FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

第62回正倉院展

夜の奈博です しかも雨

こんにちは,kazumiです。
今回は奈良国立博物館で行われている第62回正倉院展に行ってきました。

もう10年以上も毎年来ています  場所は奈良国立博物館

正倉院展といえば混雑を連想される方も多いと思います。ニュースでも混雑ぶりや長い行列を報じるので,そのように思われるのは仕方がないかもしれませんね。
でも,いくつかの曜日や時間帯でガラガラにすいているときがあるんです。それを知っていればストレスなくゆっくりと展示品を見ることができます。

まず,各曜日の閉館前。特に金土日曜日は閉館時刻が19:00と他の曜日に比べて1時間ほど延長されています。もちろんねらい目は,平日の金曜日の夕方です。驚くほど人が少ないです。
もう1つの隠れた大穴は,月曜日。美術館・博物館は月曜日休館が常識ですよね。ところが正倉院展中は会期間無休なんです。月曜休みと思っている人が多いので意外とすいています。

そして,数年前からオータムレイトチケットという時間限定割引チケットが発売されています。
これは閉館の1時間30分前以降に販売する当日券で,料金は700円です。
オータムレイトチケットの購入者には、記念品として昭和23年開催の「正倉院展」ポスター図案の散華型しおりがもらえます。

左のがついてきます  ここが入り口です

上の写真がオータムレイトの半券と散華型しおりです。では入りましょう。

図録の表紙も五弦琵琶です  五弦琵琶に描かれているのは4弦の琵琶なんです

今回注目されているのは,看板・チケット・図録の表紙にまで載っている螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんのごげんびわ)です。タイマイの甲羅を用い,南洋産のヤコウガイを使った螺鈿の細工が美しい美術品としても工芸品としても正倉院宝物の中でもトップクラスではないでしょうか。

しかも,この時代の五弦琵琶は世界でもこの1台だけなんだそうです。正倉院にも何台かの琵琶が収められていますがこれ以外はすべて四弦なんだそうです。
でも,この五弦琵琶に描かれている駱駝に乗った異国の人が弾いているのが四弦琵琶であるのが何か面白いですね。

館内は撮影禁止ですので,お土産の絵葉書セットでいくつか紹介しましょう。

獅子です  化石ですよね

左:伎楽面 獅子(ぎがくめん しし) 近年の修理の際に下あごの墨書きが発見され,大仏開眼会に使われたことが分かったそうです。
右:五色龍歯 (ごしきりゅうし)龍の歯という名前ですが実はナウマン象の臼歯の化石らしいです。漢方薬の一種として鎮静作用があるとされているそうです。

私はこれが一番でした  毒キノコではありません

左:蘇芳地彩絵箱(すおうじさいえのはこ) スギ材に蘇芳を塗り紫檀に似せたものです。四辺は赤と黒で斑紋を描きタイマイに擬しています。足の部分も透かし彫りに似せるなど,なんちゃって感の強い箱です
右:蓮華残欠 (れんげざんけつ)池に咲く蓮をかたどった工芸品。

穴から指で押して鏡を出すんですって
左:銀平脱鏡箱 (ぎんへいだつかがみのはこ)鏡を収めた箱ですね。黒漆の地に紋様に切り透かした金属片を貼り,上から再び漆を塗って研ぎだすことによって紋様を表す技法がとられています。

その他にもたくさんの宝物が展示されています。もう20回位は行ってますが,まったく飽きません。11月11日まで開催されています。この週末までですね。ぜひいらしてください。

おなかがすいてきましたので,うどんでも食べに行ってきます。
奈良でうどんといえば・・・ ねぇ。
スポンサーサイト



  1. 2010/11/09(火) 06:42:06|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うどん むぎの蔵(奈良県奈良市)

意外とうどん屋激戦区になりつつあります
こんにちは,うどんライダーのkazumiです。
昨日閲覧に来られました14名の皆さん,ありがとうございました。
また,よろしくお願いします。

うどんが好きでこのブログをごらんの方,今日はうどんです。
今回は,奈良県奈良市の近鉄奈良駅下車ちょっとのところにあるむぎの蔵という,
今年できたばかりのうどん屋さんに行ってきました。


イチオシということでしょうか

近鉄奈良駅を降りると,アーケードのある唯一の商店街である東向き商店街があります。
その商店街を数十歩入っていくと,左側にうどんやさん屋さんが見えます。反対側は100均のダイソーですので,すぐに分かります。それが今回のむぎの蔵です。

もう少し歩くと去年にできた「釜粋」。商店街を抜けると正面には昔からある名店「びっくりうどん 三好野」,その隣には超高速餅つきで有名になった餅屋のもう一つ隣には「麺闘庵」うどんの専門店だけでこれぐらいあります。ちょっとした激戦区の様相です。

讃岐うどんの釜粋,昔ながらのうどん食堂の三好野,秋田の稲庭うどん,群馬の水沢うどん,長崎の船頭うどんの3大うどんが食べれる麺闘庵とそれぞれ個性が異なります。

このむぎの蔵はどんなうどんでしょうか。入ってみましょう。

メニューです  メニューですよ

メニューですって

釜揚げうどんはありますが,ぶっかけ系のうどんが見当たりません。おでんや天ぷらもないところを見ると讃岐うどんとは違うようです。表の立て看には,大仏きつねうどんともち鶏天丼とありましたので,大仏きつねともち鶏天丼のミニを注文しました。

何が大仏なんでしょうか大仏きつねうどん

しばらく待たされましたので,通し揚げだったみたいですね。出てきたうどんにびっくりしました。いや~大きい。大きいですね。ドンブリも大きければ,お揚げさんも大きいです。

公美食堂のおばけを思い出しますねぇって分かります?  ご飯に対して鶏天少なすぎませんか

お揚げは甘くって柔らかくって美味しいですね。ダシは讃岐うどんではなく関西風。ちょっと甘く感じたのはお揚げさんの煮汁が混じったせいかもしれませんね。讃岐うどんではありませんが美味しくいただきました。

もち鶏天はから揚げに甘酢あんをかけた感じです。ちょっと中華が入ってますかね。もう1切れあればご飯の量にぴったりだったんですが・・・というのは,このタレが辛くって辛くってのどが渇いて仕方がありません。辛いというのはスパイシーの意味ではなく塩辛いの意味です。1口食べるたびに水がほしくなります。

奈良には他にも市内循環バスの外側に初次郎,内側に重乃井といった美味しい店があります。
また,24号線をはじめとする国道沿いには次々にチェーン店型セルフうどんが新店を出していますね。鶴丸製麺,丸亀製麺,琴平製麺とか。

奈良にもどんどんおいしいうどん屋さんができてほしいですね。
あっ,近鉄生駒のビルの中の伊賀,あやめ池の喜楽庵,田原本の荒木伝次郎とか,美味しいところもたくさんありましたね。
でわ。

奈良市東向中町11
0742-27-6088
11:00~20:00
定休:水曜日


  1. 2010/11/09(火) 06:40:31|
  2. 奈良県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薬師寺東塔内陣 特別拝観

左から東塔,金堂,西塔

こんにちは,お寺マニアのkazumiです。
とうとう,お寺マニアを名乗るようになってしまいました。
うどんのことを楽しみに来られている方,申し訳ありませんね。
基本うどんでやっていこうと思っていたのですが,ほかのことが忙しすぎるようです。
また,楽しみにして下さい。

ちょっと前のことになるのですが,奈良に行ってきました。

奈良はいま,遷都1300年を記念してさまざまな行事やイベントが開催されています。
その中には,普段見る機会が極めて少ない仏像や寺宝が公開される特別拝観があります。

その中でもやっぱり,白眉の1つといっていいのがこの薬師寺東塔の内陣の特別拝観です。薬師寺といえばなんといっても東塔ですよね。岡倉天心とフェノロッサが凍れる音楽と表現した国宝中の国宝の1つです。

今回はその初層(1階部分ですね)の内陣が公開されるというので行ってきました。

特別展のチケットです  こっちは通常の参拝チケット

同時に国宝吉祥天像の特別公開も行われていました。通常公開しているものではありませんので,ちょっとラッキーです。

これが国宝吉祥天

さて,東塔に向かいます。まあまあの行列ですね。もっと待たされるかと思ったのですが1時間以内なら良しとしましょう。実はこの内陣の特別公開が終了すると薬師寺東塔は10年間にわたる解体修理に入るのです。2030年までこの美しい姿を見ることはできないのです。

だいたい40分待ち

東塔内陣の内部

内陣の内部はこんなのです。
金属の輪がはまっている右の柱が心柱といって,塔の上から下まで貫いている柱です。
鏡で初層の天井を見ることができます。
創建当時の色彩は残っていませんが,柱や天井には極彩色で花や鳥が描かれていたはずです。

それは西塔の内陣に再現されています。東塔も当時はこのような感じだったと思います。

これは西塔内陣の内部  当時はこのような鮮やかな彩色が施されていたはず

西塔  東塔

初層が見えてます  真ん中が心柱

夕方遅くまで残ってますと,人もまばらになりこんな写真も撮れました。
東塔の外から心柱が見えています。まさに大黒柱ですね。

単なる石ではありません  

小川の橋か何かに使われていたそうです

上の白っぽい石は国宝仏足石,下の黒い石は国宝仏足石歌碑。

国宝 東院堂  東院堂にこの写真が貼ってあります

薬師寺の伽藍はほとんどが昭和平成の建築物です。当時の建造物は東塔とこの東院堂だけです。AKB48のライブがあった前日,AKBのメンバーはリハーサルを行っています。その後に撮った写真だそうです。ともちんこと板野ともみさんです。

せっかく奈良に来たのですから,もう1軒回ってきます。でわ。
  1. 2010/11/09(火) 06:35:44|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

築地 すし鮮

24時間営業ですって

Perfumeファンのkazumiです。
昨日このブログをご覧になってくださった14人の皆さん。ありがとうございます。
一昨日は閲覧数が30人と,ブログ開設以来最高を記録しました。
やっぱりPerfumeは強いですね。
タイトルにPerfumeと入れると検索数が伸びるのかもしれませんね。

皆さんに見てもらいたくないわけではないのですが,あまりあっちこっちにリンクをお願いするのはもう少し先に延ばして,とりあえずはこんな感じでやっていきたいですね。

コメントもお待ちしております。

さて,ライブの後うどん一杯では足りませんよね。
育ち盛りですから。

というので,夜の12時をまわっているのですが,深夜の築地をウロウロしていると,やっぱりありました。開いている店が。さすがに築地ですね。このような24時間営業の寿司屋が何軒もあるんです。

今回は築地のすし鮮に行ってきました。

夜食にしては豪華なセットです

夜の12時半ですがカウンターで寿司です。贅沢なものですねぇ。
左上から時計回りに,ズワイガニ,芽ねぎ,雲丹,イクラ,玉子,ボタンエビ,
蒸しアナゴ,シメサバ,アカガイ,イカ,赤身,タイ,中トロ

でも,この日は祝日。市場は休みですからネタは1日前のものでしょうか。
それとも日祝特別の仕入れルートでもあるのでしょうか。

ライブの余韻を胸の中に宿に帰って寝るとします。
あっピノ買わなきゃ。

  1. 2010/11/09(火) 05:49:25|
  2. 寿司
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (327)
ライブ (243)
香川県高松市 (416)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (24)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (43)
香川県宇多津町 (13)
香川県丸亀市 (30)
香川県飯山町 (8)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (3)
香川県綾南町 (27)
香川県善通寺市 (34)
香川県琴平町 (17)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (18)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (15)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (14)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (23)
香川県財田町 (2)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (13)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (32)
香川県東かがわ市 (21)
香川県土庄町 (12)
香川県小豆島町 (17)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (5)
香川県男木島 (12)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (12)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (22)
香川の風景 (63)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (37)
大阪府豊中市 (77)
大阪府吹田市 (24)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (16)
兵庫県 (12)
滋賀県 (4)
奈良県 (42)
和歌山県 (4)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (14)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (7)
高知県 (23)
福岡県 (10)
寿司 (174)
鰻 (76)
神社仏閣 (61)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (40)
Perfume (71)
未分類 (146)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック