kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

瀬戸内国際芸術祭2016 本島


P1050845.jpg


こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

瀬戸内国際芸術祭も最終盤。
毎週のように頑張って島巡りをしてます。
今回は本島に行ってきました。

P1050843.jpg 

P1050844.jpg 

P1050846.jpg

本島に行くには,丸亀港からのフェリーを使います。
進行方向の右手には,瀬戸大橋とそれを支えるたくさんの島々がよく見えます。
本島には9つの作品があります。
そのうち5つがフェリーの発着する泊周辺にあります。
のこりは甲生に1つと笠島に3つ。
まずは泊の5つの作品を見ていきましょう。

138 Vertrek『出航』/石井章
P1050890.jpg

本島は塩飽水軍の本拠地の1つ。
すぐれた船大工や,航海技術に長けた船員を育んだ島です。
この作品のモデルになった咸臨丸でも,本島出身の乗組員が活躍したそうです。


142 そらあみ〈島巡り〉/五十嵐靖晃
P1050847_201611060911538c6.jpg
沙弥島で出会ったそらあみが本島にも。
本島をはじめ,塩飽諸島のみなさんが編んだそらあみです。


139 シーボルトガーデン/川口豊・内藤香織
P1050849_20161106091152900.jpg 


140 漆喰・鏝絵かんばんプロジェクト/村尾かずこ
P1050851_20161106092449a88.jpg
泊 秋祭り

P1050852_2016110609244823c.jpg 

P1050854_20161106092446361.jpg
酒田商店

P1050853.jpg
咸臨丸
勝海舟やジョン万次郎と一緒にサンフランシスコに渡った乗組員の中に,
35名もの塩飽出身者がいたそうです。
航海技術において,塩飽出身者の信頼の大きさがわかりますね。

瀬戸芸は芸術祭であるとともに,
プチ民俗学のきっかけでもあると思っています。
漆喰でできた看板を通じて,私たちはアート以外の島の側面を知ることができます。

P1050859.jpg
塩飽家
漆喰の看板は全部で8カ所。
前回の塩飽家の看板は塩・飽・家の3文字と,鯛3匹だったのですが,
屋号の3文字は取り外されています。

P1050861.jpg
虫送り
小豆島の中山地区の虫送りが有名ですが,
本島に虫送りの行事があったんですね。
毎年旧暦の6月1日だそうです。

P1050863.jpg

P1050864.jpg
マイペースマラソン

P1050862.jpg 
太子堂
微笑んでいるのは,太子堂をつくった5人の大工さん。


141 咸臨の家/眞壁陸二
P1050855_201611060924467bb.jpg 

P1050856_201611060924458e6.jpg 

P1050857_201611060927431f5.jpg
カラフルな板塀で飾られたこの家は,咸臨丸水夫横井松太郎の生家跡。
男木島の路地壁画の眞壁さんの作品です。


P1060254_20161106095423142.jpg
木烏神社で発見。
これが田尾さんが言ってた公用車か。
別に丸亀製麺が悪いわけではないが,
県内の企業にスポンサーは見つからなかったのかと思うと,ちょっと残念。
こういったことを足掛かりに,
例えば県主導の食イベントにも食い込んで来ようとするかもしれません。
さあ,どうする。県内のうどん屋さん。


143 産屋から,殯屋から/古郡弘
P1050868.jpg

産屋はもちろん人が生まれるところですが,
殯屋は死んだ人を安置しておくところだそうです。
残念ながら産屋の方は完成していないそうで,
これは殯屋だけ。
周りのてるてる坊主のようなものは,死者の姿でしょうか。

P1050866.jpg

細い溝を通ると,地下に引き込まれるような感覚を覚えます。
赤いのはベンガラ。
強い匂いを発しています。

奥にはろうそくを灯した小さい部屋。
上からはほのかに自然光。
自分が埋葬されたら,こんな感じなのでしょうか。


146 善根湯×版築プロジェクト/齊藤正×続・塩飽大工衆
P1050870.jpg

P1050871.jpg

版築とは塩飽大工に伝わる古い建築技法。
土を築き固めて壁をつくっていきます。
中は古式サウナになっているそうです。
瀬戸大橋もよく見えます。


新在家の両墓
P1050873.jpg

P1050874.jpg

本島をはじめ,塩飽諸島では遺体を埋葬する埋め墓とは別に,
詣り墓をつくる両墓制という風習があるそうです。


笠島地区の伝統的建造物保存地区
P1050882.jpg

P1050881.jpg

P1050883.jpg

P1050876.jpg

江戸時代から昭和初期にかけての建物,多く残されています。
多くといっても,意外と小さな範囲に集中しています。


144 Moony Tunes/ツェ・スーメイ
P1050879.jpg

その笠島地区の古い家屋の中に現れた月。
これは大きな石を削って磨きだしたもの。

145 水の下の空/アレクサンドル・ポノマリョフ
P1050888.jpg

P1050887.jpg

瀬戸芸秋期間初日を報じる四国新聞の紙面を飾ったのは,この作品の写真。
3隻の船の下にあるのは鏡だったんですね。
水が溜まっているのかと思っていました。


P1050885.jpg

P1050891.jpg

本日の来島者はこれだけ。
この日は実はなんでもない平日。
平日はいいですね。
たっぷり時間を使って,ゆっくり島を回ることができます。

P1050889.jpg

P1050892.jpg

ガイドブックには3時間で回れるなんて書いてますが,
けっきょくは,1本2本と帰りのフェリーが遅くなってしまいます。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/11/06(日) 09:10:11|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<元祖わかめうどん 大島家 パイナップルうどん (香川県高松市) | ホーム | 浪芳庵 (大阪府大阪市中央区)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/1852-8f1ac605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (263)
ライブ (203)
香川県高松市 (300)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (9)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (6)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (12)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (3)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (41)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (10)
愛媛県 (6)
高知県 (7)
福岡県 (8)
寿司 (134)
鰻 (34)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (52)
未分類 (88)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック