FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

『世界制作の方法』展 国立国際美術館

タイトルはネルソン・グッドマンの著書からですって

こんにちは,kazumiです。
日曜新美術館,今週のアートシーンです。すみません。調子にのりました。
でも,調子に乗りたくなるこの気持ち。分ってください。

今回は,大阪の国立国際美術館の『世界制作の方法』展に行ってきました。
内容は国内外で活躍する9組の作家によるインスタレーションです。
インスタレーションとは近年よく聞く言葉です。
香川県を中心に開催された瀬戸内国際芸術祭もインスタレーション展でしたね。

インスタレーションとはなんでしょうか。
私は設置型体験型空間芸術と説明しています。
映像あり,音楽あり,舞踏あり,彫刻あり,墨蹟ありの何でもアリです。
空間芸術の一種かもしれませんね。

では,行ってみましょう。

国立国際美術館は建物ではありません。
地下にしかない掘物です。
地下3階までエスカレーターで降りると,展示スペースは作家ごとに間仕切られています。

まずは,大西康明;体積の裏側
息を吹きかけるとカサカサと動きます

とんでもなく大きくて巨大な体積を持った物体が宙に浮いています。
よく見ると,その物体は大きなポリエチレンシート。
接着剤を伸ばした無数の糸で天井から吊るされています。
下から見上げると,大きな体積に見えますが実は糸で吊るされた大きなポリエチレンシート。
視覚的に見た存在が,実は感覚的な虚像に過ぎないことが実感されます。


paramodel;paramodelic-graffiti
これが全部プラレールです 奥に作者が作業してます

こんなところにもプラレールが  地上階のエントランスにもプラレールが侵食してきてます

部屋一面,壁一面,天井一面にプラレールのレールで作られたgraffiti。
地下鉄車両にグラフィティはよく聞きますが,まさかの鉄道サイドからの逆襲です。
でも,よく見ると不規則のような規則的なような。
アラベスク模様にも見えます。
日によっては制作展示といって,作家本人がレールを張り付けてるところに出会えるかもしれません。

鬼頭健吾;ロイヤル(多面体)    filmsy royal
超高速回転します  蛍光灯とテープだけでこんなになります
  
金氏徹平; 白地図          Model of Something
真っ白な銀世界です  透明なアクリルの箱にマーカーで線を引いてみました

exonemo(エキソニモ);ゴットは存在する
ゴットは存在するんです

あらゆる“神”または“ゴッド”という文字を“ゴット”に変換した仮想世界です。
阪神タイガースまで阪ゴットタイガースになっているのが笑えます。

そして何といっても,これです。
感動です。
素敵すぎます。
夢に見ます。

クワクボリョウタ;10番目の感傷(線・点・面)
影絵版 世界の車窓から です

真っ暗な部屋に,小さな光源をつけた鉄道模型がゆっくりと走ります。
周囲には鉛筆・ザル・時計・洗濯ばさみなど身近なものが置かれ,それぞれが光源列車が近づくについて大きな影絵となり,また小さな影絵になり。
部屋の角を通過するときは,影の形も変化し見るものを飽きさせません。
「刻々と表情を変えていく影」
そして,光源列車の向きが変わると,鑑賞者の体にも影が映ります。
もう少し早く走ってくれたらなあ,ともどかしく思った瞬間です。
列車はそのまま急速度でバックしスタート位置に戻ります。
その時には,長時間(15分も!)もかけて描いた影絵が,フラッシュバックのように高速巻き戻しされます。

パンフとフライヤーとチケット  図録です

この展覧会は,京阪電車渡辺橋駅下車すぐ。
シーザー・ペリ設計の国立国際美術館。
この美しい翼の下に集合です。

天使の羽のような鉄骨が美しい建築です

同時開催『アンリ・サラ展』『中之島コレクションズ』も見ることができて850円は安すぎます。
アンリ・サラはアルバニアの映像作家。
中之島コレクションは佐伯祐三,キリコ,ユトリロ,ピカソ,カンディンスキー,ウォーホール,奈良美智など。
“など”で片づけることなんか決してできないラインナップの時代を超えたコレクションです。

でも振り向くとこんな光景  明日は晴れです

会期は12月11日まで。
今年ここまで50展以上見ましたが,私の中での瞬間最大風速はクワクボリョウタ,MAXです。

中之島エリアには,名建築がいっぱい残っていますし,12月4日からは,光のルネッサンスがはじまります。
ルミナリエに負けない美しさです。

ぜひ。

11月24日付けの朝日新聞の夕刊にも,世界製作の方法展が取り上げられていましたが,メインはやっぱり,
クワクボさんでした。
10番目の感傷はやっぱり凄すぎます。

ぜひご覧になってください。オススメです。
わたしも,もいっかい行こ。
スポンサーサイト



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/11/25(金) 23:55:55|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<近所にあった安藤建築 『マリソール』跡 | ホーム | ドートレトミシー 秋の音旅ツアー『そして船に乗る僕達の荷物』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/408-2787b553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (315)
ライブ (240)
香川県高松市 (394)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (20)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (41)
香川県宇多津町 (12)
香川県丸亀市 (29)
香川県飯山町 (8)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (25)
香川県善通寺市 (32)
香川県琴平町 (17)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (14)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (14)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (13)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (22)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (12)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (27)
香川県東かがわ市 (18)
香川県土庄町 (11)
香川県小豆島町 (15)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (6)
香川県男木島 (12)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (10)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (20)
香川の風景 (57)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (37)
大阪府豊中市 (72)
大阪府吹田市 (23)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (15)
兵庫県 (11)
滋賀県 (4)
奈良県 (41)
和歌山県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (12)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (6)
高知県 (14)
福岡県 (10)
寿司 (174)
鰻 (68)
神社仏閣 (59)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (39)
Perfume (71)
未分類 (126)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック