kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

Arts Towada 十和田市現代美術館編

今度は春に来たいですね 桜がスゴイんだそうです

こんにちは,kazumiです。

青森県十和田市のArts Towadaの続きです。
今回は,十和田市現代美術館をご紹介しましょう。長いですよ。
あっ,もちろん今回もうどんはありません。

屋上からです 建物の配置がよく分かります

アート広場の道路を挟んで反対側に,真っ白ないくつものキューブが点在し,渡り廊下でつながれた構造です。
そのいくつかは開口していてガラス面になっており,外からその中が見えるようになっています。

一つのキューブごとに一つの作品が展示されています。
大変ぜいたくな空間設計です。
では,外から見えるものからご紹介しましょう。

オクリア/Ochrea
ポール・モリソン

この建物は休憩スペースといってカフェとショップが入ってます

10m×20mの大きな壁画です。青森らしくリンゴの木です。
と思ったら,神話に出てくるリンゴの木なんだそうです。

フラワー・ホース/Flower Horse
チェ・ジョンファ

一番の記念写真スポットですね

官庁街通りは旧陸軍軍馬補充部があったことから『駒街道』の名前で市民の間で親しまれているそうです。
馬つながり,だそうです。
このカラフルな馬ですが,5mもあります。


アッタ/aTTA
椿 昇

これも衝撃的に大きいです

凶暴な顔をした大きな赤いアリです。

この凶暴そうな顔

ところが,コレ,ハキリアリといって森の木の葉っぱを切り出して菌床とし,キノコを栽培するという農耕アリです。

男の子には大人気です

消費社会によって省みられなくなった農業が,現代社会に警鐘を鳴らしています。



フライングマン アンド ハンター/Flyingman and Hunter
森北 伸

あんなところに小さい人が!

建物の上に小さな人がいるんですが,見えますか?

突っ張ってます  狙ってます

建物と建物の間にいます


無題/Untitled
マイケル・リン

カフェスペースは外から見えてます  カフェの床がアートです

十和田市の伝統工芸の南部織りから着想した花のパターンです。

踏んじゃってもいいんです


コーズ・アンド・エフェクト/Cause and Effect
スゥ・ドーホー


天井から赤いのと白いのが下がっています

数万体の樹脂製の人形が肩車をするように長く連なって天井から吊られています。
スゥ・ドーホーといえば金属製の小さな人形の四肢をつなげて網のようにした作品を瀬戸芸で発表した方です。人と人とのつながりを表現しているように見えて,実は人によって人が縛られている人間関係の窮屈さを表していたりします。


光の橋/Bridge Of Light
アナ・ラウラ・アラエズ

タイムトンネルみたいです  この橋を通じて”中”と”外”とがつながっています

近未来っぽいというか,SFっぽいデザインです。
中では音楽が流れています。光と音との作品です。

外から見えるのはオノ・ヨーコさんの作品です


さあ,それでは中に入ってみましょうか。
エントランスホールでチケットを買いましょう。

ゾボップ/Zobop
ジム・ランビー

これ全部ビニールテープです

チケットカウンターもあるエントランスホールの床も,実はアート作品です。
お見逃しないように。



スタンディング・ウーマン/Standing Woman
ロン・ミュエク

この作品だけ見て帰る人もいるそうです

この美術館の白眉たる作品です。
リアルではないサイズの,一番リアルに怖いサイズの,リアルな人体です。
進撃の巨人って,こんな感じなんでしょうね。


メモリー イン ザ ミラー/memory in the mirror
キム・チャンギョム

これっておかしいですよね 鏡に写った自分を撮影しようとすると,撮影している自分まで鏡に写ってしまうはずでしょ

鏡にはさまざまな人のありふれた日常のひとコマが鏡を通して描かれているはずなんですが,実はそこには鏡はありません。横の時計や水槽も何もないところに写された映像なんです。


ザンプランド/Sumpf Land
栗林 隆

イスに登って穴からのぞいてみてください

こんな感じ あら眼が合っちゃった

彼のテーマは境界線。天井が水面とつながっています。
水面から顔を出しているアザラシと鑑賞者は同じ様な格好になってるところがおもしろいですね。


闇というもの/The Thing Called Darkness
マリール・ノイデッカー

森の中に迷い込んだ錯覚に陥ります  落ちている木々の枝,コケむした岩

2階にあがると,暗い森の中です。
この森,全部つくりものでできているんです。すごいディテールです。


念願の木,三途の川,平和の鐘/From foreground:
Wish Tree for Towada, riverbed,Bell of Peace
オノ・ヨーコ

念願の木は彼女の代表作です

この木はリンゴの木で,短冊に願い事を書いて吊るすことができます。
短冊は年に一度集められて,レイキャビクにあるイマジン・タワーの台座の中に納められます。
玉砂利を三途の川に見立てた作品とで館内の中庭を構成しています。

鳴らしてもいいんです

願いが叶うことを祈りながら鐘をたたきましょう。


ロケーション(5)/Location(5)
ハンス・オプ・デ・ビーク

夜のハイウエイが見えます

入ると真っ暗な空間です。
眼が慣れてくると,そこがドライブインの中であることが分かります。
窓の外はどこまでも続くハイウエイが見えます。
60年代の古い音楽が流れる不思議な空間です。

無題/デッド・スノー・ワールド・システム Untitled Dead Snow World System
ボッレ・セートレ

意味不明の不思議空間です

真っ白な部屋にはいると3面のディスプレーとミラーボール,そして山羊。
作者の意図はどこにあるのでしょうか。


オン・クラウズ(エア・ポート-シティ)/on clouds(Air・Port-City)
トマス・サラセーノ


バルーンの塊です

網目状のひもでつながれたバルーンです。
まさにバルンガみたいです。

中に入ることができるんです


あっちとこっちとそっち/there,here and over there
山極満博

館内に点在する4つの作品です。
どれも小さくって,分かりにくいところにあります。

きみはぼくになれない  ちいさなおとしもの

この2つは比較的分かりやすいかと。
でも小さなおとしものは見えていてもコレが作品であることに気がつかないかもしれません。

4つ全部見つけることができるでしょうか。
私は2つギブアップして館内の方に聞きました。

1つがこれです。

小さいですがこれも建物のようです

分かりますか? 50cm角の小さな立方体。
これがもう1つの作品です。

なんにもないはなし  中は氷の展示室

あと1つはナイショです。

松 其の三十二/Pine no.32
山本修路

三十一はどこにあるんでしょうか


ウォール・ペインティング/Wall painting
フェデリコ・エレーロ

階段も使わないと全部見ることができません  屋上のペイントも作品です

屋上に出ると真っ青なペインティング。
階段を囲む空間もペインティングされた作品のひとつです。
エレベーターと階段の両方を使わないと,すべての作品を楽しむことができません。

どうでしょうか,十和田市美術館。
なかなかおもしろいでしょ。

東北新幹線も開通して青森東京間は約3時間です。
大阪から一気に行くと6時間以上もかかって,ちょっと疲れてしまいますが,
東京で宿泊すると始発の新幹線で昼前には十和田市現代美術館前です。

そのまま奥入瀬や八甲田周辺も旅程に入れれば,現代アートと大自然を一度に楽しむことができます。
紅葉の季節なんかいいかもしれませんね。

青森に行った目的は,まだ2つあるんですがまたの機会に。



スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/08/30(火) 03:00:00|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<妖怪絵図展 TAKAMATSU ART GALLERY | ホーム | Arts Towada 官庁街通り編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/332-aa2ca088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

十和田市現代美術館

東北旅行で行きたかったミュージアムの一つが、ここ、十和田市現代美術館です。 本州の端っこのド田舎にある美術館とは思えないような、洒落たミュージアムです。 内部は撮影禁止なので、美術館のサイトをご覧いただきたいと思いますが、入っていきなりでっかいオバサンがいて、度肝を抜かれます。 同じ現代アートのミュージアムの金沢21世紀美術館よりも、ワタクシ的にはこちらのほうが気に入りました。 ...
  1. 2017/06/16(金) 07:44:26 |
  2. ミュージアムに行きました。

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (267)
ライブ (204)
香川県高松市 (304)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (35)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (24)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (16)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (14)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (4)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (19)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (137)
鰻 (38)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (52)
未分類 (89)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック