FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

いぶきうどん 再訪 (大阪府大阪市)

P1230906.jpg

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

さて,大阪にあるのにいかにも香川県にありそうなうどん屋さん№1(当社比)のいぶきうどんに行ってきました。今回食べたのは舞茸天うどん。かけうどんの上に舞茸の天ぷらです。

P1230894.jpg

それにしても相変わらず狭い店内。カウンターの中は1人が入るのが精いっぱい。釜やフライヤー,炊飯器,流し台などがコンパクトに配置されているようです。スタッフは仕事のほとんどが片手の届く範囲でできてしまうので,むしろ機能的かもしれませんね。でも繁忙時にはここにスタッフが2人も入るんです。さすがに狭いでしょ。

P1230893.jpg

さて,うどんは意外にも釜揚げ麺。お店の人は釜抜きうどんと呼んでいます。釜抜きうどんとは,うどんが茹であがってから水で締めずそのまま提供するうどん。アツアツのうどんを好む大阪人にはこの方がいいかもしれませんね。
驚いたことに舞茸天は通し揚げなんですね。たまたまそんなタイミングになったのかもしれませんが,店内があまりにも狭いために,揚げ置きする場所がないんですよ。そういえば茹でたうどんを締めないのは,締めたうどんを玉取りして置いておく場所がないからでしょうね。狭小なりにいろいろな事情はいろいろな工夫で解決されてるみたい。

P1230897_20180922070525e2e.jpg

うどんが出来上がるまで揚げイリコをサクサクポリポリ。私,揚げイリコが入っている丼から直に指でつまんで食べていたんですが,これはマナー違反。こうやって横に置いてある白い小皿にトングで取るのが正解。そうこうしているうちに舞茸天うどんの到着。おお,意外にも舞茸天がデカいぞ。でもかけうどんが290円で舞茸天うどんが440円。この舞茸天だけで150円か。けっこう取るなあ。

P1230896_201809220719267a6.jpg 

無料の揚げイリコをうどんの乗っけて完成。湯気とともに立ち上るのは揚げイリコの香り。でも,ダシをすするとその香りは関西人に遠慮してか一歩引いた感があります。この夏は暑くって冷たいぶっかけうどんばっかり食べることが多かったんですけど,涼しくなって食べるアツアツのかけうどんは香りが高く『どこかホッとするものを感じます』ね。

P1230898_20180922070522842.jpg

隣には立ち食いの都そばがあるのですが,客の入りが全然違ってました。私がいたこの時間だけだったのかもしれませんが,かけうどんで40円も高くて,狭くて雑然としたいぶきうどんの方が客の入りがいいなんて,シブチンで有名な大阪人には珍しいことかもしれません。

P1230246_20180922072344c73.jpg

でも虚を捨てて実を取るのも大阪人。値段の差以上にいぶきうどんに何らかの価値を見出したのかもしれません。客の入りがいいと,茹でたてのうどんにあたる率が高くなりますしね。いぶきうどんは意外も歯ごたえのいいプリプリ麺とは違うんですね。どちらかというと重量の感のある田舎麺の部類。少し平たくてゆるやかに溝ができているところにダシが乗っていい感じです。


いぶきうどん本店
大阪府大阪市天神橋5-5-16
06-6135-1170
11:00~22:00
無休

P1230901_2018092207052099b.jpg

壁には伊吹島のポスター。
伊吹漁協ももろ手でバックアップしているんでしょうか。まさか無断で名乗ってるんじゃないでしょうね。
ところで,みなさんご存知ですよね。
いぶきうどんのこと。
この島感満載のいぶきうどんなんですが・・・



母体は何とトリドール。



いぶきうどんは,丸亀製麺とは異なる新たな業態の立ち食いうどんなんです。
讃岐うどんの心臓部の1つ,イリコ出汁の源流である伊吹島を名乗るこのうどんが丸亀製麺と同じ系列と知ったら,香川県のみなさんはどう思うのでしょうか。いぶきうどんが香川になくってよかったですよ。丸亀だけでなく伊吹島も取られたなんて感情になるのかもしれません。でも,もしいぶきうどんの母体がトリドールと分からなかったらどうなんでしょうか。知らずに食べてもよそ者扱い,偽物扱いができるんでしょうか。それは丸亀製麺も同じことです。
丸亀製麺もいぶきうどんも各店舗で粉の段階からの自家製麺。出汁をとるのもそれぞれの店。さらに丸亀製麺では北海道産の国産小麦を使い,季節うどんのトッピングまで目の前のIHコンロで手作りです。セントラルキッチン制のファミリーレストランとはちがって1つ1つ各店舗で提供。ですから,それぞれの店で味や仕上がりが微妙に違うこともあるでしょうし,担当したスタッフによっても微妙な差が出るでしょう。マニュアルは統一されてるかもしれませんが,その日その日ごとに,私にはわからない揺らぎが生じているはずです。決して均一な味で統一されているわけではないと思うのです。現に丸亀製麺ファンの間ではそれぞれで好みのお店があるなんて話も聞きます。
セントラルキッチン制のチェーン店に『餃子の王将』があります。工場から配送されているエリアでは,すべて同じ餃子の餡が使われています。では問題です。『餃子の王将』で焼餃子を食べたあと,


『人の暖かみを感じない』


なんて感想をもつヒトがいるでしょうか。餃子にだって包み方や焼き方は人によって違いがあるはずです。そこはうどんも同じこと。
決してトリドールの味方をしているのではありません。根拠なく,感情や情緒で物事の評価が変わるのが理系出身の私には理解ができないんです。他府県出身の大将が営むうどん屋さんはセーフで,トリドールはアウト。ハッキリと『感情論です』『癪に障るんです』といってくれたらいいんですが。


『どこか冷たいものを感じる』


それはたぶん,冷たいぶっかけを食べたからだと思います。そうですね,季節も涼しくなってきましたし,暖かいうどんを食べてみることをオススメしたいと思います。
 
 
スポンサーサイト



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2018/09/22(土) 08:00:08|
  2. 大阪府大阪市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寛子 (大阪府大阪市) | ホーム | いぶきうどん >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/2223-17118d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (314)
ライブ (240)
香川県高松市 (389)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (20)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (40)
香川県宇多津町 (12)
香川県丸亀市 (28)
香川県飯山町 (7)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (24)
香川県善通寺市 (32)
香川県琴平町 (17)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (14)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (14)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (13)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (21)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (12)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (27)
香川県東かがわ市 (18)
香川県土庄町 (11)
香川県小豆島町 (15)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (6)
香川県男木島 (12)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (10)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (20)
香川の風景 (57)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (35)
大阪府豊中市 (70)
大阪府吹田市 (22)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
滋賀県 (4)
奈良県 (41)
和歌山県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (12)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (6)
高知県 (14)
福岡県 (10)
寿司 (172)
鰻 (66)
神社仏閣 (59)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (39)
Perfume (71)
未分類 (120)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック