FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

大正軒 大阪店 (大阪府東大阪市)

P1010848_2020112811571728d.jpg

こんにちは,kazumiです。

高知県佐川にある鰻の老舗,大正軒に行って生涯最高の鰻に肩を並べる鰻を食べてきたのですが,もう一方の生涯最高の鰻も食べたくなってきます。
高知から帰ってすぐ。
佐川町大正軒本店の次は,大阪大正軒に行ってきました。

P1010844_20201128115716b9c.jpg

佐川町本店と同様,玄関には世界の盗塁王福本豊さん。
ここにも野球殿堂に収められてもおかしくないお宝が満載です。


今回は,うなぎフルコースの前に肝煮を注文。
こんな可愛いレトロモダンな器に入ってやってきました。
P1010817_20201128115715595.jpg


そして取り皿がこれまた何とも言えない可愛さ。
P1010813.jpg


さて,鰻のフルコース
うな丼には,あれっ?
2切れしかない。
P1010815.jpg

2切れしかない,
はいつものお決まり。

P1010819.jpg


うなぎフルコースは正一尾。
十分な量のスペアがこちらに控えています。
P1010822_20201128120038ced.jpg


そして,大阪でも鰻の旬真っ盛り。
箸でなでるだけで,ベロンと皮が剥がれていしまうくらい脂がのっています。
こちらも本店同様,旬のサンマのような色合いの皮下脂肪。
P1010830_202011281200378e9.jpg


味は抜群。
前回食べたものと全く同じ味。
同じ焼き加減。

毎回使う鰻は太さや重さや,脂のノリが違うだろうに。
それぞれのケースに対応して,同じクォリティのものを出すことができるという再現性。
この再現性がすごい。

しかも,佐川町の本店とも寸分の狂いもない味の同調性。
これは兄弟だからというスピリチュアルまがいな理由ではなく,
目標となる味の目標がぶれずに一致していること。
その目標に対してぴったりと合わせることができる技術力。

焦げているように見えるが,これは関西風の地焼きなのでそういうもの。
皮はパリッとしていて,タレの糖分が加熱されて香ばしい香り成分が生成している。
そして蒸しているわけでもないのに,中はふっくらと柔らかい。
それが,前回に続き今回も。
それが,直線距離にして250km離れたお店でも再現されている。

鰻は産地ではない。
1番は焼き手である。
そう確信している。

本店と違うところは,しっぽの部分をご飯の中に忍ばせていること。
P1010829_20201128120036b97.jpg

まむし文化の大阪ならではのイチビリです。


大正軒 大阪店
大阪府東大阪市吉原2-3-36
072-951-5173
11:00~15:00
17:00~21:00
定休:2・4月・火・木曜の夜


P1010831_202011281200351be.jpg

そして大阪店にもありました。仁淀川山椒 精粋。
この鮮やかな若草色を見てください。

P1010835.jpg

香り味ともに超が付く一級品です。
ブランド山椒の中でも鰻店に卸すために作られた特別な逸品。
もともとは佐川の大正軒のために作ったものらしいです。


そしてもう1つ,本店になくって大阪店にしかないのが,高知名物アイスクリン。
P1010839_202011281206299e1.jpg

P1010838.jpg

一度食べたらヤミツキ。
特に小豆が美味しいんだけれど,シンプルな白もオススメ。
 
 
 
スポンサーサイト



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2020/11/28(土) 08:00:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ぴっぴ亭 (香川県観音寺市豊浜)

P1010309.jpg

こんにちは,kazumiです。

サービスエリアついでに,豊浜SA上り線にあるぴっぴ亭に行ってきました。

P1010304.jpg

かけ小のお供はかき揚げ。

P1010306_2020112718354590f.jpg

鳴門金時だそうです。
 

ぴっぴ亭
香川県観音寺市豊浜町東原2195 高松自動車道豊浜サービスエリア内
0875-52-6585
月~金7:00~20:00 
土日祝7:00~21:00
無休
 
P1010305_20201127183546632.jpg

ぴっぴは幼児語でうどんのことらしいけど,
幼児語とは何だろう。

幼児が話す言葉なのか?
幼児に話す言葉なのか?

ウイキペディアでは,主に幼児に対して使うことによって,幼児がまねして発声するのを目的とするように書いてる。
そうすると,聞き取りやすくて幼児でもまねしやすい言葉が幼児語として適しているということになる。

ということは,パピプペポのような両唇音と反復語でできた『ぴっぴ』は幼児語の中でも極めて優れたものといえると思うのだが,
『ぶーぶー』と比べるとその普及率があまりにも低いのだが,なぜなんだろう。

方言だからしかたないね。
  
 
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2020/11/28(土) 00:00:00|
  2. 香川県豊浜町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (329)
ライブ (243)
香川県高松市 (424)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (24)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (44)
香川県宇多津町 (13)
香川県丸亀市 (30)
香川県飯山町 (8)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (3)
香川県綾南町 (27)
香川県善通寺市 (34)
香川県琴平町 (18)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (18)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (15)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (14)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (26)
香川県財田町 (2)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (13)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (32)
香川県東かがわ市 (21)
香川県土庄町 (12)
香川県小豆島町 (17)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (5)
香川県男木島 (13)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (13)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (22)
香川の風景 (68)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (37)
大阪府豊中市 (85)
大阪府吹田市 (24)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (16)
兵庫県 (12)
滋賀県 (4)
奈良県 (42)
和歌山県 (4)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (14)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (7)
高知県 (23)
福岡県 (10)
寿司 (176)
鰻 (76)
神社仏閣 (61)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (40)
Perfume (71)
未分類 (148)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック