FC2ブログ

kazumiの  行ってきました

讃岐うどんとライブとアートの記録です。

瀬戸内国際芸術祭 高松会場

さて,ここはどこでしょう?

こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。

今回も瀬戸芸です。
うどんはお休みです。
うどんファンの方,申し訳ないですね。

今回は高松会場の作品を3つ見て回ってきました。
まず1つ目は屋島山上です。
屋島ドライブウエイを登っていくと屋島山頂に着きます。
観光客のほとんどは屋島寺の方向に進むのですが,作品は反対側。

屋島ケーブルの山上駅は廃墟マニアにとっては一級品らしく,
まさに時が止まったどころか,その他のいろんなものが止まったかの光景です。
この山上駅に作品が仕掛けられたんです。

146 美しく捨てられて/レアンドロ・エルリッヒ
アーチ形の向こうは穴が開いたように透けているように見えます

女木島でも人がいないのに足音と足跡が現れ,
人がいるのに正面の鏡には何も映らないという不思議な空間を展示していますが,
屋島山上では影を固定することで『止まった時間』を演出しています。

2つの建物の影の向きが違うのが分かりますか?

影のように見えますがアスファルトでできた偽物だったんです

入口のアーチ部分の前には鏡が仕掛けることによって,
その部分だけ穴が開いたように背後の景色が透けて見えているような錯覚に陥ります。
これが最初の姿偽物の影を舗装してアーチ形の鏡を取り付けて出来上がり


屋島ケーブルが健在だったころは,屋島の玄関口はドライブウエイだけではなかったわけで,
お遍路さんをはじめとするたくさんの方が屋島ケーブルを利用していたはずです。
山上駅付近もたくさんの観光客で賑わった。
そんな時間があったはずです。

廃墟となったホテル  廃墟となった売店 車が停まってます

山上駅付近には喫茶店や土産物の建物が残っており,
当時経営されていたと思われる方が,今も山上にお住まいです
山上付近にはいくつもの放棄されて廃墟になったホテル・旅館を見ることができます。

元喫茶店

喫茶店は廃業されていますが,いまだに人が住んでいるんです

時が止まったかのような光景と書きましたが,実は何も時間は止まっておらず,
残酷に感じるほど時間は間違いなく進み続けていることを思い知らされます。

148 アラーキー列車/荒木経惟
ゴジラに見えますが,なんかパチもの臭いです

屋島を降りるとちょうど夕方。
観音寺16:19発,高松17:32着のアラーキー列車が
JR高松駅9番線に入線する時間です。

端から端までアラーキーです

荒木経惟の新作作品でラッピングされた列車ですが,私のような一部の観光客以外の方は,
特に何もなくごくごく普通に日常の交通機関の1つとして乗降されています。
アンパンマン列車も同様で,日常と非日常とが交錯しているのが面白いですね。

端から端までアンパンマンです

左はカレーパンマン号  右はロールパンナ号 いったい何種類あんねん


パスポートに押す148番のスタンプは高松駅のコンコース内にもあるのですが,
アラーキー列車内にもあります。

できれば中のスタンプを使いたいですね

145 I’m here.ここにいるよ。/谷山恭子
雲のオブジェ

アラーキー列車は折り返して17:55発琴平行となって高松駅を去っていきます。
18:00からは高松市民プールで作品の公開が始まります。
市民プールは9:00から営業しており別料金で,またはパスポートで無料で入場できるのですが,一般の利用客のみなさんがいらっしゃるのに,バチバチ写真を撮ることはできません。
というので,プール利用客が帰った後,18:00~20:00までの間が瀬戸芸鑑賞者のために解放されているんです。
しかもライトアップ付きです。

大島の稜線

女木島の稜線

幼児用にプールには大島の稜線をイメージ。
女木島の稜線をイメージしたブリッジでプールの中の島に渡ることができます。
島には雲のオブジェ。

Lat/Long

全部で3か所くらいあります たぶん

大島が見えて女木島が見えて,そして自分の今の位置はどこかというと,
緯度経度がはっきりとわかって,地球規模での存在がわかる。
私から島が見えます。
私はここにいます。
これが作者のメッセージかも知れません。

白いところから水面です

また,このプールにあるすべてのものが約150cmの高さで塗り分けられています。
この高さが水平線になり,海藻やイカタコ,さまざまな海中生物が生息しています。

ほかにも海藻,イカタコ,いろんな海中生物がペイントされています

夕日が沈む時間から真っ暗になるまで,人気のないプールにいるなんて,
なかなかできない体験ですね。
この市民プールの作品は夏季期間限定ですので9月1日までの公開となります。
恒久設置作品ですから9月2日以降も鑑賞できますが,夜間鑑賞はできません。
 
スポンサーサイト



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/08/30(金) 05:55:00|
  2. アート/美術展/博物展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鮨処 やまと | ホーム | 瀬戸内国際芸術祭 宇野会場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazumiudon.blog102.fc2.com/tb.php/939-f2227c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著者近影

kazumi

Author:kazumi
 
基本うどんブログです。

ライブもアートも大好きです。

バイクに乗って

あっちこっちに

行ってきましたを

お話します。
  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の行ってきました

カテゴリ

アート/美術展/博物展 (314)
ライブ (240)
香川県高松市 (389)
香川県香川町 (4)
香川県香南町 (13)
香川県塩江町 (20)
香川県庵治町 (2)
香川県国分寺町 (12)
香川県坂出市 (40)
香川県宇多津町 (12)
香川県丸亀市 (28)
香川県飯山町 (7)
香川県綾上町 (10)
香川県綾歌町 (2)
香川県綾南町 (24)
香川県善通寺市 (32)
香川県琴平町 (17)
香川県満濃町 (19)
香川県琴南町 (14)
香川県仲南町 (3)
香川県多度津町 (14)
香川県三野町 (3)
香川県仁尾町 (3)
香川県詫間町 (5)
香川県高瀬町 (13)
香川県豊中町 (3)
香川県山本町 (3)
香川県観音寺市 (21)
香川県財田町 (1)
香川県大野原町 (3)
香川県豊浜町 (12)
香川県三木町 (8)
香川県牟礼町 (5)
香川県さぬき市 (27)
香川県東かがわ市 (18)
香川県土庄町 (11)
香川県小豆島町 (15)
香川県直島町 (14)
香川県女木島 (6)
香川県男木島 (12)
香川県沙弥島 (2)
香川県豊島 (10)
香川県本島 (10)
香川県高見島 (3)
香川県粟島 (4)
香川県伊吹島 (6)
船上うどん (20)
香川の風景 (57)
岡山県犬島 (5)
大阪府大阪市 (33)
大阪府豊中市 (70)
大阪府吹田市 (22)
大阪府池田市 (4)
大阪府茨木市 (1)
大阪府高槻市 (1)
大阪府箕面市 (8)
大阪府守口市 (2)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
滋賀県 (4)
奈良県 (40)
和歌山県 (2)
宮城県 (2)
東京都 (63)
神奈川県 (1)
静岡県 (2)
石川県 (5)
福井県 (6)
愛知県 (6)
岡山県 (3)
広島県 (12)
島根県 (3)
山口県 (2)
徳島県 (20)
愛媛県 (6)
高知県 (14)
福岡県 (10)
寿司 (172)
鰻 (66)
神社仏閣 (59)
スポーツ (7)
イベント (47)
観劇 (4)
建築 (39)
Perfume (71)
未分類 (120)

コメント,ありがとうございます

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック