kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

MONSTER baSH 2011 Perfume中心

キターッ モンバスだーっ

こんにちは。kazumiです。

今年も行ってきました。
四国最大のロックフェスMONSTER baSH 2011です。

あっこれ長いです。しかもうどんは出てきません。
ゴメンナサイ。

私の中では,もう毎年の恒例行事になっています。
土曜の夜に大阪をバイクで出発。
津田の松原SAから津田祭りの花火を見た後高松入り。これも恒例になりました。

そして,いよいよ日曜日。
空は青空一つ見えない曇天。灰色一色です。
バイクにまたがって,多くのファンを乗せたシャトルバスを追い抜きながら32号線を国営まんのう公園へ。

会場到着時にはもう雨。しかもしっかりとした雨。
雨具の下だけ脱いで,列の最後尾に並びます。

キターッ kazumiは1DAYの方だーっ  COCCOさんやHIATUSは1日目出てたんですね

チケットと引き換えにこれを腕にはめます 2日通し券はリストバンドがピンクです


このような野外イベントでは,カサの使用は禁止,または厳しく制限されます。
モンバスではパラソルゾーン以外は使用禁止です。
これを知らずに来た人はバッグの中にカサがあるのに使うことはできません。 ずぶ濡れです。
そんな人,何人も何人も見ました。10人に1人はカサなしでした。
列の最後尾に並ぶと,まもなく入場が始まります。

今回は目的のアーチストが前半に集中していたので,物販には目もくれずスタンディングゾーンへ。
2日目,21日のタイムテーブルはこれ。

21日のタイムテーブル


すごいラインナップですね。
多くの人は8時台から並んでいて終了が21時ぐらいになります。
ですから,このアーチストを全部見ることは出来ないこともないですが,食事や物販・トイレなどの事を考えると,その日一日の中での取捨選択を考えなければなりません。

これはツライ作業になります。割愛という言葉がピッタリです。

今回はオープニングからねごとまでスタンディングゾーンで攻め攻めで,その後一旦離脱。
スカパラ~佐野まで再びスタンディングゾーンに戻って,最後は一番高い丘の上まで下がって花火を楽しむ予定です。

実際はもっともっと大きな会場です

モンバスはメインステージの空海と,サブステージの龍神が200mほど距離を置いて,並んでいます。
空海の両側にはビジョンがあって,ステージ龍神の映像を見ることができますが,龍神にはそれがありません。
もちろん空海の中央前方に位置してスタートを待ちます。

丘を越えて一番高い最後尾から撮りました。ね,大きいでしょ 赤は龍神 黒は空海です ここでも十分楽しいんですよ

このような自然の中で行われるフェスはサマーソニックやラッシュボールなんかの都市型フェスとは違ったよさがあります。好きなミュージシャンのときはステージに近づきピットの中で楽しむのもいいですし,後方でゆっくりくつろぎながら過ごすのもアリです。

モンバスではステージの前の芝生広場がスタンディングゾーン。
その後ろの丘がシートゾーンとパラソルゾーンに分かれています。
さらに後ろに一番高い丘があって,上の写真はそこから撮ったものです。
いいでしょ。この景色。最高です。雨じゃなきゃね。

雨の中始まったのはオープニングアクトの2組。龍神ではオオカミのマスクをかぶったMAN WITH A MISSION,空海では[Champagne]が先陣を切ります。
[Champagne]は今年3月のSANUKI ROCK COLOSSEUMにも参加。見事Road to MONSTER baSHを実現したことになります。

主催者DUKEのサタケさんから諸注意と開会宣言のあとカウントダウン。

トップは4年連続の参加にしてようやくメインステージ空海でのアクトを勝ち取った四国のロック秘宝,四星球(スーシンチュー)です。
全国的には無名ですが,四国では知らぬものなしのスーパーコミックバンドです。

地方のコミックバンドがメインステージのトップを飾るんですよ。
この事実だけでも彼らのもつポテンシャルの大きさ,期待の大きさが分かるというものです。

サウンドチェックのときからUFOは出るわ,ボーカルの北島はブリーフ一丁になるわで,始まる前から会場内を爆笑に引きずり込んでいたんですが,本編が始まると満濃池の伝説の龍が出てきたり,カウントダウンをやり直させたり。

極め付きは,『僕らみたいななコミックバンドがこんな大きいステージに合わないです。あと何分かありますけどこれでやめます。』といって勝手にステージを去るかと思いきや,すかさずSEでアンコールのコールを流してステージに戻ってっきたり,やりたい放題です。
最後は時間オーバーでスタッフによる電源オフ&強制退場で終了。これ3年連続のネタです。
こんなことができるのも,スタッフの協力なしにはありえませんよね。
地元を愛した,地元に愛されたバンドだと感じましたね。

パラソルゾーンもシートに水が溜まってしまってずぶ濡れです  物販の列も雨具を着て並びます

龍神ではヒダカトオルが加入した新生MONOBRIGHTがトップバッター。
四星球とは対照的にストレートにビートを叩き込んでいきます。

いよいよ空海ではPerfumeの登場です。
さっきまで龍神にいたオーディエンスが一気に流れ込み,空海前はかなりキツイ状態。
あれっ,雨あがったかな?

はたはたとはためくはた

「FAKE IT」のイントロに導かれるように3人の登場で,芝生広場はヒートアップ。「FAKE IT」はこれまでライブやイベントのときに出囃子のSEに使われていた曲ですが,今年の夏フェスではフルバージョンで,しかもセットリストの1曲目に昇格した曲です。
2曲目はCMでも使われていた「レーザービーム」。
アルバム曲の「FAKE IT」と違ってみんな知ってる曲なのでノリが違いますね。

MCではかしゆかが絡まった髪の毛をとくのに時間がかかって『髪の毛待ち』

『今日は時間いっぱい曲を詰めてきました。』
3曲目もキリン缶チュウハイのCMに使われた「微かなカオリ」。その後はP.T,A.のコーナー 。

P.T,A.はPerfumeのファンクラブ(Perfumeとあなたの略)の名前でもあり,
ファンと一緒に声を出したりからだを動かしたりするコーナー(パッと楽しく遊ぼうの略)の名前でもあります。
ライブではPerfumeとファンとの一体感が楽しめるお楽しみのコーナーなんですね。

男子・女子・そうでないヒト,say ho!,歯みがきの歌,渚のハイカラ人魚,サバイバルダンス,ウルトラソウルの順に客を煽っていきます。
歯みがきの歌は四国の人には定着してないようですね。見えた範囲内ではちゃんとやれていたのはkazumiひとりでした。ちょっと鼻が高いです。渚のハイカラ人魚はkazumiも初めてです。ズッキンドッキンのコール&レスポンスがいいですね。定着してほしいですね。

「ねぇ」,「チョコレートディスコ」のときぐらいから雨が降ってきました
最後はかなり強い雨の中,「ポリリズム」とともに楽しい時間もココまでです。

Perfumeのセットリストはこれ。
M1 FAKE IT
M2 レーザービーム
    MC
M3 微かなカオリ
  P.T.A.のコーナー
M4 ねぇ
M5 チョコレイト・ディスコ
M6 ポリリズム

こんな衣装でした


フェスではPerfumeが終わると一気にお客さんがトイレ,食事,物販と移動してしまうことが多いです。次のアーティストにとってはたいへん辛いことです。

でも次の龍神のねごとはよかったですよ。
ねごとは2010年の8月,ZeppTokyoでのGIRL POP FACTORYで見てから大注目していた千葉出身女子4人のギャルバンです。
職場でよく『ねごとはイイよ』といってたんですが,この予言が大当たり。
LISMO!のCMで「カロン」がヒット。今シーズンは各地のフェスに引っ張りだこ状態でした。

いかにも優等生的な蒼山のキリッとしたMCとどこまでマイペースなのか計り知れない澤村のMCの対比が面白いです。いやいや,演奏力も高いですしアレンジが,特にドラムのアレンジが新人らしからぬ裏打ちを多用したいわゆるグルーヴの効いたものになってます。これも変人澤村のせいでしょうか。

ねごとまで見て一旦戦線離脱です。物販に向かったんですが,やっぱり遅かったですね。
ほしかったデザインのTシャツやバスタオルは全部売切れでした。

そしてMbうどん食べて,休憩して戻ったころには佐野元春さんのステージでした。
あとはマキシマム ザ ホルモンで人生初のヘドバンでからだをいじめてアドレナリンが出まくったまま予定より早く後方に下がります。

背後の山から霧が降りてきました 

丘の上から見たKREVAのステージを見ました。
ビッグマウスにいやみを感じさせないのはKREVAならではですね。
そういえば,ほとんどのミュージシャンが震災のことを口にしなくなってました。
もう音楽の役割は終わってしまったんでしょうか?
でもKREVAは『太く短くじゃダメなんだ。太く長くじゃねーと。』
当たり前のことをストレートに言ってのけたKREVA.かっこよかったです。

大トリはACIDMAN
もうベテランの貫禄ですね。
夜の闇のせいもあるかもしれませんが,浮き足立った空気が一変します。
アンコールの後,花火があがったころには雨もすっかりあがって,少しですが星も見えていました。

この花火を撮りたくって後ろに下がったんです

こんなに雨の降ったフェスはkazumiは初めてでした。
そして寒かった。凍えるように寒かったですね。
10人に1人の割合でいた雨具の準備をしてこなかった人みなさん,来年は必ず着ることができる雨具を持ってくるようにね。今回は雨具が防寒着の役割もしてくれたのでなんとか一日もつことができました。

長々と書いてしまいました。
これで私の夏休みも一旦終了です。

ドロドロのくつ。ビッショビショのくつした。Tシャツ。雨具。
みんな,み~んな今日一日を共にした戦友たちです。
そう考えると愛おしくてなりません。

また来ます。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2011/08/26(金) 16:00:00|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Arts Towada 官庁街通り編 | ホーム | Mbうどん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/330-c86a1657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (267)
ライブ (203)
香川県高松市 (301)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (14)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (4)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (16)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (137)
鰻 (38)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (52)
未分類 (88)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック