kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

栄美 (香川県高松市)

栄美です

こんにちは,うどんライダーkazumiです。
いよいよゴールデンウイークです。
県内のうどん屋さんの営業状況を見ていると,連休中フル回転のお店が多いですね。

6月にも高速道路1000円が終わってしまうので,この連休が最後の大型連休高速1000円です。
たくさんの方が,うどん巡礼に来るんでしょうね。

私は4/28・29と香川にいましたが,まだ目立った混雑に出会いませんでした。
ま,私が行くところは行列とは無縁のお店ばかりですから。

さて,今回は栄美(ひでみと読んでね)に行ってきました。

メニューです

ここは,旧32号線。今はなき『高崎(いなか)』があったり,ドジョウ屋があったりで面白いところです。
赤坂も田中も元は国道沿いだったんですね。

実は栄美は初めての来店なんです。優作もそうですが,何度も何度も前は通るんですけど,
意外に通り過ぎてしまう通過店なんですね。
今回は無事来店できました。

右側のステンレスの台にはテボとダシがあります  カマタマーレのサポーターでしたか

裏に大きな駐車場があるので,裏の入り口から入りました。
裏から入ると一般店に感じますが,ここはセルフのお店です。

カウンターでかけの小を注文。
どんぶり鉢に1玉だけ入れてくれます。

後ろには湯がくための湯だまりやテボがありますので,麺を温めます。
ダシもここでかけますので,セルフ度の高いお店ですね。

かけうどんです
かけうどん 小

かけうどんです。横にあるのは吹かしたジャガイモの天ぷらです。三兄弟です。

あれっ,このダシの味は・・・

麺を一口。ん?
あれっ,これってもしや・・・
続いて麺をもうひと口。ううん・・・やっぱりこれって,そうや。

もしまちがっていたらゴメンなさい。
ここの麺。かつての琴平の名店,宮武うどんに似てます。

なめらかではあるが,人工物のようなツルツルさは感じられない口ざわり。
讃岐うどんのなかでは,意外に弱いコシ。

もしやこのねじれ具合は・・・

そしてダシの味も。
しばらく本物食べてないので自信はないんですが,
直前に高松西の宮武うどんに行ったばかりだったんで,そう思ったのかもしれません。
でも,栄美のかけうどんを食べて宮武うどんの記憶が鮮明に蘇ってきました。

店の正面です  裏にも入り口があります 出口でもいいけど

まさかと思うのですが,宮武うどんの味を一番保存できているのはここかもしれません。
たまたま,麺のコンディションが似ている時間帯に来店したのかもしれません。
も一回来てみよ。

ぜんぜんちゃうかったら,味オンチを露呈してしまうのを覚悟のブログです。
ええか。炎上するほどみな見てへんし。

高松市西山崎町208-1
087-886-0756
11:30~19:00
定休:日(祝日はやってますの貼り紙あり)
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2011/04/30(土) 12:09:47|
  2. 香川県高松市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水田食堂 (香川県多度津町)

ついに来ました 水田食堂です

こんにちは。うどんライダーkazumiです。
ついにこの日が来ました。

私の大好きな水田食堂です。
多度津の水田食堂に行ってきました。

店内は  大きいです

水田食堂のどこが好きかというと,いくつかあるんですけど一つだけ挙げるとすれば,
当時の姿をそのまま残していながら,廃れていないところなんですね。

廃れていないこと。これが私にとっては結構大事で,当時の隆盛が偲ばれる店は多々あれど,
やはりそれは残った面影を頼りに偲ぶしかないんですね。

海運業が盛んだった当時に比べると,客の数も桁違いに減ったかもしれません。
それでも,店の規模やメニューの数。行き届いた掃除なんかを見ていると,その店の矜持らしきものを
感じてしまうんです。

メニューですメニューですよ

いかにも大衆食堂といったメニューです。
ここでは,うどんだけではなく,鍋焼きや中華そばを食べてようやく“制覇”といっていいかもしれません。

かけうどんです
かけうどん

具が乗ってます

かけうどんといっても,食堂のかけうどんは,いわゆるかやくうどんですよね。
竹輪の薄切り,かまぼこに,白板。
ゆるくてやさしい麺。
ダシがいいですね。ウマイっとうならされるほどではないにせよ,しみじみ美味しい。

ホッとします。

地球人はこんな生き物を食べているのか?

そして,おかずが充実しているところも好きなところです。
種類も豊富,多種多様で,数も端から端までずらーと並んだ様は,
これから来るのであろう客足の数を暗示させるのです。

それにしても,なんでしょうこの食べ物。
何の種類の動物か,見当もつきませんね。
MM9にでてきそうな,そんな外見です。
地球外の生き物といったら,何人の方が信じてしまいそうです。

地元の方なら分かりますよね。
正解はマテガイなんです。
これ,美味しいんですよ。季節もあるかと思うんですが,あればゼヒ食べて欲しいですね。

厨房です  おかずが

ずら~っと並んでます  これが水田のオムライスか~

以前コメントをいただいたときに『今度はコレをぜひ』と薦められた一品がこれ。
オムライスです。

こんな大きな肉片が入ってました

中にはこんなに大きなチキンが入ってました。
オムライスの中身はチキンライスというのが定番ですが,最近では鶏肉がほとんど入ってなくって,
チキンライスというよりケチャップライスになっているのをよく見かけるのですが,
ちゃんと仕事をしてますね~。

ここでもまだ現役でした  みんな若いなー

またも五つ玉のそろばん発見。
歌丸師匠もまだ髪がフサフサ。こんなところで時計が止まったままになっています。

なぞの呪文です

そして私が水田食堂を好きな理由のひとつがコレです。
この看板。ついこんな風に読んでしまいます。

「しるし めしす」

何かの暗号みたいですよね。
はじめてみたときは「てるくはのる」の親戚かと思ったんですが,これが意外とハズレてなかったんですね。
もちろんみなさんは横書きに読んで下さいね。

正しくは,「めし しる すし」なんですね。

つい縦書きに読んでしまいます。
ワシだけか。

香川県仲多度郡多度津町東浜10-23
0877-32-2683
多度津港から徒歩約5分




高松なう。

いま,4月29日午前2時半すぎ。
高松に来ています。
眠い眠い。

休日出勤の代休をもらいましたので,平日ながら香川県に来ています。
明日はうどん屋さん,混んでるかなぁ。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2011/04/29(金) 02:03:59|
  2. 香川県多度津町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こんぴらうどん ライオン通り店 (香川県高松市)

高松の夜はいつもここです

こんにちは,うどんライダーkazumiです。

突然ですが,この世で一番美味しいうどんを知っています。
突然ですが,答えです。
それは,ライブの後のうどんです。

“うどん”のところには何を入れてもらっても結構です
ビールとか牛丼とかね。

ここは,こんぴらうどんライオン通り店。
数えてみれば35回目の来店です。
私にとっては,いつものココに行ってきました。

今日はこれです


過去34回のうち33回がしゃぶしゃぶ肉うどんか松茸しゃぶしゃぶ肉うどん。
たった1回だけ,細切りざるうどん。

いつもなら,メニューも見ずに『しゃぶしゃぶ肉うどん』と注文するところなんですが,
今回はこれ。メニューの1ページをドーンと独占してます。
別作って,何なんでしょうね。気になってたんです。

そのまえにこれです  やっぱり豆腐ははずせんやろ

土鍋伽厘うどんが来るまでは,やっぱりおでんです。
ここのもろ味味噌が美味しいんです。
最近はいつも豆腐です。この歳になっておでんの豆腐のおいしさが分かってきたのかな?

ぐつぐついうてます 別作 土鍋伽厘うどん

これが土鍋伽厘うどんかーっ。
湯気もうもうの,土鍋グッツグツですよ。
土鍋の底から大きな気泡が次から次にわいてきます。

分かりましたよ。土鍋伽厘うどんの正体はカレーうどんの鍋焼き版だったんですね。

もう熱いの熱くないのって  にんじんに,じゃがいもに・・・

よく見ると,唐辛子の輪切りがたくさん浮いてます。
ほかの具はニンジン,ジャガイモがゴロゴロ入ってます。
牛肉にきざんだ薄揚げ,青ネギに玉子にこの白いのは・・・

もち? もちかーっ。

これ熱いんだけちゃいますよ。
これ辛いんだけちゃいますよ。
美味いです。コクも深くって十分の美味しさ。

こんぴらうどんライオン通り店
高松市古馬場町13-7
18:00~2:30
定休日:日曜

高松の夜のうどんは,五右衛門や鶴丸のカレーうどんが定番化しているようですが, 
こんぴらうどんの伽厘うどん。
もっと知られたら,きっといい勝負するのになぁ。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

  1. 2011/04/26(火) 23:48:45|
  2. 香川県高松市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソノダバンド ルネサンス・ツアー Ⅱ(香川オリーブホール)

みんな東大出身ですって

こんにちは,kazumiです。

東京に行ってフェルメール展を見たのが4月20日。
テーマ曲を担当したソノダバンドが気になったのが4月21日。
ホームページにアクセスしてライブの日程を知ったのが4月22日。
気がつけば,4月23日(土)仕事が終わって大阪を15時出発。
途中,土砂降りの雨の中を高速飛ばして一路香川へ。
17時半には当日券を握ってオリーブホールにいました。

フェルメール展で買ったシングルCDが2曲しか入っておらず,もっと聴きたいと思ったら,
いても立ってもいられず,高松までライブにやってきたのでした。

どないです。このフットワークの軽さ。
さて,今回はソノダバンド ルネッサンスツアーⅡ高松オリーブホールに行ってきました。

ルネッサンスツアーは2日目です


ソノダバンドは主に関西出身の6人編成。
ギター,ベース,ドラム,キーボードに,バイオリン,チェロを加えたインストバンド。
そうです,ボーカルがいないんです。

そして,メンバー全員が東京大学出身。

メジャーデビュー半年のバンドと聞いていたんで,お客さんの入りを心配していたのですが,
何と驚き,会場はすでに満員。
最後尾からの参戦を余儀なくされてしまいました。

オリーブホールについて,ドアを開けた瞬間にライブがスタートしました。

クラシックを基調にロックあり,ジャジーな曲あり,ラティーナあり,美空ひばりのカバーありと,
多彩な持ち曲が次々に披露されていきます。

熱田の熱く情熱的なバイオリンが煽ります。
切ない音色で聴衆の心をも響かせる橋本のチェロ。
ヒートアップするステージの中でもあくまでも涼しげに,タクトを振るかのように振舞うバンマス園田涼。
美しい旋律をさらに艶やかに修飾する赤股のギター。
この形態のバンドでは目立つことはないが,確実に外骨格を担当するベースの牧瀬とドラムの小山田。

クライズラーカンパニーみたいなものかと思っていたら,違ってましたね。
むしろゴンチチに通じるものがあるかもしれません。
スミマセン。勝手な感想です。

セットリストは以下の通り。

1.Reflections
2.Soul River

MC

3.悲しい太陽
4.ねじれた手紙
5.上海午前零時

MC

6.すばらしき朝帰り
7.千鳥足のすすめ
8.Spanish Ecstasy

MC

9.光、透明、または情熱
10.真っ赤な太陽

MC

11.出たとこ勝負
12.走れ走れ
13.Take Me To The Party
14. ?

encore

15.C’est la vie
16.生きる

アンコールを含めて全16曲。

すでに全国ツアーの経験もあり,
美空ひばりの23回忌に際して開催された「HIBARI 7 DAYS」で7日間すべての曲のバックを任されたり,
前述のフェルメール展のテーマを担当したりと,
異例のスピードで急激に成長しつつあるソノダバンド。
耳の早いヒトからはすでに大きな支持を得ているようですよ。

高度な演奏力に裏打ちされたステージは,ボーカルなしでもまったく飽きさせることはありません。
ぎこちないMCにさらなる成長の余地がありそうです。
まあ,とにかく充実のライブでした。

物販です

お楽しみの物販ですが,お客さんの列は3階のホールから階段で1階にまで伸びていました。
高松のお客さんを心をつかんだようですね。  

サインをいただいちゃいました

バンマスは園田さんです  赤股さんは高松出身

昨年発売のアルバム『ルネサンス』のジャケットにサインをいただきました。

左から
牧瀬 崇之 (bass)
橋本 怜 (cello)
園田 涼 (keyboards)
赤股 賢二郎 (guitar)
熱田 哲 (violin)
小山田 和正 (drums)

メジャーデビュー1作目です

ギターの赤股さんは高松は番町のご出身。
今回は凱旋ライブということで,万雷の拍手と声援を浴びていました。

東大出身やったな。高高か?

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/25(月) 23:50:02|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展 (Bunkamura ザ・ミュージアム)

2008年以来のフェルメールです

こんにちは,新日曜美術館司会のkazumiです。
ウソです。スミマセン,口が過ぎました。

フェルメール展に行ってきました。
今回,東京に来たもう1つの目的はフェルメールだったんです。

平日にお休みをいただいて,
上野の西洋美術館でレンブラント展,渋谷のザ・ミュージアムでフェルメール。
そして,日本橋で吉野鮨本店で食事と,夢のような1日を送ることができました。

2008年に上野の東京都美術館で本格的なフェルメール展がありましたが,
私にとってはそれ以来のフェルメールです。

でもフェルメール展といっても,今回来日したのはたったの1枚。
『地理学者』という作品です。

チケットです  どうやらこちらのようです

それにしても,フェルメールの人気はすごいですね。
1枚の絵が来ただけで,特集を組んだ番組が私が知る限りで3つもあります。

フェルメールの真作と確認されている作品は,わずか30点余り。
ですから,1枚の絵といってもその存在感や影響力は大きなものなんでしょう。

Geographerです

           地理学者

左上からの窓越しの光に照らされる,地球儀,机の上の地図,地理学者の顔。
床に無造作に放置されている地図にも光が当たっています。

青いガウンのような上着や家具からは裕福な生活が伺えます。
当時貴重だった地図が床に落ちているのもかまわず,計算に没頭していたのでしょうか,
手にはディバイダーを持ったまま何かに気づいたように顔を上げた瞬間を巧みに切りとっています。

フェルメールの作品で男性単独で描かれているのは,『地理学者』と『天文学者』の2点だけ。

モデルは生物でも習うあの学者です

この絵のモデルは,レーウェンフックといわれています。
初めて細胞を観察したのはフックといわれていますが,生きている細胞を観察したのはレーウェンフックです。

謎の画商の役です

今回の音声ガイドは佐々木蔵之介さん。

メジャーデビュー半年の気鋭のバンドです  ここにもガチャガチャがあったんかーっ

そして,公式テーマ曲は『光,透明,または情熱』
ソノダバンドの書き下ろし曲です。
この曲がいいんです。ソッコーでCD買っちゃいました。
ソノダバンドはバイオリンとチェロの入った6人の編成。
将来伸びますよ,このバンド。

こちら入り口です  渋谷の東急Bunkamuraにあります

地理学者以外にも,シュテーデル美術館所蔵のレンブラント,ルーベンスなどの
巨匠の作品90点以上が一堂に会しています。
しかもそのほとんどが日本初公開。
地理学者も東京では初らしいです。

渋谷の東急Bunkamuraでは5月22日まで。
その後は,豊田市美術館で6月11日から8月28日まで。

ちょうどシュテーデル美術館が改築なんですって。よくぞ貸してくれました。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/04/24(日) 23:51:54|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (268)
ライブ (204)
香川県高松市 (309)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (15)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (37)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (25)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (18)
香川県善通寺市 (27)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (16)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (20)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (16)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (16)
大阪府豊中市 (35)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (5)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (19)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (142)
鰻 (39)
神社仏閣 (46)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (53)
未分類 (89)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック