kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

甘味処 一休庵とらや (香川県丸亀市本島)

P1060482_20161110121620c1a.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

本島のお昼ご飯,
三軒目は,甘味処 一休庵とらやに行ってきました。

P1060476_20161110121619e9a.jpg

ガイドブックに載っている穴子丼1200円が目当てです。
でも,来てみたら800円。
ちょっと得した気分。

P1060477_20161110121618476.jpg

P1060478_20161110121618fd0.jpg

しかも,待ってる間は甘酒が飲み放題。
こぶんこれは閉店ギリギリだったため。
いつもそうとは限らないよね。

P1060480_20161110121617ede.jpg

来た来た,アナゴたっぷり。
しかもみそ汁付き。

P1060481_20161110121616cde.jpg

これで,添えられているワサビが,
もっと効いてたら100点。


甘味処 一休庵とらや
香川県丸亀市本島町笠島305
090-9559-9100
10:30~15:30
定休日 3~4月:月火水木
    5~7月:月火水
   8~12月:月
   12~2月:休業
 
 
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/11/10(木) 11:10:11|
  2. 香川県本島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塩飽本陣 網小屋 (香川県丸亀市本島)

P1060265.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

瀬戸内国際芸術祭もようやく終わり,
これでしばらくは,瀬戸内の島に行く機会もなくなるでしょう。
めったに行かない島々ですから,
行ったからには,ぜひとも満喫したいものです。
今回は,もう1軒の本島のうどんを紹介しましょう。

P1060266.jpg

前回の瀬戸芸では,泊港から笠島地区に行く途中。
本島小学校の少し向こうにある,
山根文化センターに,こがね製麺所の出張所がありました。

P1060267.jpg

今回はというと・・・
ないんですねえ。
出張所といっても,島しょ部では貴重なうどん屋さん。
期間限定といっても,冷凍麺でないのは貴重です。
ところが周辺には,うどんの幟が立っています。

P1060285.jpg

そこが今回紹介する塩飽本陣 網小屋です。
外見は,漁師料理居酒屋風です。

P1060271_201611091802083cb.jpg

P1060269.jpg

P1060279_20161109180658b44.jpg

ですが中に入ると・・・
うどんメニューはかけとしょうゆだけ。
なぜかピザも推しています。
肉うどんも始めたみたいです。

P1060270_2016110918020980a.jpg

壁には,とうがらし君の『ほんたかチャーハン』のポスターが。
かつて庄内半島や塩飽諸島で栽培されていたトウガラシ,香川本鷹ですね。
その香川本鷹が入った,ピリ辛のチャーハンですって。
ばら寿司も取ってと,ずいぶん豪華なお昼ごはんになりました。

P1060272.jpg

P1060276_2016110918065629b.jpg

ふと,厨房の中に目をやると,積み重ねてあるプラスチックのうどんのせいろ。
そのせいろに書かれてある3文字を見逃していたら,
私はうどんとチャーハンに舌鼓を打っただけの客になるところでした。
その3文字とは,東の里。

P1060273.jpg

うどん界の隠れ里。
うどん界の隠者の戯れ。
うどん界の秘境中の秘境。
琴南町の山奥の林道をどんどん突き進んで,
この先行き止まりと書いてある方に進むと,本当に行き止まりに店があったという,
あの東の里。

すみません,この麺は東の里から仕入れているんですか?
と尋ねたところ,
東の里は,もうやっていない。
理由は,手伝ってくれていたおばあちゃんたちが亡くなったから。

P1060278_20161109180657886.jpg

この塩飽本陣 網小屋は,
東の里の大将が,本島に移転して営業しているとのこと。
琴南の山中から,瀬戸内の塩飽諸島へ移転というのは,
ちょっとすごいですね。

P1060281.jpg

P1060282_20161109181235dc8.jpg

麺は,丸亀(に麺打ち所があるのか)でこねて持ってきて,
踏むのは本島でやっているそうです。
たしかに,座布団のようなうどん生地。
奥には麺打ち台に製麺機。
ここは間違いなく,自家製麺のうどん屋さん。
島しょ部でも貴重な,本格的なうどん屋さんです。

P1060274.jpg

塩飽本陣 網小屋が東の里の遺伝子を受け継いでいる証拠がコレ。
あの唐辛子です。
同じ琴南でも,谷川米穀店は青唐辛子,東の里は赤唐辛子でした。
これをかけうどんに,ほんの少し。
ほんの少しで十分です。

P1060275_201611091812372af.jpg

おそらくは,そう何度も来れないお店ですからね,
醤油うどんをおかわり。
こちらにも赤トウガラシをほんの少し。

P1060280.jpg

P1060284_201611091812343ca.jpg

あっちの釜ではピザも焼くんやがのぉ,
と指さすのは元東の里の大将。
その向こうには,青いネットに入った乾燥中の香川本鷹。
釜の調子が悪いそうで,業者さんに見てもらってました。


塩飽本陣 網小屋
香川県丸亀市本島町笠島579-1
0877-27-3220
10:00~(売切れ次第終了)
定休日:水曜日

P1060283_201611091815374ca.jpg

P1060286_20161109181536418.jpg

P1060287.jpg

店の前には,香川本鷹の畑。
真っ赤な爪をむき出しにしていました。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2016/11/09(水) 18:19:20|
  2. 香川県本島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

所見坊 (香川県丸亀市本島)

P1060255.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

瀬戸内国際芸術祭もようやく終わり,
これでしばらくは,瀬戸内の島に行く機会もなくなるでしょう。
めったに行かない島々ですから,
行ったからには,ぜひとも満喫したいものです。
本島のうどんを紹介しましょう。
本島のうどんといえばここを外すわけにはいきません。
泊港から歩いてすぐの,所見坊に行ってきました。

P1060258.jpg

P1060257.jpg

所見坊といえばこれです。
おぼろ昆布うどん。

P1060259.jpg

とろろ昆布ではありません。
おぼろ昆布がのった“こぶうどん”です。
とろろ昆布は,昆布を合板のように何枚も重ねて,その断面を削るのに対して,
おぼろ昆布は1枚の昆布の表面を削ってつくります。

P1060260.jpg

とろろ昆布はどんな昆布からでも作ることができますが,
おぼろ昆布は幅広で肉厚の昆布からしか作ることができません。
ですから,おぼろ昆布のほうが高級品なんです。
お店の大将も,おぼろ昆布ととろろ昆布の区別がつかない人が多くなったと嘆いていました。

こちらはアサリご飯。
P1060261.jpg

ベーコンほうれん草コロッケ。
P1060263.jpg

さっき乗ってきたフェリーが停泊しているのが見えます。
海のよく見える,いい席でした。

P1060262.jpg


所見坊(じょーけんぼー)
香川県丸亀市本島町泊494-16
0877-27-3728
9:00~16:30
定休:木金


P1060264.jpg

瀬戸内の島はネコの島。
どこからともなくやってきた1匹のネコ。
アサリご飯のアサリを1個あげたら,美味しそうに食べてました。
 
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2016/11/08(火) 19:20:21|
  2. 香川県本島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山根文化センター (香川県本島)

こがね製麺所に本島支店ができたんですって?

こんにちは,弾丸うどんライダーのkazumiです

瀬戸内国際芸術祭関連のうどんです。
粟島の次は本島です。
本島にもうどん屋さん,いわゆるうどん専門店はありません。
あるのはうどんも食べることができる店と,期間限定のうどんの店です。

グランドがあったので元々は幼稚園か保育所だったのかも

次は期間限定のうどん店。
本島中学校を過ぎて,本島小学校を過ぎてズンズン進むとY字路。
このY字路に何と 『 こがね製麺所 』 のロゴ。

ここでうどんを注文します

まさか本島にこがね製麺所が来てるとは思いませんでした。
ここは山根地区にある公民館的な施設。
丸亀市山根文化センターに行ってきました。

メニューはかけの大小だけ

トッピングは2種類だけ

野外に席があって,建物の入り口のところでうどんを注文するまでもなく,
お姉さんがうどんどうですか~
と声をかけてくれました。

キッチンは和気藹藹です わきあいあいってこんな感じ書くんや

メニューはこんな感じ。
臨時営業所ですので,ゆで麺をもってきて温め直すだけ。
うどんはかけ一種類。
天ぷらはかき揚げとチクワだけ。

かけ小とちくわ天のトッピングです

本島で食べることができる一杯。
島嶼部では珍しい冷凍麺でない一杯です。


丸亀市山根文化センター
香川県丸亀市本島町笠島100-2
0877-27-3938
9:00~麺終了
瀬戸芸期間限定です







さて,バイクだったので本島を一周。
塩飽勤番所
塩飽勤番所

幕府から自治が認められていた塩飽諸島の役所のようなところ。
200年も前の建物です。

中は畳敷きの資料館

家康の朱印状です

いまは資料館として当時の島の生活や貴重な資料を伝えています。



笠島集落
黒塀です

白壁です

石段です

古い街並みが保存されています。



夫婦倉
ふたつ並んでいます

生ノ浜にポツンと立つ廻船問屋の倉。
江戸時代のもの。
塩飽大工によるものです。



瀬戸内の島々には日本の原風景のような光景が残されています。
廃屋です

毎日数便の連絡船が発着するときだけ外気に触れる。
そのときだけ止まっていた時計が動き出します。

いい感じに蔦が絡まってます

明らかに時間の進行が違います。
何年も何年も昔から,時間が止まっていたかのようです。
本島に限らず,瀬戸内の島々はタイムカプセルのように感じます。
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/10/28(月) 19:55:00|
  2. 香川県本島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

所見坊 (香川県本島)

じょうけんぼう ではなく じょーけんぼう だそうです

こんにちは,弾丸うどんライダーのkazumiです

瀬戸内国際芸術祭関連のうどんです。
粟島の次は本島です。
本島にもうどん屋さん,いわゆるうどん専門店はありません。
あるのはうどんも食べることができる店と,期間限定のうどんの店です。

まずはうどんを食べることができる方のお店から。
丸亀港からフェリーに乗って本島で降りると,
すぐ左手にあるのが瀬戸芸のインフォメーションセンターのある本島パークセンター。

この中にある所見坊(じょーけんぼう)に行ってきました。

昔は手打ちうどんを使ってたそうですって

瀬戸芸の公式ガイドブックには,
『繁忙期には魚料理ができない場合も』
とありますが,実は瀬戸芸秋期間は繁忙期だそうで,
うどんやラーメンなどの麺類しかできないそうです。

瀬戸芸期間中は魚料理はお休みだそうです 残念

私はうどんが目的でしたので,ほっとしました。
逆に麺類ができなかったら残念な結果です。
瀬戸芸以外で本島に来ることもなかなかあるものではないですしね。

おぼろ昆布入りのこぶうどん こんぶうどんじゃなくってこぶうどん

さて,ここで注文したのは,こぶうどん。
うどんとおぼろ昆布でこぶうどん。
関西ではごくごく普通のうどんですが,香川県ではそんなに見かけるものではないようです。
うどんと昆布の天ぷらの組み合わせはよく見ますが,
うどんにおぼろ昆布というのは讃岐うどんの中では少ないんでしょうか?

タコキャベツカツ,ベーコンほうれん草コロッケ こっちにはチカラが入ってますね

おっ,揚げ物は充実。
いなりずしもあるぞ。

おかずに選んだのは,これまた珍しいいイカカツです。
イカをミンチ状にしてフライにしたもの。

この日は残念ながら曇り空

イカカツの中身はこんなの

さ,海の見える席でのランチです。
遠くに見えるのは瀬戸大橋。
その足元にはいくつのもの島々。
そういえば,テーブルには鮮やかな彩色。

テラス席のテーブルもアートです

大将に聞いてみると,以前は丸亀製麺から麺を仕入れていたようです。
丸亀製麺といっても大手セルフチェーンではありません。
丸亀市内にある犬の檻の前を通らなければならないという,ちょっとスリルな製麺所です。

やっぱり客数が不安定なのと,できるだけコシのあるうどんにしたいのとで,
今は冷凍麺を使っているようです。
このような島嶼部では仕方がないことといえます。
でもダシは自家製。
しかもとろろ昆布ではなく,おぼろ昆布を使用。
わざわざおぼろ昆布は神戸の問屋から仕入れている大将自慢の一品です。

大将『香川の人は,とろろもおぼろも区別がつかん人が多い』
といってましたが,大阪人の私でもうどんに入ってしまえばまったく区別がつきません。

瀬戸芸期間以外では,大将が釣ってきた魚料理が食べられるそうです。
本島に限らず,瀬戸芸期間以外にも島に行ってみたくなりますね。


所見坊
香川県丸亀市本島町泊494-16
0877-27-3728
9:00~16:30
定休:木曜日


ネコ1

ネコ2

ネコ3

さて,本島はネコが多い島です。
特に島の西側の海岸沿いはヒト:ネコ=1:1かも知れません。
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/10/25(金) 19:55:00|
  2. 香川県本島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (268)
ライブ (204)
香川県高松市 (309)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (15)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (37)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (25)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (18)
香川県善通寺市 (27)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (16)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (20)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (16)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (16)
大阪府豊中市 (35)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (5)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (19)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (142)
鰻 (39)
神社仏閣 (46)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (53)
未分類 (89)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック