FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

水田食堂 (香川県多度津町)

P1340396_201904080445209a2[1]kz

こんにちは。弾丸うどんライダーkazumiです。

ようやく春らしくなってきました。
西日本は寒の戻りのおかげで満開の桜で新学期を迎えられそうです。
東京でも満開だった桜が一週間も保たれていました。

P1340392_201904080445192cb.jpg

4月に香川県に来ていたのです,どうしても寄っておきたい水田食堂に行ってきました。
水田食堂は大衆食堂。
色々なおかずが置いてあって,客はご飯を注文しておかずを自由に取って食べるというシステム。自分で自分の定食を組み合わせると言った方が分かりやすいでしょうか。ご飯ものは白飯だけでなくカレーやチキンライス,丼物まで置いています。
ビールもお酒もあるので,おかずをつまみにして一杯飲むこともできます。

もちろんうどんもあります。

ブームも終わりかけの,最後尾から出発した私にとって,『恐るべきさぬきうどん』の追体験はままならぬものでした。けっこうな数の店が廃業されており,いくつかの魅力あるお店は,その様子が変わっていました。大きな駐車場ができていたり,内装がきれいになっていたり,鈴木さんはもういなかったり。

讃岐うどんブームを牽引した先達のみなさんが,このタイプのお店を『うどん店』と認定しなかったことは私にとっては幸いでした。これらのうどん食堂の多くはうどんファンの多くからは顧みられることがなかったのでしょう。もし『うどん店』として全店制覇攻略本に掲載されていたら,うどんマニアやうどんファンの皆さんがひと通り来店されていたことでしょう。県外からもたくさんのお客さんが来てくれて,お店が繁盛する点ではもちろんその方がいいに決まっています。これらのうどん食堂はブームから取り残されたおかげでブーム当時の変わることなく今もあり続けています。うどん食堂はブームという進化に取り残されたガラパゴス的なもの。または,進化の早い段階で2つの道に分かれて,それぞれ別の進化を遂げた有袋類のようなものではないか。私にはそんな風に思えるのです。

P1340378.jpg

注文したのはかけうどん。
もちろん店の大将が打った麺ではありません。よそから仕入れてきた麺です。その製麺所はそのうどんを朝に打ったとしましょう。そうすると私が食べたうどんは打ってから10時間以上経っていることになるわけです。当時のファンの皆さんはこんなうどんを『死後10時間』と呼んでいました。もちろん当時は私もそういう価値観でうどんを見てました。

今でも,全店制覇攻略本はうどんを主体としてない飲食店は掲載されていません。スダチを使っているかどうかで激しい議論がネット上で交わされているときもありました。粉の種類や加水率などを事細かく分析して自分の眼の力を,または舌の力を他人と差別化する分析家のようなマニアもいました。当時は私もそういう人をスゴイと思ってました。

P1340382.jpg

今は,水田食堂のかけうどんを目の前にして,死後何時間なんて揶揄するつもりはまったくありません。
10年以上前から同じ笑点のカレンダーが吊ってあります。しかも歌丸さんが若い。髪の毛もふさふさとはいえないまでも,しっかりと残ってます。
しっかりと残ってるのは歌さんの髪の毛だけではありません。タイムカプセルのように店の中にブーム以前の空気が取り残されたままになっています。これを感じることができるお店は,県内でも減っていくことはあっても増えることはないでしょう。
この空気を感じることができただけで充分です。
何時かの将来にこれらのお店は廃業するときがきます。水田食堂も文化財にならない限り,必ずなくなる日が来ます。気が付いたときには,このタイプのお店は絶滅してるかもしれない。ネットにはブログや画像が残っていますが,ネット以前の記憶は人の頭の中にしかありません。そして人が死ぬ度にその人の頭にしか残っていない記憶や記録は再現できなくなります。お寺とか神社なんかに残すべき価値のあるものは残るんです。でも,その価値がないものは何の記録もないままなくなってしまうんです。


水田食堂
香川県多度津町東浜10-23
0877-32-2683
08:00~20:00
定休:日曜

ネット以前のうどんの記憶を柳田国男のように収集できればいいなあと思っていたことがあったんです。遠野物語のうどん版ですね。もちろん私の力では無理。これを本気でやろうとしているのが田尾さんとはなまるうどんの『さぬきうどん未来遺産プロジェクト』。これを読むと,讃岐うどんの源流はもちろん製麺所であると感じます。本流が後に製麺所うどん店になるとしたら,うどん食堂は支流にあたります。しかも上流のかなり早い段階で別れた支流ということになります。うどん食堂のうどんは偽物でもなければ亜流でもない。人気の少ない支流なんです。

P1340388.jpg

本当のうどんタイムカプセルは,こんなところにもあると思うですね。
 
 
スポンサーサイト



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/04/08(月) 08:00:08|
  2. 香川県多度津町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (315)
ライブ (240)
香川県高松市 (393)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (20)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (41)
香川県宇多津町 (12)
香川県丸亀市 (29)
香川県飯山町 (8)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (25)
香川県善通寺市 (32)
香川県琴平町 (17)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (14)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (14)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (13)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (22)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (12)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (27)
香川県東かがわ市 (18)
香川県土庄町 (11)
香川県小豆島町 (15)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (6)
香川県男木島 (12)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (10)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (20)
香川の風景 (57)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (37)
大阪府豊中市 (72)
大阪府吹田市 (23)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (15)
兵庫県 (11)
滋賀県 (4)
奈良県 (41)
和歌山県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (12)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (6)
高知県 (14)
福岡県 (10)
寿司 (174)
鰻 (68)
神社仏閣 (59)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (39)
Perfume (71)
未分類 (126)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック