FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

手打そのままうどん 一本杉 (徳島県美馬市脇町)

P1140539.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

今回も徳島の女性誌CUから,
一本杉に行ってきました。

一本杉は高松側からだと,塩江からどんどん山の中に入って,
左に行けば88カ所の大窪寺に至る分岐を,そのまま徳島方面に進むと間もなく看板が見えてきます。

P1140540.jpg

『手打そのままうどん 一本杉』
そのままうどんとは,何でしょうね。

P1140535.jpg

こじんまりとした店内。
閉店時間が近かったせいでしょうか。
客は私1人です。

メニューを見ると,そのまま うどん(温)(冷)
とあります。

P1140536.jpg

どんなうどんなんでしょうか。
それはこれ。
ドンブリの中に麺がそのまま入っているからそのままうどん。
速い話がぶっかけうどんです。

P1140537.jpg

麺には花かつおがたっぷり。
久しぶりに嗅ぐ鰹節の香りです。
酢橘を絞っていただきましょう。

P1140538.jpg

これは美味しいですね。
酢橘のさっぱりとした酸味が,
疲れた体に心地よくしみます。

食べるとどこからかピリッとした辛さ。
どうやら予めショウガが入っていたようです。


手打そのままうどん 一本杉
徳島県美馬市脇町西俣名1071-1-2
0883-53-7748
10:00~20:00 たぶん夕方で閉めてるんじゃないかな
定休日:水曜


P1140534.jpg

一本杉から徳島川に降りると見えてくるのが夏子ダム。
そしてそのまま進むと美馬市脇町に降りていきます。 
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/08/16(水) 08:08:08|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しおたうどん (徳島県美馬市脇町)

P1140518_20170815170841167.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

脇町にまつわる積年の謎が解けたところでうどんです。
今年の夏は徳島県のうどんも食べてみようということで,
高松市に宿を取りながらも,連日阿讃山地越えで徳島に来ています。

まずは徳島家の女性誌CU2012年11月号の特集記事
『迷ってでも行きたいうどん巡り』
から,しおたうどんに行ってきました。

P1140525_201708151708404f6.jpg

このしおたうどんというのが,
分かりやすくて分かりにくいところにあるんです。
美馬市役所脇町庁舎の脇の道をどんどん山の方にあがっていくだけ。
と簡単なのですが,この道が幹線道路ではなくって,
後に狭い林道に続いているんです。
しかも,お店が結構奥の方ににあるので,
地元の人以外分からないかもしれません。
いや,ひょっとしたら近所の人しか知らないんじゃないか。
そんなところにあります。

しかも看板無し。
暖簾のみ。
暖簾には名前もなし。
しおたうどんという名前も,あっているのかどうなのか。
有名グルメサイトには塩田と漢字表記だし。

P1140523_20170815170838402.jpg

さて,閉店ギリギリの14時着。
もちろんすでにお客さんの姿はなく私1人。
きつねずしの姿はすでになく,天ぷらも1つ2つくらいしか残っていません。
ということで,冷やしうどんを注文。

P1140521_20170815170836143.jpg

んんん?
これ?

P1140520_20170815170835dac.jpg

そうなんですよ。
しおたうどんの冷やしうどんは,
麺が冷たい水に浸っていないんです。

P1140519_2017081517083835c.jpg

薬味のネギを入れていただきます。
ショウガとワサビの両方があったので,ワサビをチョイス。

素朴なお店の素朴なうどんの素朴な味。
とはあまりも情緒的な表現でしかないが,
高松から山を越えて,このロケーションで食べるうどんは,
この表現しか思い浮かびません。
香川県にこのお店があったら,
おそさぬに掲載されて人気店になっていたことでしょうね。

P1140524_20170815171200729.jpg

観光地化した香川県内のうどん店の,
本来たどるべきだった姿を,徳島県で見た。
そんな気がします。


しおたうどん
徳島県美馬市脇町段名77-10
0883-52-3204
11:00~14:00
定休:日曜

P1140522_2017081517115929c.jpg

店内には蒼彦太さんのポスター。
香川県三木町の出身の演歌歌手で,
はなまるうどんでアルバイトをしていたことも。
スタッフさんがファンなんだそうです。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/08/15(火) 18:18:18|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うだつとフナトトと脇町のなぞ

P1140496_20170815063550a66.jpg 

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

脇町に行ってきました。
脇町と書いて“わきまち”と読みます。
いまは平成の大合併で美馬市になっていますが,
以前は脇町という地方自治体だったんですよ。

で,以前から疑問に思っていたのは脇町の町長はどう呼ぶのか?
①脇町長  と書いて,わきまちちょう    なのか。
②脇町長  と書いて,わきちょうちょう   なのか。
それとも
③脇町町長 と書いて,わきまちちょうちょう と呼ぶのか。

そういえば,豊中市のことを豊中といっても問題はありませんし,
吹田市出身なのを,吹田出身ですといっても何の違和感もありません。
でもここの方は脇町出身と“まち”をつけるんですね。
脇出身とはいわない。

P1140493_20170815063549d10.jpg

長年の疑問に終止符を打つため,
旧脇町役場(現美馬市脇町庁舎)を訪ねてみました。
男性職員2人が首をひねる中,唯一自信をもって正解を出しくれたのは,
今年で定年退職になるという女性職員。
簡単に言うと,
脇町と書いて,“わきまち”と“わきちょう”の2通りの読み方があるんだそうです。
正解は②の脇町長と書いて“わきちょうちょう”と読むが正解でした。

P1140494_201708150635488e6.jpg

でも,もし脇さんという方が町長になったらややこしい話ですよねと,話を振ってみると,
過去に教育委員会の教育長が脇さんだったらしく,
もし,一念発起した教育長の脇氏が脇町長選挙に当選したら,
脇脇町長“わきわきちょうちょう”となるところでした。

P1140497_20170815063547aba.jpg

さて,脇町といえば“うだつの町”らしいです。

うだつとは,火事の類焼を防ぐために日本家屋の2階につけられた防火壁のこと。
当初は防火目的だったのが後に装飾性が強くなり,その家の財力の象徴に。

P1140499_201708150644505a3.jpg 

P1140501_20170815064449d76.jpg

慣用句の『うだつのあがらない』は,
うだつを上げることができない情けないさまの意。

P1140502_20170815064448b3c.jpg

こちらはうだつの町並みにあって,うだつの上がっていない家。



脇町は藍商で栄えた町。
うだつの町並みとして江戸時代の街並みが保存されています。

P1140503_2017081506444807a.jpg

郵便受にもうだつ



P1140506_20170815064447f73.jpg

図書館にもうだつ。



P1140513_2017081506580402f.jpg 

P1140514_201708150658033ed.jpg

近所のスーパーPALCY(パルシー)にもコンクリート製のうだつ。



P1140512.jpg 

うだつの中はこんな風になっています。



P1140504_201708150658078db.jpg 

P1140515.jpg 

 

P1120790_20170815063546a3d.jpg 

太秦映画村みたいです。



P1140516.jpg 

P1140517_2017081507104979b.jpg

というわけで,うだつの町並みの東の端にあるフナトトで小休止。
中は改装されて,喫茶・小物のお店になっています。

P1140507_20170815065806583.jpg 

P1140509.jpg

和三盆シロップのかき氷に,あずきと練乳を追加トッピング。
かき氷の中のあずきにダイレクト練乳です。
これはいい。



P1140492_20170815063550f59.jpg  
 
そういえば,脇町庁舎の隣にある脇町高校も,
普通なら脇高校なのに,ここでも“町”の字をつけるんですよね。
これも謎。 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/08/15(火) 08:08:08|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四国三郎と花火大会

P1150477_2017081417150695f.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

ここは四国三郎の名で知られる吉野川。
阿讃の山々と剣山系の間を流れる美しい川。
私が立っているのは岩津橋。

下流は右が吉野川市で左は阿波市。
P1150476_20170814171505e94.jpg

上流は美馬市。
P1150478_20170814171504d59.jpg

そして,そこから少し上流には,
こんな橋が架かっていました。
高知の四万十川では沈下橋といわれていましたが,
こちらでは潜水橋というんですね。
脇町潜水橋です。

奥の山並みが剣山系。
P1150474_20170814171503786.jpg

こちらは阿讃山脈が見えています。
P1150475_201708141715029a6.jpg

この日は脇町の花火大会。
河川敷にたくさんの屋台。
そして人。
わずかに残った陽をうけている吉野川に脇町潜水橋のシルエットが映っています。

P1150479_2017081417150137f.jpg

小さい規模の花火大会ですが,
距離が近いのでなかなかの迫力。
ただ,全体を21部構成に分割して,
1部終わるたび協賛企業の名前をアナウンス。
これがプロじゃなくって,普通のおばちゃんがつまりつまりしながら,
たどたどしく読み上げていくんです。

P1150481_201708141721169f9.jpg

で,少し打ち上げたら,今度は迷子のアナウンス。
『13歳の男の子〇〇君と××君が迷子になっています。
15歳の男の子が大会本部でお待ちです。』
それって,迷子になったのは15歳のほうじゃないの,
とか思いながらだんだんイライラしてくるのですが,
地元の方は慣れているんでしょうね。

P1150482_20170814172115ae3.jpg

今度は協賛企業を50音順でアナウンス。
ようやく『わ』まで来て,あと少しか~
と思ったら,そこから延々と続く大量の『脇町〇〇』。

P1140491_20170814204155b24.jpg

メインの一尺玉が打ち上げられると,近くて低いのでカメラに納まりきれません。
夜空の何割を占めていたんでしょうね。

P1150484_20170814172113a8b.jpg

さて,最後になりましたがこの花火大会には注意点ががあるようです。

P1150473_20170814172113d0f.jpg

特攻服での入場はできないらしいので,
みなさん注意してくださいね。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2017/08/14(月) 17:17:17|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

讃岐うどん みのだ亭 (徳島県東みよし町)

P1130506.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

P1130499.jpg 

徳島道にある吉野川サービスエリアにある,
讃岐うどんのお店,みのだ亭に行ってきました。

P1130498.jpg
 
こんなところにも鰻重が。
しかも国産鹿児島産ですって。
やっぱり養殖ウナギの値段は下がっているんですね。
ということで,
うなぎ丼・たらいうどんのセットです。

P1130502.jpg

そうそう。
徳島では釜揚げうどんというより,
たらいうどんのほうがポピュラーなようですね。

P1130503.jpg

夏の暑さに耐えながら食べるアツアツのたらいうどんです。
暑いときに熱いもの。
意外に暑気払いにはこういうのがいいんですよ。

うなぎ丼はというと,
大きな切り身が2枚。
身の幅からすると大ぶりなうなぎの1/2匹サイズ。
錦糸卵が添えられています。

P1130504.jpg

一口食べると・・・
ムムム・・・
これはいけません。
生臭いんです。
ファストフード店などで使われているレトルトパックでしょうか。

P1130505.jpg

でもこれはいけません。
川魚の臭みというより,皮の脂肪分の臭みですね。
やっぱりうなぎは専門店でちゃんと修行した職人が焼いたものがいいようです。


讃岐うどん みのだ亭
徳島県三好郡東みよし町足代1650
吉野川ハイウェイオアシス内
0883-79-5858
09:00~20:30
無休

でも,ちゃんとしたうなぎって,
高いしなあ。
しかたないか。

 
 
  1. 2017/07/30(日) 15:15:15|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (315)
ライブ (240)
香川県高松市 (394)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (20)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (41)
香川県宇多津町 (12)
香川県丸亀市 (29)
香川県飯山町 (8)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (25)
香川県善通寺市 (32)
香川県琴平町 (17)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (14)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (14)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (13)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (22)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (12)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (27)
香川県東かがわ市 (18)
香川県土庄町 (11)
香川県小豆島町 (15)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (6)
香川県男木島 (12)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (10)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (20)
香川の風景 (57)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (37)
大阪府豊中市 (72)
大阪府吹田市 (23)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (15)
兵庫県 (11)
滋賀県 (4)
奈良県 (41)
和歌山県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (12)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (6)
高知県 (14)
福岡県 (10)
寿司 (174)
鰻 (68)
神社仏閣 (59)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (39)
Perfume (71)
未分類 (126)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック