kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

東京竹葉亭 なんばダイニングメゾン店 (大阪府大阪市)

P1120891_20170810034044b94.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

ようやく私も夏休みです。
今年は夏の土用に丑の日が2回まわってくる年。
いわゆる二の丑です。
二の丑が8月6日だなんてご存知でした?
二の丑とはいえ,やはり土用の丑の日にうなぎを食べるなんて愚の骨頂。
私は1日遅れの7日にうなぎを食べに行ってきました。

P1120875.jpg

目指すは大阪なんばにある高島屋大阪店。
この7階にあるレストランフロアにあるのが,
鰻の竹葉亭。
東京のお店で関東風の蒲焼きを供する店です。
しばらく関西風の鰻を食べていたので,
ふっくらとした関東風が恋しくなっていたんですよ。

コースの初めはうざくから。
P1120876.jpg
キュウリの酢の物の上にうなぎの蒲焼きの短冊。
冷たいキュウリに温かい鰻です。

水茄子
P1120878.jpg
名前の通り水分をたっぷり含んだこのナスは,
大阪の名産でもあるんですよ。
揚げても焼いても美味しいのですが,
これはぬか漬けなんですね。

う巻き
P1120879.jpg 

玉子焼きの中に潜む鰻の蒲焼き。
甘みを抑えた出汁巻き玉子が美味しいんですよ。
大根おろしが添えられています。


肝焼き
P1120880.jpg 

こんな時間に肝焼きが残っているなんて,なんてラッキーでしょう。
だって,うなぎ1尾からキモは1つしか取れないんですよ。
なのに肝焼き1串に使われている肝は何尾分なんでしょうね。

P1120881.jpg 

P1120882.jpg

そしてメインの食事です。
せっかく関東風の竹葉亭に来たのに,
注文したのはひつまぶしセットだったんですよ。
だって,私はうなぎの一番おいしい食べ方は,
ひつまぶしなのではないかと思っているのです。


1膳目
P1120883.jpg 

1膳目はそのままで。
一度蒸すことによって,ふっくら仕上がったうなぎを短冊にして
ご飯に乗っけて,揉み海苔を散らせばひつまぶしです。


2膳目
P1120885_20170810034042714.jpg

P1120884.jpg 

次はネギやワサビ,山椒の薬味を添えて食べると,
味の輪郭がくっきりとします。
ただ私は山椒入れない派です。


3膳目
P1120887_20170810034040204.jpg 

P1120888_2017081003450133c.jpg

お櫃のひつまぶしをしゃもじで十文字に切って,4等分して食べてます。
3膳目は薬味を添えて出汁をかけてうなぎの出汁茶漬けのようにして食べます。
これが一番好きという方が多いようですね。


4膳目
 P1120889_20170810034500338.jpg

でも私は出汁をかけずに,薬味で食べるのが一番ですね。
出汁茶漬けもいいのですが,うなぎの味が薄められるような気がして,
ちょっと抵抗があったりするのです。
白焼きにワサビの組み合わせは当然のように美味しいのですが,
蒲焼きにワサビも陶然となる美味しさですね。
やっぱりウナギにはワサビだな~



東京竹葉亭 なんばダイニングメゾン店
大阪府大阪市中央区難波5-1-18 なんばダイニングメゾン 7F
06-6630-0115
11:00~23:00
定休日:高島屋に準ず

P1120890.jpg

土用の丑の日の鰻を食べるなんて愚の骨頂といいましたが,
実は翌日は九州・四国・近畿と台風が西日本を縦断した日。
大雨暴風警報が出ている日に鰻を食べに行くなんて,
どっちが愚の骨頂だか。
おかげで空いてましたけどね。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/08/10(木) 08:08:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

炭焼うなぎ 南風 (香川県高松市)

P1150516_201707312050169cf.jpg 

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

田尾さんがずいぶん昔の団長日記で,
南風でうなぎを食べに行った記事があったの思い出して,
三越裏の南風に行ってきました。

P1150512_20170731205015e34.jpg

南風は店構えの通り,まったく高級感無し。
安心してはいることができる庶民的なうなぎのお店。

まずは肝焼き
P1150513_201707312050138ed.jpg

肝焼きがある,ということはうなぎを丸一匹の形で仕入れて,
自分のところで裂いて捌いてをしている証拠。(最近例外もあるようですが)
しかもきちんと炭火で焼いています。
これは期待できますよね。

P1150517_2017073120501471a.jpg

注文したのはうな重。
ふたを開けると,あら素晴らしい。
丸一尾入っています。

P1150514_20170731205011725.jpg 

しかも,蒲焼きを裏返してみると,
白黒白の順番。
これは腹開きの証拠。
実はレトルトも含めて,
すでに開いた状態で加工ウナギは九分九厘背開きなんです。
肝焼きがあって腹開きで炭火焼き。
これだけ証拠があれば,この店の実直さが想像できるというものです。
もちろん私の勝手な判断ですけどね。

P1150515_20170731205011f91.jpg

うなぎは肉厚で素晴らしい弾力。
脂のノリも適度でくどくなく,
十分美味しいです。

タレはちょっと濃い目。
決して甘すぎることはないのですが,
ご飯と一緒に食べることを考えると,
その分ちょっと濃い目の方がいいんですよ。


炭焼うなぎ 南風
香川県高松市錦町2-9-33
0120-184-220  
11:30〜19:30
定休日:日祝


で,田尾さんの感想はって?
たしか,定休日に当たって食べられへんかったんちゃうかったかな。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/08/01(火) 08:08:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

四万十屋 (高知県四万十市)

P1120432.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

7月26日は土用の丑の日。
2017年は夏の土用に丑の日が2日もあるので,
うなぎ食いにとっては,たまらない年ですが,
うなぎにとっては,たまったものじゃない年のようです。

P1120419.jpg

さて,正しいうなぎ食いは土用の丑の日には,うなぎを食べないと聞きます。
なぜなら,この日はお客さんが殺到して,
並ばされる,待たされる,メニューが限定されている,
水が出ないかもしれない,おしぼりを忘れられているかもしれない,
店内がバタバタしている,厨房もバタバタしている,
職人じゃない人が焼いているかもしてない,職人もぞんざいに焼いているかもしれない。
テレビカメラが入っているかもしれない,中継がつながっているかもしれない,
イライラしている顔が全国に流れてしまうかもしれない。

イイことなんか1つもありません。
ですから土用の丑を避けて,一足早く四万十川の天然うなぎを食べてきました。
大阪からはるか400km。
四万十川のほとりにある四万十屋です。

注文したのは,
四万十川まるごと定食のご飯を
無理言って天然鰻重に替えてもらったkazumiオリジナルの特別定食です。

天然うなぎのうな重
P1120421.jpg

来ました。
本日の主役です。
これを食べるために,はるばる大阪からバイクを飛ばしてやってきたんです。
ちゃんと正一匹。
青さのお椀に肝,骨せんべいに箸休めの紅白なますが付きます。

P1120422.jpg

四万十屋では関東風に背中から開くのですが,
焼き方は関西風の地焼き。
蒸さずに焼きます。

P1120430.jpg 

ですから,決してふっくらしているわけではありません。
天然物というのもあるんでしょうけど,
身がギュッと詰まってるかのように強い弾力。
いかにも四万十で生きてきました,という感じです。
野趣あふれるうなぎでした。

養殖のうなぎに慣れてしまうと,
天然のうなぎは固く感じるかもしれません。
しかも関東風に蒸してあったり,
ファストフード店のうなぎのように,レトルトパックされたものに慣れてしまうと,
うなぎは軟らかいものと思ってしまうかもしれません。
天然のうなぎは筋肉脂質でエサも十分に取れているかどうかはその日暮らしですから,
脂のノリも養殖には負けてしまうかもしれません。
でも,体脂肪率の低いマッチョなうなぎを食べるチャンスはどこにありますか。
養鰻所のうなぎよりはありがたみがあると思うのですが,いかがでしょう。


そして,こちらが四万十川丸ごと定食のおかず
P1120423_20170726002436ac0.jpg 


真っ赤なのは川エビの唐揚げ。
P1120424_20170726002435944.jpg

ここでは川エビといえば手長エビのことなんですね。
これがなかなかの大きさ。
身はしっかりと美味しくって,
頭にも美味しいものがずい分と詰まってます。
長い手がカリッカリに揚がっていてこれは美味しいです。


青さの天ぷら
P1120425.jpg 

カワノリなんでしょうね。
海の海苔と違って磯の香りがしない分,
かなりあっさりした味に感じます。


青さの佃煮
P1120428.jpg 

磯自慢ならぬ川自慢ですね。


ゴリ
P1120429.jpg 

ゴリはハゼ科の小さな魚。
この黒い1つ1つが1匹の魚。
いかにも命を食べているのが実感できます。
卵とじなんですが,これが抜群に旨い。
シラウオにも卵とじにする食べ方がありますが,
近いですね。



P1120426_20170726002433682.jpg
天然アユの塩焼きです。
ほんのわずかにする青い香り。
頭もワタも美味しいです。



四万十屋
高知県四万十市山路2494-1
0880-36-2828
10:00~16:00
年末年始以外無休

P1120433.jpg

四万十屋は四万十川の堤防沿いに立っています。
店の前の道路をはさんで階段を下りると,
四万十川の川面です。

そうなんです。
私はうなぎを食べに来たと思っていたのですが,
実は四万十川を食べに来たのかもしれないんです。
うなぎに川エビ,青さにゴリにアユ。
すべてが天然の野生生物です。
天然うなぎだけなら,大阪でもどこかで食べることができます。
でも,このロケーションでこの内容といえば,
なかなかあるものではないと思うのです。
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/07/26(水) 09:10:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

炭焼きうなぎの 魚伊 (大阪府大阪市旭区)

P1100813.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

うなぎの季節がやってきました。
今年の土用の丑の日は2日あるんだそうですって?
なぜ今年は土用の丑が2日もあるんでしょうか。

P1100811_201707181226226a9.jpg

wikipediaによると,
土用とは立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日間のことをいうんだそうです。
ですから,もともと土用の丑の日は1年に4回はあることになります。
うなぎが話題になるのは夏の土用の日と限定
また,18日間ですから最初の6日間に当たった干支の日は土用の間に2回回ってくることになります。
例えば土用の1日目が子で始まると,
子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥子丑寅卯辰巳となって
子丑寅卯辰巳の6つは18日間で2度回ってくるんです。
ということは,土用に丑の日が2日あるのは決して珍しいことではないようですね。

P1100814.jpg

さて,土用の丑の日の混雑を避けて,
一足早くウナギを食べに,関目高殿の魚伊に行ってきました。
関目高殿は大阪にあります。
地下鉄谷町線の関目高殿駅から歩いて少し。
いきなり見えてくる創業は慶応3年の重厚な建物。
そして20人程度の行列。
車を捌くガードマン。
とても京阪沿線の大阪の下町,住宅街のど真ん中とは思えない光景が,
そこにだけあるんです。

P1100991_20170718140938030.jpg

さて,店内に入って名前を書いたら行列の最後尾へ。
店外には椅子が30脚くらい置いてますから座って待つことができます。
混雑時はカウンターが早いですね。
テーブル席は相席を覚悟しておいてください。
私は1人でしたが,テーブル席の相席に案内されました。

P1100807.jpg

まずはノンアルコービールにうなぎの3種盛りです。
八幡巻きにうなぎの燻製。小さい短冊はうなぎのやわらか煮。

P1100808.jpg

さて,メインの鰻丼特上です。
うな重は鰻が2/5尾。
うな重(上)は2/3尾。
うな丼特上は鰻が1尾入っています。

うん,確かに1尾丸々入っています。
でも,ちょっと物足りなく見えるのですが気のせいでしょうか。
身に箸を立ててみて,物足りなく見えた理由がわかりました。
厚みです。

P1100809.jpg

簡単に言うと,このうなぎは身が薄かったんです。
本当なら炎に当たって脂が溶けて,
水からの脂でジリジリと揚げられながら炎に炙られてパリッと焼きあがるのが,
関西風の地焼きです。
そのときに身が薄いとどうなるかというと,
表面のパリッパリはいいんですが,
中のふっくら層が極端な話なくなってしまうんですね。

今日のがそう。
うなぎチップスみたい。
表面はガジガジバリバリ
ふっくら層はほとんどなくって,
皮のグニグニ地帯にに到達。

P1100810_201707181233085d2.jpg

いつもそうなのか,個体差なのか。
タレももうちょっと物足りないのは,
関東風のうなぎに慣れてきたせいか。
次回はひつまむし食べよっと。


炭焼きうなぎの魚伊
大阪府大阪市旭区高殿4-8-10
06-6953-3707
11:00~14:00
16:00~21:00LO
定休日:第2火曜日


P1100812_20170718122617441.jpg

うなぎは,蒲焼きや弁当はもちろん,
う巻きや八幡巻きなどの料理もテイクアウト可能。
そのときは店内で食べる人の行列に並ばずに,裏にあるもう1つの入り口から入るといいです。

 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/07/18(火) 12:34:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

うなぎ藤田 白金台店 (東京都港区)

P1100265_201612252212134d9.jpg 

こんにちは,うどんライダーkazumiです。

東京に来たら,東京のものを食べたいでしょ。
というので,夕食は鰻・ウナギ・うなぎ~
ということで,白金台にあるうなぎ屋さん,藤田に行ってきました。

P1100266.jpg

前からこのお店はちょっと狙ってたのですが,
東京での私の行動圏と合わないので,ずっと見送っていたんですが,
ようやく食べることができました。
東京都庭園美術館からは登り坂も含めて10分くらい歩いたビルの3階。

P1100267.jpg

歩いた後はビールですよ。
骨せんべいがついてきました。

P1100268_201612252212102d7.jpg 

P1100273_20161225222250cc5.jpg

そして,お酒にう巻き。
お酒の名前は,若竹おにころしなんて物騒な名前がついていました。
う巻きがウマい! でもちょっと高い!!
ここは白金台です。
しかたありません。
シロガネーゼの皆さんは,このグレードのものを平気でランチにしてるんでしょうね。
カネガネーゼの私は,ねんに
美術館の帰りに美味しいものを食べてお酒が飲めるなんて極楽ですよ。

P1100269_20161225221209233.jpg 

本当に食べたかったのは,肝焼き。
でも肝焼きは売り切れるのが早いんです。
かわりに注文したのがこれ。
肝の天ぷらです。
ちょっと珍しいでしょ。
衣サクサクの中グニグニでした。

P1100270_2016122522120793b.jpg

さてメインのうな重です。
ふたを開ける瞬間が,一番の楽しみ。
うなぎの価格が高騰してからというもの,
うなぎは簡単に食べることのできないものきょくtになってしまいました。
極端にうなぎの量の少ないうな重も散見されます。
開けてみて,悲しいほど少なかったらどうしよう。
そんな気持ち半分,きっと大丈夫という気持ち半分で開けてみるわけですよ。

P1100271_201612252215538de.jpg

安心です。
大きな蒲焼きが3切れ。
蒲焼き1切れがうなぎ半身とすると,1.5尾ということになります。

P1100272_20161225221552dfd.jpg

もちろん蒲焼きは関東風の背開き。
一度蒸してから焼くのでふっくらと柔らかいのが関西風との一番の違い。
決して甘すぎないタレも私の好みに合います。
これは美味しいですね。
十分くつろぐことができました。


うなぎ藤田 白金台店
東京都港区白金台4-19-21 IGAXビル 3F
03-6432-5636
11:30~14:00
17:00~21:00
定休:月曜
本店は浜松にあるそうです。

帰りは品川までタクシーを使ったのですが,
タクシーの運転手さんが香川県出身。
しかも多度津の方でした。

高見島・桃稜公園・カリヨン・水田食堂などなど,
大阪から来た客を乗せたら,こんなディープな話をするなんて,
思ってもみなかったでしょうね。
私もこんな話を東京でするとは,夢にも思いませんでした。
一太郎やーい食堂や合田マリンの話なんてディープすぎる話をしながら,
あっという間の乗車時間でした。

 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2016/12/25(日) 22:33:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (267)
ライブ (204)
香川県高松市 (304)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (14)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (35)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (25)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (18)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (16)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (16)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (15)
大阪府豊中市 (35)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (5)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (19)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (141)
鰻 (38)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (53)
未分類 (89)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック