FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

彩華ラーメン 本店 (奈良県天理市)

P1380845.jpg

こんにちは。弾丸うどんライダーkazumiです。

彩華本店に行ってきました。

彩華ラーメンは私が心を許す数少ないラーメンの1つ。
私はラーメンを食べません。
でも彩香は別。
令和に入って初めてのラーメンです。

私は奈良に8年間住んでいましたが,このラーメンを何杯食べていたことか。
私のとってのソウルフードです。
急に食べたくなって千里中央から70km。
彩華ラーメンの本場。奈良県の天理市まで行ってたんです。


彩華ラーメンの小
P1380838.jpg

白菜タップリ。
豚肉やニンジンも入っているんですが,ほとんど見えません。
もはや白菜ラーメンといってもいいでしょう。
タップリなのは白菜だけではありません。
ニンニクもたっぷり。

P1380839.jpg

でもその上にさらにおろしにんにくを追加。
小さじに3倍。完全にニンニク白菜らーめんです。


ギョーザ
P1380843.jpg


チャーハン
P1380841.jpg


超満足セットになりました。
P1380835.jpg


彩華ラーメン 本店
奈良県天理市岩室町91
0743-63-3165
11:00~27:00
年中無休



彩華ラーメンを食べると,当時のことを思い出します。ひょっとしたら,何かを思い出すために彩華に来ているのかもしれません。私は齢をとってしまいましたが,変わらないとこもあるはずです。奈良の町もほとんど変わっていません。少しは変わっているんでしょうけど,その違いに気が付かないのかもしれませんし,ひょっとしたらむかしの姿を思い出せないのかもしれません。

P1380847.jpg

ニンニクをたっぷり入れると腸内の悪玉菌が死滅するのはいいんですけど,善玉菌まで死んでしまうんですね。翌日お腹壊したりするのも昔と変わっていませんね。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/07/07(日) 00:00:00|
  2. 奈良県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うどん処 松 (大阪市東淀川区)

P1380362.jpg

こんにちは。弾丸うどんライダーkazumiです。

『今ちゃんの実は・・・』の人気コーナー,銭湯中心の〇〇は実は。
7月3日放送は淡路。淡路島ではなくって東淀川区の淡路です。淡路はいまや新ラーメン激戦区だそうです。放送でも取り上げられたうどん処松に行ってきました。

私が食べたのは,ウニ醤油うどん。
名前だけ聞くと,醤油うどんに生ウニが乗ってる,なんて思うでしょ。
私もそう思っていました。

P1380350.jpg

ところが,出てきたのはコレ。
うどんに乗ってるのは刻み海苔。ウニは別盛りなんだ,と思って傍らを見ると小皿にオレンジ色の液体。
じつはこれがウニ醤油。ウニの風味を醤油に移したお店オリジナルのウニ醤油なんです。

P1380354.jpg

P1380351.jpg

これをどうするかというと,別添えの生ウニをこのウニ醤油に入れろというんですね。ちょっともったいない気がするんですが,贅沢うどんですから仕方ないです。あくまでも主役はうどん。今回のウニの役割は調味料ですからね。でも,やっぱり贅沢。
生ウニを入れて軽くかき回すと,より濃厚になったウニ醤油のできあがり。

P1380355k.jpg

これをうどんに回しかけると,ウニ醤油うどんの完成です。

P1380357.jpg

薬味のように,キュウリの細切り,刻みネギ,天かすが添えられていましたが,私は使いませんでした。
ウニの香りを楽しむのは,刻み海苔ですら邪魔に思えたからです。

P1380359.jpg

でも,キュウリは相性良さそうなのでウニのお供にはいいかな。


うどん処 松
大阪府大阪市東淀川区東淡路4-17-9
06-6322-0831
11:30~15:00
17:30~21:15
定休日:第1・第3火曜

これはウマい。
それはそうです。美味しくない要素がどこにもありません。
思ったより塩辛かったので,ウニ醤油の量は調節しながらの方がいいですね。
でも,残すのはもったいないでしけど。

お値段は900円。
贅沢うどんですから仕方ないです。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/07/04(木) 11:12:13|
  2. 大阪府大阪市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

半夏生:うどんの日 

P1380814.jpg

こんにちは。弾丸うどんライダーkazumiです。

7月2日は半夏生。

P1380812.jpg

半夏生を検索してみました。ここからは以前のブログの採録です。

半夏生とは・・・
●田植えが終わって一休みする
●天から毒気が降ってくる
●だから井戸にふたをしたり,その日に採った野菜は食べない

じゃその日には野菜を採らなきゃいいのに。
でも,一番はこれ。

●ハンゲという妖怪が徘徊する
結局は,その日は農作業をしないという点では共通ですね。

とにかく,なにか理由をつけて働かない日を作ったような感じでしょうか。

●近畿地方の一部地域ではタコを食べる。
父の出身の淡路島や母の出身の東大阪,自宅の大阪市旭区にもそんな風習はなかったので,
私たち一家は“近畿地方の一部”ではないようです。

P1380815.jpg

●讃岐の農村ではうどんを食べる習慣がある
おそらく香川県では毎日のようにうどんを食べる人が多いですから,
その日1日だけうどんを食べる習慣がある,というのもどうかと思いますが。
香川県製麺事業協同組合が7月2日をうどんの日に制定していることからも,
この日はうどんを食べる日,なんでしょうね。

P1380816.jpg

あさりバラ天ぶっかけうどん
ここは江坂の西にある丸亀製麺小曾根店。
今日はここでうどんの日を過ごしましょう。


讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺 小曾根店
大阪府豊中市小曾根4-765-1
06-6336-2170
11:00~22:00
年中無休


香川県に来れないので,半夏生疑似体験です。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/07/03(水) 14:15:16|
  2. 丸亀製麺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新保屋 (大阪府豊中市)

DSC_1114.jpg

こんにちは。弾丸うどんライダーkazumiです。

豊中市役所前の新保屋に行ってきました。
辛味大根入りましたの張り紙に誘われてしまいました。

二八の大。

DSC_1108.jpg

新保屋は福井県三国町にルーツがある越前おろしそばのお店。
二八だけでなく,四六や十割から選ぶことができます。
辛味大根は越前おろしそばには欠かせませんからね。普通の大根と違って辛い辛い。ワサビのような辛さをもつのが辛味大根です。でもトウガラシの様なホットな辛さではないんですね。舌がしびれるような辛さと違ってツンと鼻に来て涙が出そうになる辛さ。

DSC_1112.jpg

そばは手切りですね。幅にばらつきがあるのはご愛敬。


新保屋
大阪府豊中市中桜塚3-10-3
06-6852-6017
11:30~14:30
17:00~19:00
定休日:日曜・祝日

久しぶりに福井,行ってみよっか。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/07/02(火) 11:00:00|
  2. 大阪府豊中市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瀬戸内ガストロノミー/EAT&ART TARO (香川県女木島)

P1360986.jpg 

こんにちは。弾丸うどんライダーkazumiです。

女木島に行ってきました。

瀬戸内ガストロノミーに行ってきました。
食をテーマにした作品をつくるEAT & ART TAROさんの食べるアート。レアンドロ・エルリッヒの『不在の存在』に併設されたレストランイアラ女木島がその会場です。

P1030974_20190630141512006.jpg 
2016年 本島での様子 ネコも島スープが気になるようです


EAT & ART TAROさんといえば,2016年の瀬戸芸で
沙弥島では万葉のころを思う千年スープ(millennium soup)
伊吹島では副産物だけで作った副産物スープ(by-product soup)
そして本島は岡山と香川の文化が混ざり合った結びのスープ(connection soup)と,
春・夏・秋の3つの期間で3つの島スープを展開。


 P1190380_2019063014151175f.jpg
2016年 沙弥島の千年スープ


すべての会場で連日の長蛇の列。島に着いたら『まず島スープに並べ!』が全作品性を目指すコンプリーターの合言葉でありました。

P1260513_201906301415111db.jpg 
2016年 伊吹島の行列 2便目に来た人は明暗が分かれたようです。


こうして,瀬戸芸ファンの心も胃袋もガッチリつかんだEAT & ART TAROさんの新たな作品が瀬戸内ガストロノミー。
12畳くらいの大きな和室に通されると,イスとテーブルがセットされてあって,正面には大きなテーブル。そしてその傍らには大きなモニターがつりさげられています。キッチンはその奥にあるようです。

P1360820.jpg

席に着くとテーブルにはすでに何物かが置いてあります。それは紙に覆われて紙の帯で留められています。紙の帯の一端は1個の小石が置いてあって,まるで封印されているみたいです。

P1360818.jpg

一人一人にお茶(高瀬茶だったかな?)が出されたところで,TAROさんが出てきました。
TAROさんはこの瀬戸内ガストロノミーの趣旨・内容についての説明をはじめます。天井から吊られたモニターには,

P1360822.jpg

『お越しいただきありがとうございます。
瀬戸内ガストロノミーは,ここで料理を仕上げていくので
それを見ていただきながら食べていただきます。』
30分間おつきあいください。』の文字。

一品目は『グリーンサラダのマヨネーズソース』

スタッフが目の前にあった小石を取り除いてくれます。覆われていた紙を広げるとそこにはアスパラ,きゅうり,セロリ,スナップエンドウ。

P1360859.jpg

TAROさんの説明が始まります。
野菜は県内産であることはもちろんのこと,マヨネーズも自家製もので,玉子は県内の養鶏場から,そしてお酢は仏生山にある醸造所でつくられた吉の酢が使われています。


『グリーンサラダのマヨネーズソース』

P1360866.jpg

スタッフさんが一人一人のテーブルに来てマヨネーズソースをドロップしてくれます。
私,あんまり緑の野菜が好きではないのですが,このお話を聞いたらセロリだって食べることができました。マヨネーズは市販のものよりも酸味がすくなく優しい味。野菜の茹で具合もちょうどいい感じ。

この一品で,瀬戸内ガストロノミーの全貌が明らかになってきました。 
瀬戸内ガストロノミーは体験参加型の30分間の料理ショウ。

1 地元の食材を優先して使う
2 その理由や由来をTAROさんがお話してくれる
3 最後の仕上げを目の前で行う
4 食べる

ランチを食べながら,瀬戸内のこと,島のことを知ることができるという,TAROさん曰く,授業型のランチです。


二品目は『風がつくったローストポーク』

女木島の風を利用してセミドライにした豚肉とセミドライのトマトが使われています。
女木島ではニンニクの栽培が盛んなんだそうです。TAROさんから初めて聞きました。その島のニンニクを使って風味付けを行っています。そういえばイアラのそばの民家でも,ニンニクをザルに入れて干している光景を見ました。

最後にTAROさん自身の手でレモンピールをおろして仕上げます。

P1360889.jpg

食べている間もTAROさんの話は続きます。
女木島は高松からフェリーで20分のところにあります。お互いの対岸からよく見える距離あるのですが,冬になると女木島には強い風が吹き付けるのだそうです。この風をオトシというそうです。そしてその風や巻き上げられた海のしぶきから家を守るために積み上げられた石垣をオーテというそうです。


『風がつくったローストポーク』

P1360894.jpg

モニターには豚肉を干している様子や,オトシが吹き荒れる島の様子が流されています。食材の地産地消だけではなくって,地域の文化,風習,生活までがこの料理の中に込められているようです。

P1360899.jpg 


P1360902.jpg 




次にTAROさんが持ってきたのは何でしょう?
ドーム型のもので蓋がしてあって中は乳白色に濁っています。

P1360910.jpg

TAROさんが蓋を取ると中から煙が出てきました。
『ほ~』とか『おぉっ』とか。客席からは感嘆の声。

P1360922.jpg 

煙の名から出てきたのは鰆。
魚偏に春と書いてサワラ。その名の通り,春が旬の魚であり,この季節に香川県をはじめとする瀬戸内を代表する魚です。
そして香川県の郷土料理の一つが鰆の押し寿司。何とその鰆を,女木島の桜でスモークしていたんです。
女木島は桜の名所ですって。知りませんでした。そして,酢飯に使われているお酢は先ほどの吉の酢。仏生山の酢です。


『島の桜を使った鰆のちらし寿司』

P1360939.jpg 

男木島で採れたワカメが敷かれていて,磯の香りが豊かです。桜の燻製の香りはほとんどしませんね。気持ちだけですね。寿司ですからその方がいいんでしょうね。



『イアラのためのクッキー』

P1360961.jpg

最後は足跡の形をしたクッキーが出てきました。
どうして足跡の形?
女木島って足袋の生産が盛んでしたっけ。それは東讃か。

足跡の形のヒントはこの場所にあります。レストランイアラ女木島は,もともとはレアンドロ・エルリッヒの作品に併設されていたものです。そして女木島でエルリッヒといえば『不在の存在』ですよね。

P1360968.jpg

この足跡は,『不在の存在』がモチーフだったのです。
どうせだったらこのクッキー,2枚くれたらモニターのように『不在の存在』ごっこができたのに。

P1360963.jpg 


さてこの楽しい瀬戸内ガストロノミーは1日5回,各20人限定ですから1日で100人。
ランチをいただきながら,香川のこと,島のこと,その地域の人々のこと。たくさんのことを知ることができます。そしてその楽しい仕掛けをつくってくださったのがTAROさん。けっして饒舌ではありませんが,そのやさしい語り口には彼の人柄が表れているようです。

ぜひ,予約した方がいいでしょうね。

P1360982.jpg 

こちら,予約の電話番号です。

070-3791-8428

夏期間のコース内容は未定らしいですが,春とは異なる様子。
ウワサによるとTAROさん,鰆のカラスミを仕込んでいるそうです。もうその時点で楽しみです。
これは食べねば。『夏も食べたい 秋も食べたい』ですね。

特に瀬戸芸コンプリートを目指すのでなくっても,美味しいもの好きには気になる作品ですね。
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/07/01(月) 08:00:08|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (330)
ライブ (243)
香川県高松市 (425)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (14)
香川県塩江町 (24)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (44)
香川県宇多津町 (13)
香川県丸亀市 (30)
香川県飯山町 (8)
香川県綾上町 (11)
香川県綾歌町 (3)
香川県綾南町 (28)
香川県善通寺市 (34)
香川県琴平町 (18)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (19)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (16)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (15)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (27)
香川県財田町 (2)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (13)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (32)
香川県東かがわ市 (21)
香川県土庄町 (12)
香川県小豆島町 (17)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (5)
香川県男木島 (13)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (13)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (23)
香川の風景 (70)
岡山県犬島 (5)
丸亀製麺 (37)
大阪府大阪市 (36)
大阪府豊中市 (66)
大阪府吹田市 (22)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (5)
大阪府守口市 (1)
京都府 (16)
兵庫県 (12)
滋賀県 (4)
奈良県 (41)
和歌山県 (4)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (14)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (7)
高知県 (23)
福岡県 (10)
寿司 (177)
鰻 (76)
神社仏閣 (62)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (41)
Perfume (71)
未分類 (150)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック