kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

KRAFTWERK 『Retrospective 12345678』 @なんばHatch

将来,伝説の9日間と呼ばれるんでしょうか

こんにちは,kazumiです。

今回もライブです。
しかもレジェンドです。
Living legendです。

テクノポップの巨人,クラフトワークが来日したというので行ってきました。
クラフトワーク(KRAFTWERK=ドイツ語で発電所の意)はドイツの4人組。
自作の電子楽器を用いて,電子音による音楽を世界に広めたパイオニアの1つです。

1970年代からすでに活躍し,40年以上もテクノポップの第一線を牽引し,
さまざまなミュージシャンやアーティストに影響を与え続けてきました。
そのクラフトワークは近年これまでの8作のオリジナルアルバムをテーマとした
8夜連続のライブ『Retrospective 12345678』を行っています。

day1 アウトバーン/Autobahn
day2 放射能/Radio-Activity
day3 ヨーロッパ特急/Trans-Europe Express
day4 人間解体/The Man Machine
day5 コンピューター・ワールド/Computer World
day6 テクノ・ポップ/Techno-Pop
day7 The Mix
day8 ツール・ド・フランス/Tour De France

初演は2012年MoMA(ニューヨーク近代美術館)
今年に入って,ドイツ・デュッセルドルフのノルトライン・ヴェストファーレン美術館,
イギリス・ロンドンのテート・ギャラリーでもライブが行われ,
各公演のチケットは瞬時にソールド・アウト。
抜群の注目度の高さとライブパフォーマンスへの称賛,そして3D映像への驚愕と,
世界中の絶賛を浴びています。

そして4番目の都市に選ばれたのが日本の東京。
赤坂Blitzで行われた8日間では,各ライブとも前半にテーマとなったアルバム曲。
この中にはめったにライブではやらない曲もたくさん入ってます。
そして後半にはクラフトワークの代表曲をガンガン連投。

これが3-Dグラス

さて,ライブです。
降りたままの幕には今回の3-Dライブのマークが大写しになっています。
客電が落ち,SEが小さくなるとライブのスタート。
LEDに縁どられた4つの背の高いテーブルに,4人のメンバーがすでに位置しています。
4人のスーツに描かれている縦横のラインに照明が移りこんで,トロンのように見えます。

このライブは撮影OKなんですよ

背景にスクリーンには巨大な映像。
観客には偏光タイプの3-Dメガネが配られてすべてが立体に見えます。

THE ROBOT

テーブルの上のラップトップの前でほとんど動かない4人のメンバーは,
リズムに乗って体を動かすこともなく一切のグルーブ感は
オーディエンスに委ねられています。
ステージ上のセットやビジュアルは彼らのライブと
必要不可欠・絶対不分離の関係といえます。

聴覚と視覚
演奏と再生
人間と機械

まさにMan=Machineの関係が具現化されているこのステージでは,
ステージ上の実際の4人のメンバーとスクリーンの4人のメンバーとの関係性が
次第に曖昧になってきます。
ライブといいながら,実際には楽器を演奏することはほとんどなく,
音楽も映像もあらかじめプログラムされたものの再生であるとすれば,
KRAFTWERKのメンバーは,実は来日する必要すらもなく,
ステージ上のメンバーも音楽と聴衆を結ぶ機械の一部にすぎないと
考えることもできます。



現にラルフ=ヒュッター以外のメンバーは実は流動的で,
現在のKRAFTWERKは
ラルフ=ヒュッターのソロユニットといっていいかも知れません。

当時は単調な繰り返しの連続が冗長に感じたときもありした。
軽くて薄っぺらなリズムボックスのドラム音も退屈でした。
でも今では,重厚で内臓に直接響くような四つ打ちのバスドラに
前頭葉を振動させるような棘のあるベース音。

テクノポップといえば,
昔はヘッドフォンで微動だにせず,一音一音に耳を傾けるイメージだったのが,
今ではダンスフロアで,全身で音を取るクラブミュージックに進化しています。
それでも彼らのもつ本来の近未来さは失われず,
そのうちのいくつかは時代が追い越して今や近過去となり,
まさに,retrospectiveなライブだったのではないでしょうか。


M01 THE ROBOTS
M02 METROPOLIS
M03 NUMBER
M04 COMPUTER WORLD
M05 HOME CONMPUTER
M06 COMPUTER LOVE
M07 THE MAN MACHINE

SPACELAB

M08 SPACELAB
M09 THE MODEL
M10 NEON LIGHT
M11 AUTOBAHN

TOUR DE FRANCE

M12 TOUR DE FRANCE 1983+INTRO
M13 TOUR DE FRANCE 2003
M14 VITAMIN

RADIOACTIVITY

M15 RADIOACTIVITY
M16 TRANS-EUROPE EXPRESS
M17 AERODYNAMIK/TITANIUM
M18 BOING BOON TSCHAK

MUSIQUE NON STOP

M19 MUSIQUE NON STOP
-encore-
EN1 POCKET CALCULATOR
EN2 DENTAKU
EN3 PLANET OF VISIONS

大阪では1DAYなので,アルバムをテーマにしたライブではなく,
クラフトワークのベスト集のような,day7のThe Mixのような
セットリストでした。

戦利品のTシャツです

その日の日付が色違いになっている限定Tシャツもゲット

今回のライブは,メンバーの意向でライブ中の撮影が可になっていますので,
私もライブ中に何枚かとることができました。
 
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2013/05/28(火) 23:55:55|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹清 (香川県高松市) | ホーム | おか泉 コンビニうどん 肉冷やし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/864-ce24f0a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (267)
ライブ (204)
香川県高松市 (302)
香川県香川町 (3)
香川県香南町 (11)
香川県塩江町 (13)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (11)
香川県坂出市 (35)
香川県宇多津町 (11)
香川県丸亀市 (24)
香川県飯山町 (5)
香川県綾上町 (8)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (17)
香川県善通寺市 (26)
香川県琴平町 (14)
香川県満濃町 (17)
香川県琴南町 (10)
香川県仲南町 (2)
香川県多度津町 (12)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (2)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (11)
香川県豊中町 (2)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (15)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (2)
香川県豊浜町 (7)
香川県三木町 (6)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (17)
香川県東かがわ市 (17)
香川県土庄町 (9)
香川県小豆島町 (13)
香川県直島町 (13)
香川県女木島 (3)
香川県男木島 (8)
香川県沙弥島 (1)
香川県豊島 (8)
香川県本島 (5)
香川県高見島 (1)
香川県粟島 (2)
香川県伊吹島 (5)
船上うどん (15)
香川の風景 (45)
岡山県犬島 (3)
大阪府大阪市 (14)
大阪府豊中市 (34)
大阪府吹田市 (14)
大阪府池田市 (2)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (4)
大阪府守口市 (1)
京都府 (10)
兵庫県 (9)
奈良県 (31)
滋賀県 (2)
宮城県 (3)
東京都 (43)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (3)
福井県 (5)
愛知県 (4)
岡山県 (1)
広島県 (4)
山口県 (2)
徳島県 (16)
愛媛県 (6)
高知県 (11)
福岡県 (8)
寿司 (137)
鰻 (38)
神社仏閣 (45)
スポーツ (6)
イベント (46)
観劇 (4)
建築 (36)
Perfume (52)
未分類 (89)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック