kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

草間弥生展 『永遠の永遠の永遠』 国立国際美術館

樹木希林さんではないですよ

こんにちは,kazumiです。

草間彌生展『永遠の永遠の永遠』に行ってきました。

私は,小さいころから思っていたことがあります。
それは,目をつぶると見える変な模様です。
まぶたを閉じると,光は閉ざされます。
理屈では何も見えないはずです。


でも,何か見えます。
真っ暗な中に赤だったり黄色だったり,青だったり。
無数の×印にも見えたり,無数の同心円だったり。
小さい模様が浮かんでは消え,次々に形を変え。


直線だったり曲線だったり。
無数の多角形だったり。

こっちはフライヤー だから樹木希林じゃないって  図録です

そもそも,それは本当に見えているんでしょうか。
眼に見えているんでしょうか。
あれは何なんでしょうか。


まぶたの裏の血管でしょうか。
それとも脳が勝手につくった映像でしょうか。


毎日違うような気もしますが,基本は小さなころ見たものと何も変わっていません。
眼球やまぶた,眼輪筋なんかに力を加えると,また模様は変化します。
指でまぶたを押さえると,万華鏡のように違った模様になります。


そもそも,それはみんなに見えているんでしょうか。
私だけじゃないんでしょうか。
何が見えているんでしょうか。


そんな幻覚みたいな絵が,この展覧会の主役です。
まずは,関連展示から見てみましょう。
朝日新聞大阪本社ビルの1Fフロアが水玉でいっぱいです。
ウインドウには3体のマネキン。これまた水玉。

朝日新聞本社,完全に水玉に制圧されました!!

柱まで水玉です  水玉強迫 というタイトルです

次は,会場から徒歩5分。
中之島リーガロイヤルホテルのロビーには『明日咲く花』

リーガロイヤル1Fロビーにあります  後ろからも美しいですよ



それでは,メイン会場の国立国際美術館です。
もう,会場の外に水玉のスカルプチャーがお出迎えです。

すごい形の美術館でしょ

いきなり水玉です  エントランスも水玉


クサマトリクスにもあった,凸レンズですね。
これで水玉増殖です。

水玉増殖中です  幟も水玉


では,エスカレーターで地下に降りてみましょう。
えっ,巨大な水玉のバルーンがいくつも宙に浮いています。
フロアにも水玉のスカルプチャーがいっぱい。
この建物は,完全に草間ワールドに浸食されているようです。

見下ろしても水玉  見上げても水玉

名前ついてたんですね 道標らしいです  音声ガイドでは,草間さん本人の声や朗読,歌が聞けます。ナレーションはABC朝日放送の加藤優子アナです


本展では写真OKのコーナーが3カ所あります。
さっそく,入ってすぐ。導入部は写真OKです。
部屋中が水玉です。
壁も床も水玉です。

会場はこんな感じです  結局全部水玉です

草間さんが死んでも,その足跡は永遠のものでしょう

彼女は統合失調症に苦しんでいた時,この水玉の幻覚を見たようです。
そして,この水玉の幻覚を塞ぐために水玉のデザインを描き続けているんだそうです。



でも,私は草間水玉も好きですが,やっぱりこっちが好きですね。
黒のマーカーで下書きもせずに一気に描きあげる連作。
『愛はとこしえ』

P1160301.jpg  P1160302.jpg



そして,無数の眼,無数の女の横顔,無数の大小の水玉,無数のギザギザ。
このカラフルな連作は『わが永遠の魂』。
彼女の巨大なエネルギーが爆発しているようです。
まさに,草間ビッグバンです。

P1160303.jpg  P1160309.jpg

P1160305.jpg  P1160304.jpg




そして,これらのドローイングのほかに,『幸福の彫刻たち』と名付けられた3点です。
まずは,『チューリップに愛をこめて,永遠に祈る』
ここが写真OKの2つめです。
まさに,『水玉の間』『チューリップの間』です。

壁が水玉で  チューリップも水玉だと

保護色みたいで何が何だか  こんなところに,直筆サインです

そして,内部に鏡を張った小部屋に無数の電球。
電球の光は合わせ鏡のように何度も反射し,
無限の奥行きを見せます。
これも1つの『永遠の永遠の永遠』です。
これは彫刻というよりインスタレーションですね。

これがすごいんです  タイトルは魂の灯 といいます

B2に上がるともっとも有名な草間作品の1つです。
やっぱりこれがなければ,みんなは納得しないですよね。
ここも写真OKですので,皆さん記念写真スポットにしてます。
栗コーダーカルテットのみなさんも,ここでハイチーズでしたね。

3ヶ所目の写真OKはここです 黄色いかぼちゃは大人気です

かぼちゃ,超アップです  栗コーダーさんの記念撮影を撮影しました


このほかにも,足早ですが草間さんの半生を記録した映像コーナーと,
過去の草間展の図録や書籍が閲覧できるコーナーが設けられています。

スツールまで水玉です

映像コーナーでは,1950年代から60年代のヒッピー文化や反戦運動,反体制運動に
加わる彼女の若きときの姿を見ることが出来ます。

会場にはノートがおいてます  草間さんへのメッセージを書くことができます

草間病患者急増です  水玉病患者急増です

会期は4月8日まであります。
お近くの方は是非。
お近くでない方も,これは是非。

遠くの方,この後,埼玉・松本・新潟で巡回展があります。
お楽しみに。


スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/10(金) 02:00:00|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<水玉オムライスと水玉デザート in REMONE(リモネ)  | ホーム | 江戸前寿司 なか田 (大阪市北区)>>

コメント

ありがとうm(_ _)m

興味が無かった?いや別の世界を観ることが出来て、少しの視野が広がってます。芸術は全く度素人ですが、良さはわかりましたよ。足りない分を少しずつ今補ってますよ。丁寧な説明で、初めて聞く言葉が多いですがf^_^;
  1. 2012/02/10(金) 23:44:48 |
  2. URL |
  3. タカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/475-0ddf7eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (267)
ライブ (203)
香川県高松市 (302)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (34)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (23)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (14)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (4)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (16)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (137)
鰻 (38)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (52)
未分類 (88)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック