kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

たか (香川県高松市)

うどんとは書いていませんが,ちゃんとうどんがあります

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

今回もうどん食堂です。
とっておき中のとっておき。
高松市内でもめったに見ないうどん食堂です。

このブログでも初めて紹介するうどん食堂,たかに行ってきました。
谷岡食堂と違って,小さいつくり。
水色のテントに白く染め抜かれた紺地の暖簾。
暖簾界のHi-Standardといってもいいでしょう。
店頭にはたくさんの植木鉢。
いかにもおばちゃんの趣味っぽくていいですね。
この日もずいぶん暑かったですね。
簾ががんばって,陽を遮ってくれています。

店はこんな感じ ええ感じです

店内に入るとデコラ貼りの長テーブルに丸椅子です。
小上がりがあってテーブルが2つ。
1つは壁に密着しているので1.5脚ですね。

この出窓のおかず棚こそが食堂の証です

カーテンの奥には台所。
キッチンではなく台所。
出窓のように出っ張ってるのは,おかずが並ぶショーケース。
大衆食堂の1つの特徴ですね。

昭和レトロなんて使い古された言葉なんて吹っ飛んでしまうほどのいい感じの店内。
確かに古い。
古いが不潔感が微塵も感じられない。
隅々まできちんと掃き清められてあって,いつ来るかもしれぬ客を根気よく待つ。
古くなっても,昼時になのに客が来なくっても,キチンとすべきことはキチンとする。
お店の方の矜持を感じます。

メニューは壁に貼ってます

こんな時に食べたくなるのは,からだにやさしい玉子とじうどん。
月見うどんではなくって玉子とじですよ。
見てください,この玉子の量です。

フワフワ玉子でうどんだかご飯だかわかりません

何個使ってるんでしょうか。
あまりにも玉子の量が多すぎて,
あまりにも玉子がふんわり過ぎて,下の麺が見えません。

麺は近所の天野製麺所からですって

めったにこんなことはしないんですが,お箸で麺を持ち上げてみました。


たか
香川県高松市木太町1983
087-834-6932
 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/07/31(水) 06:55:00|
  2. 香川県高松市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷岡食堂 (香川県塩江町)

昼間とは全く違う印象ですね どっかの料理旅館みたいです

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

島を回ったり,うどん屋さんを巡ったり,
カニと戯れているうちに,時間も遅くなってしまいました。
もう夜です。
夜でもやってるようなお店,なかったでしたっけ?

そこでひらめいたのがココ。
塩江の谷岡食堂に行ってきました。

塩江街道を南へ進むにつれて,空気がひんやりしてきました。
昼間の灼熱地獄のような気温とは別世界です。
いくら山間部といっても,標高差でここまで気温が下がるはずがありません。
阿讃山地といっても所詮は低山です。
気温の低下は水分ですね。
山が持つ水。
土や木やコケが保水している水分の気化熱によるものです。
天然のうち水効果ですね。

夜になると街灯以外は真っ暗になる塩江ですが,砂漠の中のオアシスのように夜も開いてるお店です

あれっ?
この日の塩江には雨が降ったようですね。
路面がぬれています。

さて,谷岡食堂に到着です。
普段訪れるようなうどん食堂と違って,立派な建物。
大きな駐車場。
正面にはド~ンと桐の御紋。
格が違います。
式が違います。

いつから鍋に入ってるんや,と言いたくなるおでん 考古学的価値が出そうです

でも一歩店内に入ると,目の前には煮詰まったおでんに
ヤマアラシのように串が立っています。

メニュー表 どっちが表かわからんけど

メニュー裏 どっちが裏かわからんけど

メニューも極々自然なうどん食堂。
値段も桐の御紋とはかけ離れて庶民的。
夏季限定でざるうどん,平日限定特製中華,正体不明のかやくうどん。
いろいろ迷った結果,なぜか鶏うどんを注文。
そして,ライダーの味方は0.00%のドライゼロ。
そして写真を撮る間もなく食べてしまったおでんが2本。

最近ノンアルを置いてる店も増えましたね

来ました来ました,これが鶏うどんです。
鶏の切り身がゴロゴロと6・7個。
ささ身の部分もあれば皮も入ってます。

ささ身もうまいけど,やっぱり鶏は皮 皮あたりの甘い脂肪が溶けると,深い旨みがしみだします 鶏が嫌いやて? 食べなあかんで 食べな

ネギは刻んでるものより,これくらい長い方が芯の甘みが感じられていいですね。
シイタケが3片にカマボコが1枚。
麺はどこから仕入れたんでしょうか。
近所の佐藤製麺でしょうか。

暑い日が続くのは,大阪も高松も同じですね。
高松の奥座敷,塩江は天然クーラー全開です。
水分をたっぷり含んだしっとりとした涼風はクーラーの比ではありません。
プチ避暑にいかがですか?


谷岡食堂
香川県高松市塩江町安原下中徳1555-1
087-897-0300
11:00~20:30
定休:月耀
 
ここをもう少し南に上ると,川を横切る小さな橋があります。
この橋を渡って,どんどん奥に行くとまさに日本の原風景ともいえる場所があるんです。
隠れ里みたいに集落があって,でも道は細いので車はどうかな?
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/07/30(火) 18:55:00|
  2. 香川県塩江町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハクセンシオマネキ

実際に足を踏み入れると,結構ゴミだらけ 

こんにちは,kazumiです。

香川県坂出市内の某所です。
昔は小さな漁港だったと思われる小さな港。
この港のすぐそばにこんなところが。

潮が引くと冒頭の写真のように小さいですが干潟ができます。
この干潟に立って,じっと息をひそめていると・・・




出てきました。
カニです。
無数の小さいカニが,巣穴から出てきました。
いくつか種類の違うカニがいるようですが,
写真はハクセンシオマネキ。

干潟にはチゴガニ,少し上がって県道脇にはアカテガニなんかが見られます

ハクセンシオマネキに限らず,スナガニの仲間は干潟に穴を掘って生活をしています。
干潟面積の減少とともに絶滅が危惧されています。
ということで,場所は秘密です。
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/07/30(火) 06:55:00|
  2. 香川の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんぴらうどんライオン通り店 (香川県高松市)

1回100円ですが,実際にやってる人,見たことありません

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

香川の夜はうどんです。
高松の夜はうどんです。

高松深夜のうどんといえば,ココでしょう。
久しぶりにこんぴらうどんライオン通り店に行ってきました。
この時期になると,毎年店の前に置いてあるのが冒頭の写真のヨーヨー釣り。
毎年ブログ記事のトップにしてます。

まずはノンアルコールビールとおでんが2つ。

今日は大根と豆腐です 辛子酢味噌がツーンと鼻にきます

そして国内トップクラスと勝手に私が思っているばってらです。
サバをサバくところから大将の自家製です。

国外にこれ以上のものがあるとは思えないので,世界一(当社比)です

こんぴらうどんライオン通り店といえばこの細麺です。
中華めんの太麺よりもまだ細いんちゃうか。
それぐらい細いです。

県内でも,ここまで細いうどんは少ないですね

そしてココに来たらこれでしょ。
しゃぶしゃぶ肉うどんです。
讃岐牛の薄切りがドッサリ。
まだ赤いところが残っています。

赤いとこがンマイ!!

このしゃぶしゃぶ肉を,先に全部食べるのが私の流儀。
でも1枚残すのがポイント。
残った1枚からは肉のうまみがダシにしみ出します。


こんぴらうどんライオン通り店
香川県高松市古馬場町13-7
087-823-4477
18:00~翌2:30
定休:日曜

一滴残らず出汁を飲み干すと,もうお腹はタプンタプンです。
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2013/07/29(月) 05:55:00|
  2. 香川県高松市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人魚姫 南果歩×小野寺修二(カンパニーデラシネラ) @高松港

波打ち際の浜辺を舞台に,言葉と行為の関係性を問い直す一期一会の物語

こんにちは,kazumiです。

瀬戸芸関係が続きます。
今回はE31 『人魚姫』 に行ってきました。

このイベントは童話『人魚姫』を基にした野外演劇。
主演は南果歩さん。
他に,田村一行,竹内英明,児島功義,藤田桃子
そして,演出の小野寺修二さんも出演されています。

まるで触れ太鼓のようです

南果歩さんと小野寺さん以外のメンバーが太鼓を叩きながら
高松港のテント広場に集合していた100人の観客を会場まで導きます。

後ろを向いているのが田村さん 大駱駝艦の所属です 暗黒舞踏の方でした

イスとテーブルがすでにセットされています。
4人の宴のシーンに始まって,青い衣装に包まれた南さんが登場します



『海がどこまでも見渡せる明るい満月の夜でした』



王子に恋する人魚姫が海の泡になるまでの悲しい物語はそのままに,
自在に身体をあやつり,内包された複雑な心理を表現する素晴らしいパフォーマンス。
お芝居というより,身体表現。
そこに潜むおどろおどろしさは暗黒舞踏に通じるものがあります。
すべての公演が海辺。
海の見えるところ。
潮のにおいの感じるところで催されます。

すばらしい公演でした。

鬼気迫る表情の果歩さん

とくに田村一行のソロパートは今回の見どころの1つでしょう。
豊島・女木島・男木島での公演は春期間に終了。
夏期間はこの高松港公演で終わりなんですね。

次は秋期間。
10/5 本島公演
10/6 粟島公演
の2公演。
パスポートを提示すれば無料です。
先着100名ですので遅れないように。

ちなみに私は劇中,南果歩さんに背中をたたかれました。
 

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/07/28(日) 06:55:00|
  2. 観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (268)
ライブ (204)
香川県高松市 (309)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (15)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (37)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (25)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (18)
香川県善通寺市 (27)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (16)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (20)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (16)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (16)
大阪府豊中市 (35)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (5)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (19)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (142)
鰻 (39)
神社仏閣 (46)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (53)
未分類 (89)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック