FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 松代エリア編

A001 妻有全域のサイン/ジョゼ・デ・ギマラインス
瀬戸内同様,エリアのあちこちに点在しています

こんにちは,弾丸ライダーkazumiです。

新潟県十日町市と津南町で越後妻有アートトリエンナーレ2012が
催されているというので,行ってきました。

2時起床の3時出発。
上越IC着は8時35分。ここまで,北陸道を飛ばして487km。
国道253号線でさらに1時間で,松代会場の到着です。

この越後妻有アートトリエンナーレは,別名『大地の芸術祭』
妻有エリアの里山や田畑,河川敷。駅前や古民家,廃校などに,
点在している369ものアート作品を巡っていくのです。

1つ見ると,1つスタンプをポン!
1つ見つけると,またスタンプをポン!!
1つさがしあてると,またまたスタンプをポン!!!

あれっ?
これって,香川県の島々を回る瀬戸内国際芸術祭・セトゲーに似てると思った人。
違うんです。
逆です。
越後妻有の島版がセトゲーなんです。
越後妻有は3年に1回のトリエンナーレ。
もう今回で第5回目。
セトゲーのずい分先輩です。

でも似ているのは当たり前。
総合プロデューサーは福武総一郎,総合ディレクターは北川フラム。
せとげーと同じコンビです。

妻有全域は6つのエリアに分けられています。
まずは,上越ICから入るとここが玄関口。
松代エリアを紹介しましょう。

D053 まつだい雪国農耕文化センター『農舞台』
また,雪国に着陸した宇宙船です
ほくほく線まつだい駅の駅前。
4本足を折り畳んで休息中のロボットのような建物。
内部や周囲にもたくさんの作品を有しています。
松代エリアの本拠地です。
建物の下は,インフォメーションセンターになっています。

D061 花咲ける妻有/草間弥生
草間フィールド全開です

農舞台からも  駅からもよく見えます
農舞台同様,松代エリアの象徴。
仮面の忍者赤影魔風忍軍編に出てくる花粉道伯あやつるばびらんそっくりです。
ただ,紹介されてる写真で見る印象よりも小さく見えます。

D246 水神/高橋士郎
夜はしぼんでます
能舞台の足元で戯れる大きなへビのバルーンです。
観光客を迎えながら,豊作を祈ります。

D125 地震計/オノレ・ドゥオー
農舞台や水神の横にいるのはD169 とら/柴田美知千里とD230 数えられなかった星たち/稲葉友宏

P1010703_20120914131639.jpg  P1010702.jpg
昨年の長野北部地震では,どのような振舞いをしたでしょうね。

D001 棚田/イリア&エミリア・カバコフ
この文字はどこに吊るされているのでしょうか
記念する001番を冠した作品は,棚田ではたらく人を彫刻で表現。
これを農舞台の展望台から見ると,このような言葉が重なって見えるのです。


では,農舞台の建物の中の作品を見てみましょう。
D057 火の周り,砂漠の中/ファブリス・イベール
火の周り,砂漠の中とはこの火鉢のことだったんですね
小さな部屋に小さな穴からの光が差し込みます。

D058 関係-黒板の教室/河口龍夫
D218 引き出しアート/河口龍夫

ただ,椅子の座面には書いちゃダメだそうです  小さなアート団地です

教室全体が黒板でできています。
鑑賞者がチョークで落書きすることで作品が成熟していきます。
黒板の教室の机の引き出し1つ1つには,小さなアート空間が仕掛けられています。

D055 カフェ・ソフレ/ジャン=リュック・ヴィルムート
地元の食材を用いたランチも好評です
中のカフェも作品の1つです。

D056 くみ・めぐる・いとなむ/牛島達治
でも,ここが作品の1つだなんて,だれも思ってないでしょう  草間さんの直筆サインがこんなところに!!
ショップもアート空間の1つです。


農舞台から見える城山を登る道沿いにも,さまざまなアート作品が仕掛けられています。
暑いですががんばりましょう。

D002 砦61/クリスチャン・ラビ
黒焦げの集団です
黒焦げの丸太がヒトに見えます。
無表情が怖いです。

D006 かかしプロジェクト/大岩オスカール
セトゲーでは作品が火事で焼失しちゃった大岩さん 今回はダイジョーブでしょうか
田んぼでも何でもないところに案山子がいます。
案山子の存在意義を揺るがす作品です。

D003 ○△□の塔と赤とんぼ/田中信太郎
〇△□は支柱の断面です
城山の青空を背に飛んでいます。
松代里山アートの旗印です。

D008 希望という種子(シュジ)/依田久仁夫
写真の右隅,白い円盤型が作品です
山道に宮澤賢治の詩を刻んだ陶板が埋められています。
まさに里山アートです。

D009 今を楽しめ/シモン・ビール
こんなところに冷蔵庫 非節電型非省エネ非エコ作品です  冬まで出番を待ってます

こんなところにポツンです
炎天下の夏山で,冷蔵庫の中に入っているのは,何と雪ダルマ。

D068 唐檜/トビアス・レーベルガー
森の中で読む本は格別でしょうね
裏山の山中にポツンとある森の中の小さな小さな図書館。
山道の斜面を登りきると,突然現れます。

まだまだいろんなところに作品点在している松代エリア。
6つのエリアのうち,最もたくさんの作品を有しています。

『脱皮する家』『いけばなの家』など見たかった作品があったのですが,
2日間で370もの作品を見るのは無理です。



ちゃんと撮影用のエリアが整備されてます

この写真は妻有地区の中でも,最も美しい星峠の棚田です。
斜面を切り開き平面を確保する。
この作業がどんなに大変か。
先人の労苦に頭が下がります。

月明かりに照らされた太など風景です

夜に再び訪れました。
運よく月が出てました。
 
スポンサーサイト



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/09/14(金) 16:16:16|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 川西・中里・松之山エリア編 | ホーム | SWEET LOVE SHOWER 2012 in 山中湖交流プラザきらら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/655-0e37848b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (314)
ライブ (240)
香川県高松市 (389)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (20)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (40)
香川県宇多津町 (12)
香川県丸亀市 (28)
香川県飯山町 (7)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (24)
香川県善通寺市 (32)
香川県琴平町 (17)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (14)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (14)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (13)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (21)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (12)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (27)
香川県東かがわ市 (18)
香川県土庄町 (11)
香川県小豆島町 (15)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (6)
香川県男木島 (12)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (10)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (20)
香川の風景 (57)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (35)
大阪府豊中市 (70)
大阪府吹田市 (22)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
滋賀県 (4)
奈良県 (41)
和歌山県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (12)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (6)
高知県 (14)
福岡県 (10)
寿司 (172)
鰻 (66)
神社仏閣 (59)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (39)
Perfume (71)
未分類 (120)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック