kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

生誕100年-岡本太郎展 東京国立近代美術館

竹橋駅下車すぐです

こんにちは,展マニアのkazumiです。
先日,東京に行く機会があったので,念願の岡本太郎展に行ってきました。
今年は岡本太郎生誕100年にあたります。

いい天気でした  

東京駅から大手町まで徒歩。そこから東京メトロで一駅。
竹橋駅下車すぐのところに,国立近代美術館があります。

チケットとフライヤーです  ドラマでは奥さん役の方でした

『なんだこれは』太郎がよく発した言葉です。
縄文式土器を見て,『なんだこれは』といったかもしれませんね。

NHK土曜ドラマで『TAROの塔』が放映されましたが,妻敏子を演じた
常盤貴子さんが音声ガイドを担当されてます。
生前の太郎を献身的に支えた敏子は,太郎の死後太郎を憑依させたイタコのように
太郎の分身となって,精力的に活動されます。
太郎の再評価に大きく貢献しました敏子は空前の太郎ブームを前に亡くなってしまいました。

                  目的の一つはこれでした

海洋堂製作のガシャポンです。
1回400円で全部で8個。これがなかなか揃わないんです。
最後の1個は飛行船。これ出すまでいくら使ったか。

なかなか揃わないんです

前列 坐ることを拒否する椅子
中列 若い夢,動物,太陽の顔のマケット
後列 河童,手-赤,岡本太郎,手-青,飛行船

岡本太郎のフィギュアは8500円する太陽の塔のおまけです。
ガシャポンには入ってません。
そうです。これ欲しさに8500円の太陽の塔,買いました。

顔です  顔,顔です

ついでに青山のこどもの城にも行ってきました。

                青山まで行ってきました

                 これは『こどもの樹』です。

渋谷にも行ってきました

こちらは渋谷マークシティの連絡通路にある『明日の神話』

燃えている人です  第五福竜丸です

メキシコオリンピックにあわせて計画された高層ホテルのために依頼された巨大壁画の題材が,
原爆で焼かれる人間です。

ホテルが倒産してから行方不明になっていたんですが,近年発見され,
吹田市や川崎市との争奪戦に勝った渋谷に展示されてます。

タイルでできたモザイクです

こちらは大阪高島屋レストランフロアに40年ぶりに公開された『ダンス』です。
幻のタイル画です。

これも大阪高島屋にあります

そしてこちらは,日本橋高島屋地下道の『創生』の原画です。
この原画も大阪高島屋の画廊コーナーで公開されています。

太郎は自分の作品を売ることはなかったそうです。
その分でしょうか,多くのパブリックアートを残しています。
全国太郎巡り,なんかいかがでしょうか。

これは私物です

自慢の私物です。
3点とも当時のものです。
『顔のあるグラス』はよく残ってますが真ん中の『水差し男爵』は貴重品です。

太陽の塔の裏側の顔です  こっちは表側の顔です

『グラスの底に顔があってもいいじゃないか』で有名ですね。
キリン・シーグラムのロバートブラウンのCMのノベルティです。

図録です

図説の表と裏も太陽の塔の顔です。

リアルタイムで太郎を知らない世代から見ると,太郎はどのように写ってるんでしょうか。
あらゆるものを否定し,閉塞感に満ちた現状を打破してくれるヒーローと写っているんでしょうか。
私たちの世代ではすでに太郎はタレント化していました。
爆発オジサンですね。

では,印象に残った作品を少し。

元は太陽の塔の内部にあったんですって太陽の塔のお兄さんです縄文人です

左から,ノン,若い太陽の塔,縄文人

たった一人だけでも「ノン」という。次代に逆らう人間がいないといけない。
あらゆるものに「ノン」を突きつけた太郎の分身というべき存在。

若い太陽の塔は,大阪万博の1年前にイベント用に製作されたもの。
今は,犬山モンキーパークにあるそうです。

P1240334.jpg  P1240335.jpg

左)夜  右)まひるの顔

P1240344.jpg  P1240345.jpg

左)森の掟  右)コントルポアン

コントルポアンは太郎の初期の作品ですが,よく見るとカンバスには大きな修復の跡が。
上野の西美で展示されているときに,暴漢によって大きなダメージを負ったそうです。

                    P1240336.jpg

ベトナム戦争に反対するためにワシントンポスト紙上に掲載した反戦広告の原稿。
戦争反対ではなく,殺すな。
スゴイコピーですね。


まだまだ会期はあります。
5月8日まで。
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/04/15(金) 01:43:02|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紫雲出山遺跡館 (香川県詫間町) | ホーム | カンテーレ よ~いドン! 食覧会 門真 饂飩 きぬ川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/202-0b441b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (267)
ライブ (203)
香川県高松市 (302)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (14)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (4)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (16)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (137)
鰻 (38)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (52)
未分類 (88)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック