FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

PEACE (香川県豊島)

すわ,豊島に新店か

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

豊島の家浦港周辺を走っていると,うどんの看板が。
瀬戸芸の期間中は,ふだんうどんを出していないお店も,観光客目当てでしょうか,
イレギュラーにうどんをメニューに加えることがあります。
すでに伊吹島会場では夏季期間中にうどんの振る舞いがあることが発表されています。

ここもひょっとしたらそうでしょうか。
豊島は家浦,うどんの看板の主,PEACEに行ってきました。

スプレーでPEACE!!

店の前にはスプレーで殴り書きしたような『PEACE』の文字,そして『ピースマーク』。
強い意志・決意・思想のようなものを感じます。
どのような方が経営されてるんでしょうか?

看板には“うどん”の文字 そしてピースマーク

でも,メニューにもピスマーク でもうどんの文字はありません

ドキドキしながら戸を開けると,おばちゃんが1人。
ちょっと拍子抜けしながら,

kz『すみませ~ん,うどん食べれますか~』
おば『・・・』
kz『表の看板にうどんって書いてあったんで・・・』
おば『はぁ,あれ,焼うどんのこと』
kz『・・・』


とりあえず,焼うどん食べて帰ってきました

ここはどうやらお好み焼きや鉄板焼きのお店でした。

香川県土庄町豊島家浦2202-1
0879-68-3437
11:00~14:00
18:00~22:00
定休:火曜日

となってますが,どうやら会期中は無休のかまえ。

牛です

途中で牛に出会いました。
 
 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/04/19(金) 19:19:19|
  2. 香川県豊島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瀬戸内国際芸術祭 豊島編 その②

お天気のいい日でした

こんにちは,kazumiです。

瀬戸芸豊島編その②です。

豊島には高速艇が泊まる港が2つあります。
1つは豊島美術館側の唐櫃。
そしてもう1つが,ここ家浦です。
家浦港に面した2つの作品を見てみましょう。

016 あなたが愛するものは,あなたを泣かせもする/
トビアス・レーベルガー

しましま

豊島にある数少ないレストラン,イル=ヴェントがその作品です。
この作品も古民家をリノベーションしたものです。

しましましま

みずたま

島キッチン以上に狭いスペースなので,昼食時には思わぬ混雑に出くわすかもしれません。
内装は第二次世界大戦中の戦艦の迷彩を参考にした直線を基調としたデザイン。

みずみずたま  みずみずたまたま

しましましましま

迷彩どころか視覚だけでなく平衡感覚や回転感覚まで乱されそうになります。


017 100年の闇ほか/木下晋
超絶技法のドローイングです

一見写真のように見えるこの作品。
実は10Hから10Bまで,
あらゆる硬さ柔らかさ,あらゆる濃さ薄さの鉛筆を駆使したドローイングなんです。


028 遠い記憶/塩田千春
ほんとうにトンネルの形をしています

家浦の港から内陸部へ,島を縦断するように貫く道を進むと反対側の甲生の浜に出ます。
島のあちこちにある廃屋から集めた建具で作ったトンネルがこの作品。
戸一枚一枚が,扉一枚一枚がかつて存在していたはずの家・家庭・歴史を想起させます。

もともとは小中学校の講堂でした  一枚一枚すべての扉が過去につながっているようです

そして,甲生の集会場だった敷地はかつて小学校だったところ。
古びた講堂や遊具が,かつては走り回っていたであろう元気な子供たちの姿まで
思い起こさせます。

あるはずもない遠い記憶を呼び起こしてくれます

かつての島の様子を知らない私にも,あるはずのない遠い記憶を呼び起こす,
奇妙なタイムトンネルです。


029 かがみ-青への想い/クレイグ・ウォルシュ&ヒロミ・タンゴ
ステルス漁船です

甲生の漁港の片隅に浮かんでいるのは鏡張りの漁船。
海の緑や空の青を映しこんで,周りの景色に同化しています。
そしてもう1か所。

よく見るとタコ壺が見えます

これも民家の中に作品があります。
ぜひとも見てほしいのは,この作品の制作過程を記録したアルバム。
そして聞いてほしいのは,こえび隊のおじさんの解説です。

豊島で一番訪れる人が少ない作品だと聞きましたが,  絆というありふれた言葉では説明できない人と人のつながりを感じます

作者,島の住民,こえび隊のみんなで協働して作成した作品。
人と人とをつなぐ気持ちのきずなを感じる,瀬戸内芸術祭ならではの作品。
豊島作品では目立たないかも知れませんが,実はこの芸術祭の精神的な中核をなす
重要な作品と感じています。


さて島を約一周すると,豊島美術館のすぐ上に出ます。 
午後は景色が色濃く見えます

時間が合えば海一面が銀色に輝きます

朝とはまた異なる棚田の表情を見ることができます。


026 勝者はいない-マルチ・バスケットボール/イオベット&ポンズ
一番低いゴールならダンクシュートも可能です よく見ると豊島の形なんですね

理屈抜きに楽しい作品です。
タイトルは『勝者はいない』となってますが,
みんな楽しそうにシュートを打っています。
みんなが笑顔になる『みんなが勝者』になれる作品です。


027 心臓音のアーカイブ/クリスチャン・ボルタンスキー
表面を焦がした杉板は瀬戸内の島のあちこちで見られます

海を臨むことができる白砂の浜にたつ焼き杉の黒板でできた小さな小屋は,
2010年の瀬戸芸の時からセンセーショナルな存在だった小さな美術館です。

リスニングルームからは海が見えます  登録者の記録が綴られています

ハートルームで鳴り響いている心臓音は  この人の心臓音です

自分の心臓音を登録するレコーディングルーム。
登録された心臓音を聞くことができるリスニングルーム。
そして,ランダムに選ばれた心臓音に合わせて裸電球が明滅するハートルーム。
の3つの部屋から出来ています。

美術館の前はこんなに美しい浜と海が広がっています

これでちょうど島一周。
春期間に見ることができるすべての作品を見ることができました。
やっぱりこのサイズの島ではバイクが最強ですね。
すべてといいましたが,豊島には2つの夏・秋公開の作品がありますので,
豊島作品をコンプリートするには,もう一度は島に来る必要がありますね。
今から楽しみで仕方がありません。
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/04/18(木) 19:20:21|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瀬戸内国際芸術祭 豊島編①

唐櫃地区独特の石の積み方です

こんにちは,kazumiです。

瀬戸芸豊島編 その①です。
何といっても豊島のポイントは豊島美術館と島キッチン。

豊島美術館はその構造上,一度に入ることができる人数が制限されてしまいます。
ですので,混雑時では時間帯別整理券が配られるかもしれません。
もし,混雑時繁忙期でしたら,船が港に着いたら真っ先にバスに乗るか
アシスト付自転車をレンタルしてください。
そして,それに乗って真っ先に豊島美術館に行きましょう。

整理券が配られていなければ,そのまま鑑賞してください。
整理券が配られていたら・・・
すぐの時間の整理券でなく,例えば1時間後の整理券をもらうというのはどうでしょう。
その間の1時間を使って,島キッチンに行くんです。
島キッチンは2010年の瀬戸芸では11月の連休で2時間待ちを記録した人気作品です。

島キッチンは作品でもあり,豊島では数少ない飲食店です。
2010年には,週末の度に大量の昼食難民が発生したんです。

ですから,
1番に豊島美術館の整理券
2番目が島キッチン
3番目に豊島美術館と見て回るのがいいかもしれません。

それでは,作品を見て回りましょう。
唐櫃浜を起点に島を一周するコースです。

025 豊島美術館/内藤礼・西沢立衛
入り口はこんな形 ゾウの鼻みたいです

2010年の瀬戸芸の閉幕2週間前に誕生した美術館です。
美術館といっても作品は1つだけ。

左から,ミュージアムショップ,アートスペース,チケットセンター

建物内部の空間そのものが内藤礼の『母型』という作品です。
内部空間では至るところで水が湧きだし,
水滴になり,流れ,合流し,
そして大きな泉に到達します。
詳しくはこちらをどうぞ。

こちらはチケットセンター 地中美術館にもつながるデザインです  チケットセンター内部も見逃すことができません

建物の設計はSANAAの西沢立衛。
建物内部だけではありません。
ゲートをくぐった瞬間からアート空間は始まっています。
風や光,草や花の動きを感じながら,いつ来ても異なる表情を見せ続ける豊島美術館。

正面にあるのはミュージアムショップ 
小高い丘を,時計回りに小径が続いています。
ゆっくりと歩きましょう。

春の花や  春の海を見ながら,ゆっくり歩いていきましょう

アートスペースが見えてきました 山つつじも咲いてます

棚田の向こうに広がる瀬戸の海。
天気のいい時はもちろん,曇った日は海と空の境目が分からなくなって,幻想的な表情を見せることもあります。
できれば,会期中の喧騒から離れた時期にぜひ訪れてみてください。

小さな方はミュージアムショップ

見逃せないのはこちらのミュージアムショップ。
西沢立衛の設計です。
アートスペースとちがって内部の撮影が可能です。

ミュージアムショップにはカフェも併設されています  光が差し込む特等席です

差し込む光が暖かそうです。


022 島キッチン/安部良
こちらが正面入り口 スタンプはここに置いてます

開放感のある野外席です

スタンプは入り口にありますので,混雑時には建物の外観を楽しむだけになるかもしれませんが,時間に余裕があれば,ぜひ中に入って『島キッチンセット』か島野菜たっぷりしっぽくそばセットを注文したいものです。
どちらも限定メニューですので早い時間がチャンスです。
この日の島キッチンセットは『鮮魚の蒸し焼き あんかけソース』でした。

今日のしっぽくそばは限定21食だ!!

こちらが島キッチンセット この日は瀬戸内のお魚でした

テラス席では隔週でいろんなイベントが催されている様子。
ぜひ島キッチンの公式ホームページもチェックしてみてください。


023 あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)/
ピピロッティ・リスト

土蔵の前にはレモンの木が植えられています

なかなかにして難解な映像です

島キッチンに寄り添うように立っている土蔵があります。
この中で映像インスタレーションが展開されています。
スクリーンの円形に合わせたように,ゆがんだ映像が不思議です。

024 ストーム・ハウス/
ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー

本当に雨漏りがするリアルさです

豊島に限らず,会場の島には廃屋となった民家があちこちに見られます。
ストーム・ハウスはその民家をそのまま使った作品です。
中に入った瞬間から感じられる懐かしいような昭和の匂い。

嵐が通り過ぎるまでの10分間を体験してください

でも次の瞬間,真っ白な稲光。
一呼吸おいて轟く雷号。
島キッチンから歩いて2分。
思わず息をのむ10分間を楽しんでください。


021 空の粒子/唐櫃/青木野枝
ずっと昔からそこにあったように背景の自然に溶け込んでいます

唐櫃の清水は香川の名水に指定されています

そして唐櫃岡の硯に向かう道にあるのが清水霊泉。
通称唐櫃の清水。
この清水の傍らには青木野枝の鉄の彫刻が佇んでいます。

空を丸く切り取ります

鉄製なのにぬくもりを感じる表情。
ぜひ,この作品の直下に立って,丸く切り取られた空を見上げてみてください。


020 トムナフーリ/森万里子
私の大好きな作品の1つです

島を一周するように作品をたどるとすると,次の作品は唐櫃岡と家浦のちょうど中間。
硯にあるのがこの作品。
『森万里子作品前』バス停から山の方へ急坂を上ると,竹林が開けて小さな沼が見えます。
その沼にあるのがこの作品。
超新星の爆発を神岡宇宙素粒子研究施設(スーパーカミオカンデ)で観測すると
その爆発の種類に応じた色の光を放ちます。
私はすでに4回来ていますが光っているところを見たことはありません。
それとも,昼間ではその光が分からないのかもしれません。
光っていなくっても竹林に囲まれた緑色の沼に立つ乳白色の存在だけで
十分な価値があります。

あれっ? この草履は こちらのかたでした

作品までの道は急坂で険しいですから,足回りだけは十分な準備が必要です。
スニーカーでも十分なんですが,でなければゴム長靴を貸してくれます。
先日は和服に草履の方がいらっしゃって,世にも珍しい和服にゴム長という,
光るトムナフーリ以上の貴重な光景を見ることができました。

  1. 2013/04/17(水) 20:28:48|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小豆島急行フェリー 第七しょうどしま丸

こんな天気でした

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

今回は瀬戸芸です。
春会場の沙弥島の次は,いよいよ本格的な島の旅です。
瀬戸芸はある意味島芸でもあります。
人気の直島や豊島は,夏期間になるとかなりの混雑が予想されます。
そこで,kazumi流の瀬戸芸コンプリート術です。

今回は豊島です。
豊島には15もの作品が出品される予定ですが,
そのうち,12の作品が春・夏・秋の3シーズン。
残りの3つは夏・秋の作品です。
じゃ,15の作品がすべてそろう夏まで待てばいいのか,というとそれはどうでしょう。
もし,豊島に1回しか来ることができない方は夏か秋かに15作品を回ってください。
でも豊島は家浦・硯・甲生・唐櫃浜・唐櫃岡の4エリアを回らなければなりません。
うまく電動機付自転車をレンタルできればいいんですが,
人力自転車では起伏が激しい豊島ではかなりきついですね。

夏は大混雑の予感がします。
豊島美術館は,その構造から入場制限が敷かれ時間別整理券が配布されるかもしれません。

秋は土日の回数が5回しかありません。
この5回のうち2~3回を本島・高見島・粟島・小豆島に充てることを考えると,
豊島は2回に分けて,夏・秋の3作品以外を春のうちに見てしまうのがおススメです。
豊島に渡るには宇野や土庄,高松から高速艇が出てますのでそれに乗ってください。

久しぶりの船うどんです

私はバイクですので高松-土庄,土庄-豊島とフェリーを乗り継ぎます。
乗り換えの時間には十分に気を付けてください。
高松7:20発~土庄8:20着で,乗り換えのフェリーは土庄8:25分発。
乗り換え時間は5分しかありません。

第二しょうどしま丸とは形の異なる売店です

メニューですね

高松~土庄間の小豆島フェリー第七しょうどしま丸の売店にはうどんがあるんです。
まずは,朝ごはん代わりの船中うどんを食べながら,豊島を回る作戦でも立ててください。

以前乗ったのは第一しょうどしま丸・第二しょうどしま丸だったんですが,
今回は第七しょうどしま丸。
私もそうですが,記録をとっているうどんファンのみなさんは,こういった場合,
別の店って数えているんでしょうか?

きつねうどんです 麺はおおみね製麺の袋麺です

私は同じ航路なら1つの計算ですけど。
さ,豊島に着きました。
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/04/16(火) 21:22:23|
  2. 船上うどん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レストラン エリエール (香川県香南町)

しかもエリエールのロゴまでティッシュと同じです

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

せっかく高松空港まで来たんです。
さぬき麺業空港店だけではもったいないので,
もう一軒。

高松空港にはうどん屋さんしかないんでしょうか。
うどん嫌いの人は?
小麦アレルギーの人はどうすればいいんでしょうか?

答えはココにチャンとありました。
レストランです。
コーヒーも飲みたいでしょ。
レモンスカッシュも飲みたいでしょ。
ハンバーグ定食も食べたいでしょ。

ということで,レストランエリエールに行ってきました。
それにしても,レストランの名前が『エリエール』?
それって,ティッシュの名前でしょ?

そこんとこ,ちょっと調べてみたら,エリエールは大王製紙の超有力商品。
ティッシュ界のトップブランドだそうです。
そして,大王製紙が冠スポンサーになっている女子ゴルフトーナメント。
大王製紙エリエールレディスオープンは
何と愛媛は松山と香川の三豊のエリエールゴルフクラブで開催されているんですって。

パソコンで『だいおう』で検索すると,出てくるのは大王製紙とダイオウイカ そしてダイオウグソクムシです

大王製紙と愛媛・香川の接点がこんなところにあったんですね。
まさか,レストランエリエールに『讃岐うどん』は置いてないでしょうね・・・

ちゃんとディスプレイにもありました

そのまさかです。
ありました。
しかも,こんなのが。

ワカメまで乗ってるじゃないですか

じゃこ天うどん。
じゃこ天は愛媛県,うどんは香川県の名物です。
まさかの,大王製紙レディスオープン開催2県の合体技だったんです。

麺は冷凍かな?

うどんは冷凍麺かもしれません。
でもじゃこ天はあっと驚きのクオリティ。
かじると小骨がコツコツと歯に当たります。

まさかの片面揚げでした

エリエール
香川県高松市香南町岡1312-7
高松空港ターミナルビル2F
087-835-8168
6:30~18:45
年中無休

6:30オープン!!
そんじょそこらのうどん屋さんより,よっぽど早いじゃん。
 

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2013/04/15(月) 20:02:20|
  2. 香川県香南町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (315)
ライブ (240)
香川県高松市 (394)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (20)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (41)
香川県宇多津町 (12)
香川県丸亀市 (29)
香川県飯山町 (8)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (25)
香川県善通寺市 (32)
香川県琴平町 (17)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (14)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (14)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (13)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (22)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (12)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (27)
香川県東かがわ市 (18)
香川県土庄町 (11)
香川県小豆島町 (15)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (6)
香川県男木島 (12)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (10)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (20)
香川の風景 (57)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (37)
大阪府豊中市 (72)
大阪府吹田市 (23)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (15)
兵庫県 (11)
滋賀県 (4)
奈良県 (41)
和歌山県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (12)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (6)
高知県 (14)
福岡県 (10)
寿司 (174)
鰻 (68)
神社仏閣 (59)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (39)
Perfume (71)
未分類 (126)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック