり,一歩一歩進むごとにゆっくりと空間の変化を楽しむことができる,
建築的なプロムナードとなっています。


4 中3階
P1240063_201605201638208c7.jpg 
今は使われていませんが,2階に上がると中3階に上がる狭い階段があります。
小さな作品を展示するスペースだったそうです。


5 見通しの良い回遊空間
P1240064_20160520163820570.jpg 
2階はの展示室は,角を曲がると同じ景色が2度も3度も現れる不思議な空間です。
コルビュジエは巻貝のように,中心から出発して外側に向かっていくように,
コレクションが増えるたびに建物の外側に展示室を増設する,
無限成長美術館を構想していました。

P1240065_20160520163818639.jpg 
あれっ,さっきと同じ階段・・・

P1240066_201605201638190fc.jpg 
さっきと同じ景色・・・

さすがに実現はしませんでしたが,
中心からスタートして角を曲がりながら展示空間を回遊する構造を体験することができます。


6 バルコニー
P1240067.jpg 
2階から,階下の19世紀ホールに向かってせり出しているバルコニーが2か所あります。
ホールを見下ろしたり,もう1つのバルコニーを見たりすると,
この建物の複雑な構造を感じ取ることができます。

7 天井の高さ
P1240068_201605201645212df.jpg
天井には高い部分と低い部分が組み合わされています。
低い方の天井はモデュロールで決められた226cmちょうど。
モデュロールとは,コルビュジエが決めた建築基準で,
183cmのヨーロッパ人が片手を伸ばした高さ(226cm)を住宅の天井に
ちょうどよいと決めました。
日本人の基準ではないんですね。


8 独立柱
P1240072_201605201645194c7.jpg
建物は多くの円柱で支えられています。
この円柱はコンクリート製ですが,姫小松の木の枠に流して作ったため美しい木目が浮き出てます。


9 雨どい
P1240069_20160520164521263.jpg
通常は建物の外につけられる雨どいを,屋内に設置しました。
コルビュジエは室内に露出する雨どいのデザインや場所にも工夫を凝らしています。
ここでは,コンクリートの独立柱に擬態しています。


10 照明ギャラリー
P1240070_20160520164520c28.jpg
低い方の天井の上にあるガラス張りの部屋は,
屋上から取り入れた自然光を展示室に導くための回廊空間でした。
現在では人工の照明が使われています。


11 律動ルーバー
P1240071_201605201645198a5.jpg
ガラス窓の外に張り出した縦長のコンクリート製のるーばーが
リズミカルに配置されることによって,室内に入る光にも変化が出ます。
レストランすいれんのレジ付近に見ることができます。


12 ピロティ
P1240073_2016052016451870d.jpg
雨風をしのいだり,日差しを避けたりするのに便利なスペースです。
広くゆとりのある空間です。


13 柱と柱の間隔
14 外壁
P1240074_20160520172758219.jpg
柱と柱の間隔や外壁材の寸法も,モデュロールによって決められた大きさが基準になっているそうです。


順調に行けば,7月にも世界文化遺産に登録される見通し。
コルビュジエ建築は現存するもので70あまり。
そのうち,17の建築物が世界文化遺産の登録を目指していました。
この17の建築物はフランスをはじめ,
スイス、・ベルギー・ドイツ・アルゼンチン・インド・日本の7カ国にまたがります。
ちなみにこの文化遺産の正式名称は,
ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への大きな貢献-といいます。
登録されれば,大陸をまたいでの登録は初めてだそうです。
日本では唯一のコルビュジエ作品である国立西洋美術館は,
東京都心部では初めての世界遺産になるということです。
 
 

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/05/20(金) 17:29:39|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JR ユニバーサルシティ駅

P1220947.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

昨日はUSJに行ってきました。
平日で,しかもあいにくの天気だったのですが,
たくさんの人出。
ユニバ人気はすごいですね。

さて,最寄り駅のJRユニバーサルシティが実は
世界的建築家,安藤忠雄の設計とご存知の方はどれだけいるでしょうか。

安藤忠雄といえば,打ちっぱなしのコンクリート建築で有名ですが,
このユニバーサルシティ駅には,そのような構造はほとんど見当たりません。

P1220945.jpg

一番目立つのは,このテントのような大屋根です。
USJが海に面していることから,
安藤忠雄は帆船を連想して,この駅を設計したそうです。

P1220951.jpg

確かに,中央に高いマストがあり,
両側になだらかに帆が降りていきます。
このテントは,内側にあるレンズ型をした鋼材に支えられています。

P1220948.jpg

P1220949.jpg

重厚なコンクリートとは違った,
安藤忠雄らしからぬ作ですね。
帆船というのもピンときません。

みんなの夢を乗せて,
海へと飛び立つハンググライダーを連想しましたって,
今から後付けで言ってみるとか。
だめでしょうね。
 
 

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/04/29(金) 23:55:00|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建設中の球体

P1120375.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

今回は建築です。
バイクで走ってたら,建築中の建物が。
何ができるんでしょうか?
まさに,本来の意味の,

『なんがでっきょん?』

ですよね。

P1120376.jpg

球状の構造が躯体からはみ出るように,道路側に面しています。
何でしょうね?
東京のお台場にあるフジテレビ社屋の球形展望台のようなものでしょうか。
どうやら,こんなものができるらしいです。

P1120373.jpg

この球体はプラネタリウム。
高松市こども未来館だそうです。
でも,展示計画を見ていると未来館というより歴史館ですね。

P1120374.jpg

お台場のみらい館ともずいぶん違うようです。
香川県にユニークな建築が増えそうなのは,
私にとって楽しいのですが・・・

 

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/01/26(火) 05:00:00|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (260)
ライブ (203)
香川県高松市 (297)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (9)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (6)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (12)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (3)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (41)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (1)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (10)
愛媛県 (6)
高知県 (7)
福岡県 (8)
寿司 (134)
鰻 (34)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (51)
未分類 (86)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック