kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

クリスチャン・ボルタンスキー展 アミニタスーさざめく亡霊たち @東京都庭園美術館

P1100012_2016122417083044f.jpg

こんにちは,うどんライダーkazumiです。

といわけで,東京は白金にある東京都庭園美術館です。
ここでクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会
『アミニタス_さざめく亡霊たち』が催されているというので,
行ってきました。

P1090995_20161224170829197.jpg

まず驚くのは,庭園美術館そのものです。
初めて来た人は,名前の通り庭園に個性を持つ美術館だと思うでしょう。
でも,見どころは建物そのもの。
1933年(昭和8年)に建てられた旧朝香宮邸の建物は,アール・デコの結晶なのです。
玄関正面にはラリックのガラスレリーフ。
床には大理石のモザイクが敷き詰められています。

P1090992.jpg

次間(つぎのま)には白磁でできた大きな・・・これは何でしょう。
香水塔というらしく,上部に香水を施し照明の熱で香りを漂わせる装置だそうです。
そんな大物だけではないんです。
壁・手摺り・床・照明器具のペンダント・天井の通気口・暖炉のカバー。
どれをとってもアール・デコ。
目に入るあらゆるものに,心を奪われていると,ふいにあちらこちらから声がします。
実は,こんな部屋からボルタンスキーのインスタレーションは始まっていたのです。

さざめく亡霊たち
P1090999_20161224170828834.jpg

P1100001.jpg

今,なんて言った?
二つに切るのはね,かなりの力が要るもんなんですよ
あ,どなたでした
髪の毛が入ってよく見えない

P1100013_20161224171240869.jpg

背後から,正面から,上から,下から
ちがう部屋に入るごとに,さまざまな声が聞こえます。
あちらこちらにセンサーやスピーカーが仕掛けられているようです。
ボルタンスキーはこの庭園美術館を訪れたときに『亡霊』を考えたそうです。
歴史のある建築物には,その場所に亡霊が住んでいると彼は言います。
この素敵な建物の中では,何を持ってきても鑑賞者の眼はそちらに奪われるだろうと考え,
声のみのインスタレーションを考えたそうです。


影の劇場
P1100002_20161224171351629.jpg

P1100003_2016122417135029f.jpg

2階に上がると2つの作品があります。
1つがこの影の劇場。
コウモリや髑髏。
吊るされている人。
不吉なものばかりの影が,くるくる回っています。


心臓音
P1100005_20161224171349055.jpg

P1100004_20161224171348ccf.jpg

こちらは瀬戸内国際芸術祭でもおなじみの,
心臓音のアーカイブからスピンオフした作品。
赤い光が明滅すると,元々書庫だった細長い部屋のディテールが浮かび上がります。


眼差し
P1100007_2016122417134768f.jpg

P1100009_201612241713468ab.jpg

東京都庭園美術館の新館に移動して,4つの作品を見てみましょう。
これは大きなカーテン上の布に印刷された写真。
もともとは証明写真だったそうですが,
こんなに大きく引き伸ばされてしまいますと,
目と鼻の一部しかありません。
もともと何かに添えて,自分自身の存在を証明するはずの用途は完全に失われ,
存在は“目である”という記号的なものになってしまいます。


帰郷
P1100006_20161224171640e51.jpg

P1100008_20161224171639eef.jpg

そのまなざしの真ん中に鎮座する黄金の山。
そのときは分からなかったのですが,
これはエマージェンシーブランケットだそうです。
緊急時にけが人や病人をくるんで保温する,アレですよ。
鑑賞者の私にはわからなかったんですが,
この金色のシートの中には,あの古着が山のように積まれているんだそうです。


ささやきの森
P1100010_201612241716386c1.jpg

最後の2つは映像作品。
これは豊島の作品ですね。
スクリーンの前には干し草が敷かれていて,
強い匂いを発しています。


アニミタ
P1100011_20161224171637660.jpg

展開の表題にもなっているアミニタス。
この映像はチリのアタカマ砂漠。
地球上でもっとも乾燥したところ。
そしてもっとも星がきれいに見えるところだそうです。
風に揺れて小さな音を出す風鈴の映像がエンドレスで流れています。
アニミタとは,スペイン語で小さな魂という意味らしいですが,
チリでは交通事故で亡くなった小さな子供のために作られた,
路傍の小さな祭壇という意味があるそうです。
誰もいない砂漠の地に,たくさんの魂の存在が再現されています。


この魅力的な建物で行われている不思議な展覧会は25日まで。
東京の白銀にある東京都庭園美術館です。
JR目黒からも歩いてすぐのところです。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/12/24(土) 17:18:19|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アール・デコの花弁展 @東京都庭園美術館 | ホーム | クリスチャン・ボルタンスキー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/1895-31e643e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (256)
ライブ (203)
香川県高松市 (293)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (9)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (10)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (6)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (12)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (3)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (39)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (1)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (10)
愛媛県 (6)
高知県 (7)
福岡県 (8)
寿司 (133)
鰻 (34)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (51)
未分類 (86)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック