kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

瀬戸内国際芸術祭2016 讃岐の晩餐会

visual.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

JR高松駅バスターミナル13番乗り場に15:40集合。
16:00出発のバスで私達一行が向かった先は,何と栗林公園へ。

E33 讃岐の晩餐会/指輪ホテル
AS20160713001724_comm.jpg

今回は瀬戸内国際芸術祭のイベントの1つ。
讃岐の晩餐会に行ってきました。

P1270509.jpg

P1270511.jpg

讃岐の晩餐会は,フライヤーにもあるように,
この3つから構成されています。
1 特別名勝 栗林公園
2 パフォーマンス
3 ディナー

まず,バスを降りた私たちは栗林公園へ。
ガイドの方が見どころをかいつまんで説明してくれます。

P1270512.jpg

20分間の庭園の鑑賞の後,私たちは商工奨励館に案内されました。
この建物は,元は明治32年に建てられた香川県博物館。
先日のG7情報通信大臣会合では,この建物を前にフォトセッションが行われました。

soz22m150821110632_i11.jpg


さて,今から何が起こるんでしょう。
少し離れたところに,奇妙ないで立ちの一団がいます。

P1270489.jpg

妙にリアルなカエルのマスクを先頭に,
楽隊,双頭の犬のようなもの,一枚歯の高下駄の青年, 四季の花に包まれた4人の女性が,
何とも言えない,気の抜けた音楽に合わせてこちらにやってきます。
みんなは,そちらの方に目を奪われているようですが,
私達の背後で,オロオロしながらウロウロしている青年がいたのに気付いていたのは,
何人いたでしょうか。

P1270490.jpg


『讃岐の晩餐会はどこですか~ 讃岐の晩餐会はどこですか~』


これは,この青年が讃岐の晩餐会に訪れたときのお話。
実は,この青年は讃岐の晩餐会に来ることはできなかったのです。
その理由は,このパフォーマンスをぜひご覧になってください。

20160718_1.jpg

見どころはいくつもいくつもありますが,
ネタバレしない程度に3つだけお話しすると,
1ダンサーの女性の身体能力の高さと
2お客さんに紛れて混じっている劇団の方。
3まさかあんな所から
気になられた方は,ぜひこの指輪ホテルのパフォーマンスをご覧になってください。


商工奨励館の真新しいディナー会場です。
こちらで,食の現代アーティスト『EAT & ART TARO』さん監修の
ディナーをいただきます。
香川県産の食材にふんだんに使ったものだそうですよ。

P1270514 (2)
こちらがそのコースの内容

フルーツピューレのソーダ割り
P1270494.jpg
目の前で炭酸水をサーブしてくれます。


瀬戸内のマリネP1270493.jpg

P1270495.jpg
この大きなのは高瀬なす。
下には香川産のタコや小えび,野菜が隠れていました。
素材を生かしたやさしい味です。


島スープ
P1270497.jpg
イリコ出汁ベースの島スープは,具体的にどこかの島をイメージしたものではなくって,
瀬戸内の島全体のイメージだとか。
仕上げに小豆島のオリーブオイルをドロップしてサーブされます。

P1270498.jpg

中の具はうり。
クルトンに見えるのは,何と揚げぴっぴですって。
こんなところに讃岐うどんが隠れていたとは。
かくれミッキーならぬ,かくれぴっぴーです。


オリーブ牛とオリーブ夢ブタのロースト地元の野菜添え
P1270499.jpg

P1270501.jpg

P1270502.jpg

P1270503.jpg
牛肉は讃岐の塩で,豚肉は小豆島のもろみを添えて食べるんですが,
いやいや,これは美味しい。
どれもこれも味付けの薄さ加減が絶妙なんですね。
さすが,TAROさん。


地元のワイン
P1270500_20160727204450640.jpg
さぬきワイナリーのワインは赤白を選ぶことができます。
ま,私はライダーですので口をつけただけでしたが。


カンカン寿司
P1270504k.jpg
カンカンカンと大きな音がしたのは,カンカン寿司の桶のくさびを抜く木槌の音。
カンカン寿司は初めてです。
酢飯の粒の形が分からないくらいにプレスされていたようです。
地方地方の寿司は,その地方でしか食べることができない大きな魅力があります。
乗っている魚はサワラだそうです。
でも,この日は大きなサワラがあがらなかったらしく,
少し小振りのサワラ(サゴシといいます)を使いましたって給仕の方がおっしゃってました。

P1270505_20160728082208bb5.jpg

そうなんです。
この晩餐会で給仕の方が,いろいろと料理について説明してくれるんです。
私の担当は,けっこうなお年の方でしたが一生懸命料理について説明されていました。

P1270506.jpg

そうそう,カンカン寿司の器は陶器じゃなくって,漆器だったんです。
象谷塗りといって高価なものだそうで,この日の器はレンタルだそうですって。
これも,給仕の方情報です。


高瀬茶
やっぱりお寿司にはお茶ですね。
このお茶,うまっ。
お茶自体も美味しんでしょうけど,淹れ方も工夫されているようでしたよ。
でも,写真がないっ!


P1270507.jpg
さいごに,一般来園者と区別するためのオリーブのマークを返却して,
(これ,もらえると思ったのですが・・・)
そのかわりに,これ。

讃岐のお土産
P1270515.jpg

P1270516.jpg
保多織(ほったおり)の巾着の中には讃岐の和三盆が入っていました。
保多織は高松に伝わる伝統織物だそうですよ。

さて,問題はお値段なんですが。
行きかえりのバス,入園料,パフォーマンス,お料理,諸経費で
8000円なんですが,ちょっと高いかな。

P1270508.jpg

こちらは,着替えが済んでリラックスされたパフォーマンスのみなさん。
東京から来られてる方は3人だけで,あとは地元の方だそうです。
最年少は高校2年生!
何と先頭のカエルの女の子でした。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/07/28(木) 08:00:05|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大島家 小豆島産いちご 苺うどん (香川県高松市) | ホーム | 瀬戸内国際芸術祭2016 瀬戸内アジア村 ALL AWAY CAFE>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/1772-6d4abba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (263)
ライブ (203)
香川県高松市 (300)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (9)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (6)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (12)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (3)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (41)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (10)
愛媛県 (6)
高知県 (7)
福岡県 (8)
寿司 (134)
鰻 (34)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (52)
未分類 (88)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック