kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

生誕300年記念 若冲展② @東京都美術館

s-0429d7447a93c68840ddc17d11b90001.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

といわけで,この日は朝2時に起きて,
築地で並んでお寿司を食べて,
少し仮眠して,寝坊して,
上野についたのはまさかの8:40。
東京都美術館に着くと,もうとんでもない数の人たちが集結しています。
しかも,その大半が,いやそのほとんどがシニア層,シルバー層,じじばば層です。
この日は65歳以上が無料のシルバーデイ。
会期中で最もたくさんの人出が予想される日に来てしまったのです。

P1240162.jpg

P1240163.jpg

どこまでも続く老人の列。
すごい数です。
途中途中に給水テントがあったり,体調管理を訴える表示があったり。
美術展の行列で,こんなに並んだのは初めてです。
まるで,月の石,モナリザ,ツタンカーメン級です。

P1240167.jpg

と思っていたのですが,
思いのほか列の進行が速いんですね。
止まることなく,じりじりと館内に近づいて,
なんと10:30には入館です。
たったの110分です。
私は,午前中に入れるだろうか。
夕方までには見終わるだろうか。
最終の新幹線までには退館できるだろうかと心配していたんですが,
意外でしたね。

鹿苑寺大書院障壁画
jyakuchu97.jpg

こういうときは,最初の展示室がすごく混むんですね。
第一室には鹿苑寺大書院障壁画が展示してあったのですが,
実は2015年の相国寺承天閣美術館の『伊藤若冲と琳派の世界』で見てるんですね。
ここをスルーする,と,一気に混雑の度合いが変わります。
釈迦三尊像も動植綵絵も,作品を高いところに展示しているため,
何重にも重なった入場者の層の外側からでもよく見えます。

P1240208_20160524200605882.jpg

シルバーデイだったため,背の高い人が少なかったのも吉に出ました。
入場までに疲れきったシルバーのみなさんの人気は,作品よりも椅子やソファに集中。
後半になると明らかに鑑賞にたんぱくになっている人が目立ちました。
ですから,この日の中では超若手の私は,縦横無尽に館内を往復し,
想像よりもはるかに楽チンにふるまうことができたのでした。

樹下鳥獣画屏風
20111207kikachojuzubyobu.jpg

升目書きで人気急上昇の象の絵も,
実はMIHO MUSEUMで4月に見たばかり。
釈迦三尊像と動植綵絵がそろうのは東京では初公開といっても,
実は,これらもすべて2007年の相国寺承天閣美術館の『若冲展』で見てるんですね。

P1240215_20160524195240a6f.jpg

若冲の作品を入れておけば,間違いなく人は来ます。
ということは,この時代の日本画展には,結構若冲が入っているんです。
今回の若冲東京展でも,そのほとんどが見たことがあるものばかり。
実は自分の中の若冲の経験値が上がっていたことに気が付きます。

news_0405.jpg

それにしても,若冲はすごいですね。
写実のアクセルを踏みすぎて,フルスピードで壁にぶつかったら,
通り抜けて異次元に出てしまったような感じ。

P1240211_20160524193705c68.jpg

固執・執着・粘着。
奇想の人といいますが,
完全に異常ですね。
羽根をつくる羽毛の枝先の,もう一つ先の枝まで丁寧に描き切っています。

P1240212_20160524193705387.jpg

染料と顔料の使い分けや,裏彩色など超絶技巧の
技巧の面ばかりが取り上げられていますが,
その執念。
探求心・向上心。
そして集中力。
若冲の好きな鶏を通じて,鶏ではなく若冲の気迫が伝わってきます。
ひょっとしたら無心に無限の完成度を目指していたのかもしれません。
奇想の人ではなく,孤高の人であったに違いありません。

P1240213_20160524193706adc.jpg

ま,今回はお祭りということで行ってみたのですが,
やっぱり若冲とフェルメールは別格ですね。
すごいです。

P1240168.jpg

外に出た時には,170分待ち。
320分待ちは私が館内にいるときに記録されたそうです。
ということで,昨日で若冲展も最終日。
この1カ月でどれだけのお客さんが入ったんでしょうか。
3000円の図録がオークションで5000円で落札された。
4500円のトートバッグは12000円もの値がついた。
考えられないような話が,いくつも飛び込んできます。
一種の熱病なのかもしれません。

このあと,関西でも若冲展が開かれますが,
規模は小さなもの。
やはり今回の若冲展は,
質・量ともに最強だったに違いありません。
 
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/05/25(水) 05:55:55|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MUSEUM TERRACE (東京都台東区) | ホーム | 寿司大 (東京都中央区築地)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/1747-4722df76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (256)
ライブ (203)
香川県高松市 (293)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (9)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (10)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (6)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (12)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (3)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (39)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (1)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (10)
愛媛県 (6)
高知県 (7)
福岡県 (8)
寿司 (133)
鰻 (34)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (51)
未分類 (86)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック