FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 @国立国際美術館

P1020945.jpg

こんにちは,kazumiです。

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展に行ってきました。
61点もの絵画がロンドン・ナショナル・ギャラリーから持ち出されて大規模に展示されるのは,1824年にギャラリーが設立されて以来,長い歴史の中でこれが初めてなんです。しかも,61点すべてが初来日。

P1020930.jpg

ルーベンスもモネもドガもボッティチェリもターナーもドガもゴーガンも。
ルネサンス以前も風俗画も印象派もオランダ絵画も自画像も宮廷画も
自画像も睡蓮も踊り子も受胎告知もドラゴンも
どれもが貴重な初来日。

P1020384_20210204214437966.jpg

その中でも,注目はゴッホの『ひまわり』と『フェルメールのヴァージナルの前に座る若い女性』の2点。
ゴッホが描いた現存する『ひまわり』はわずかに6点。そのうち1点は損保ジャパン興和美術館に展示されていましたので,この期間はもう『ひまわり』のうち2点が日本にあったことになります。その占有率は33%!

そしてそして,最も注目はフェルメールですよね。伊藤若冲と並んで日本人が好む2大コンテンツの二人。どんなテーマの美術展でも,若冲かフェルメールが1点入っているだけで注目度がお客さんの入りが全然違ってきます。

しかも現存しているフェルメールの絵画はわずかに30数点。コンプリートを目指しているファンは多いでしょうね。私もその1人。

これで,24点。
2000年 大阪市立美術館
『聖プラクセディス』①
『天秤を持つ女』②
『リュートを調弦する女』③
『真珠の耳飾りの少女』④
『地理学者』⑤

2008年 東京都美術館
『ディアナとニンフたち』⑥
『リュートを調弦する女』
『絵画芸術』⑦
『マリアとマルタの家のキリスト』⑧
『小路』⑨
『ワイングラスを持つ娘』⑩
『手紙を書く婦人と召使』⑪
『ヴァージナルの前に座る若い女』⑫

2009年 京都市美術館
『レースを編む女』⑬

2011年 Bunkamuraザ・ミュージアム
『地理学者』

2011年 京都市美術館
『手紙を書く女』⑭
『手紙を書く婦人と召使』
『青衣の女』⑮

2012年 国立西洋美術館
『真珠の首飾りの女』⑯

2012年 東京都美術館
『真珠の耳飾りの少女』
『ディアナとニンフたち』

2015年 国立新美術館・京都市美術館
『天文学者』⑰

2016年 京都市美術館
『水差しを持つ女』⑱

2018年 上野の森美術館
『手紙を書く女』
『リュートを調弦する女』
『牛乳を注ぐ女』⑲
『マルタとマリアの家のキリスト』
『手紙を書く婦人と召使』
『真珠の首飾りの女』
『ワイングラス』⑳
『赤い帽子の女』㉑

国立西洋美術館 2018年
『聖プラクセディス』

2019年 大阪市立美術館
『手紙を書く女』
『リュートを調弦する女』
『恋文』㉒
『マルタとマリアの家のキリスト』
『手紙を書く婦人と召使』
『取り持ち女』㉓

国立国際美術館 2020年
『ヴァージナルの前に座る若い女性』㉔

37点をすべてとすると64.9%。コンプリートまで残り13点まで来ました。

こちらは同僚からもらったお土産の1つ。缶入りキャンディーですが蓋のトップが外れてマグネットになるんです。缶も蓋も再利用可。しかもキャンディーはひまわりデザインです。
 
P1030022_20210204213952f56.jpg

P1030021.jpg



会場は大阪は中之島にある国立国際美術館。
シーザー=ペリ設計の美しい美術館。

P1020925_2021020421395363e.jpg

私のお気に入りの1つです。
建物の外観に目を奪われがちですが,実はたくさんの方が並んでいるんです。
これはチケット日付け指定時間指定制だからです。ちょうど17時の入場の皆さんのようです。

P1030026.jpg

私はというと,もっと早い時間の平日でしたので行列どころか館内は全くのガラガラ。
しかも招待券でしたので時間制限に縛られることもなく,フェルメールもひまわりも,すべての作品を少なくとも数分は独り占めできるほどの充実した時間を過ごすことができました。

P1020400_202102042144379c2.jpg

国立国際美術館は地上部には展示はありません。すべて展示は地下。
ね,私が到着したときはこんなにガラガラだったんですよ。
こうやってエスカレーターで降りていくと気持ちが上がってきます。この感覚が大好きです。
 
 
 
スポンサーサイト



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2021/02/05(金) 08:00:08|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コレクション2 米・仏・独・英の現代美術を中心に @国立国際美術館 | ホーム | 本場 かなくま餅福田 (香川県観音寺市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/2769-a3ce2024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (330)
ライブ (243)
香川県高松市 (425)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (14)
香川県塩江町 (24)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (44)
香川県宇多津町 (13)
香川県丸亀市 (30)
香川県飯山町 (8)
香川県綾上町 (11)
香川県綾歌町 (3)
香川県綾南町 (28)
香川県善通寺市 (34)
香川県琴平町 (18)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (19)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (16)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (15)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (27)
香川県財田町 (2)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (13)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (32)
香川県東かがわ市 (21)
香川県土庄町 (12)
香川県小豆島町 (17)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (5)
香川県男木島 (13)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (13)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (23)
香川の風景 (70)
岡山県犬島 (5)
丸亀製麺 (37)
大阪府大阪市 (36)
大阪府豊中市 (66)
大阪府吹田市 (22)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (5)
大阪府守口市 (1)
京都府 (16)
兵庫県 (12)
滋賀県 (4)
奈良県 (41)
和歌山県 (4)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (14)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (7)
高知県 (23)
福岡県 (10)
寿司 (177)
鰻 (76)
神社仏閣 (62)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (41)
Perfume (71)
未分類 (150)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック